一時は存続危機だったラーメン「幸楽苑」が復活している理由

ラーメン「幸楽苑」が業績回復 「他人のふんどし」を借りて相撲を取る商法

記事まとめ

  • ラーメンチェーン店の幸楽苑は一時存続が危ぶまれるほど業績が低迷したが回復傾向に
  • 不採算店の大量閉鎖などリストラや、他業態への大胆な転換が、業績浮上のテコとなった
  • いきなり!ステーキのペッパーフードサービスが元気な時期にフランチャイズ契約を締結

一時は存続危機だったラーメン「幸楽苑」が復活している理由

一時は存続危機だったラーメン「幸楽苑」が復活している理由

業績回復基調のラーメンチェーン「幸楽苑」

 餃子や中華そばなど、昔の味を再現するキャンペーン「創業祭(65周年)」を行い、賑わいを見せているラーメンチェーン店の「幸楽苑」。いまでは全国500店舗を超える大型チェーンに成長したが、不祥事などもあり、一時は存続が危ぶまれるほどの業績低迷に見舞われた。その幸楽苑が復活できたのはなぜか──。経済ジャーナリストの有森隆氏がレポートする。

 * * *
 全国にラーメンチェーン「幸楽苑」を展開する幸楽苑ホールディングスの業績が回復傾向にある。

 2019年4〜8月の国内の直営既存店の売上高は前年同期に比べて3.2%増、客数は3.1%増、客単価は0.1%増だった。業績が回復したといっても、ようやく水面上に顔を出したところだが、1年前の2018年4〜9月は、それぞれ3.6%減、2.4%減、1.3%減と軒並み前年割れでマイナスに沈んでいた数字を見れば、立て直しているといっていいだろう。

 この夏も、流行する「台湾野菜まぜめん」を販売したり、期間限定で20年前の味を再現した「餃子クラシック」や「中華そばクラシック」を提供する創業キャンペーンを行ったりするなど、なにかと話題を振りまいている。

 そもそも幸楽苑は1954年、新井田司氏が福島県会津若松市に「味よし食堂」を開店したのが始まり。その後、息子の新井田傳(つたえ)氏が、東京で修業をした後、帰郷。1966年、味よし食堂の調理場に立った。修業先の「幸楽飯店」から2文字もらい店名を「幸楽苑」として1970年、株式会社に改組。そして、1978年、父の後を継いで社長になった。

 傳氏が社長になって以降の成長は目覚ましかった。1997年、ジャスダックに店頭登録。2002年に東証2部、翌2003年には東証1部とトントン拍子で昇格。2015年7月、持ち株会社体制に移行、幸楽苑ホールディングスを設立した。

 傳氏は「国内最大1000店のラーメンチェーン網」を築くべく、北は北海道から西は中国地方まで、主に郊外やショッピングセンターのフードコートなどを中心に店舗を急速に拡大してきた。そのほとんどが直営方式でFC店はわずかだ。

 だが、「禍福はあざなえる縄の如し」で、2016年10月に異物混入事件が発覚。ラーメンどんぶりが二つに割れるようなスキャンダルが起きた。静岡市内の店のパート従業員の女性がチャーシューの仕込み作業をしている最中に左手親指の一部を誤って切断。それがチャーシューの保管容器に3日間に入ったままになっていたのだ。

 保健所への報告が遅れたことも重なり、問題の特異性から報道が過熱した。消費者の反応も厳しく、売り上げと客数は1割以上落ち込み、業績は低迷。2018年3月期は最終損益が32億円の赤字に転落し、監査法人から「事業継続のリスク」を指摘された。企業の継続に黄信号がともったのだ。

 そんな緊急事態に傳氏が真っ先に取った策が、赤字店舗の閉鎖だ。国内直営店は2017年8月に548店に達していたが、店舗の閉鎖を進め、今年8月末時点で506店まで減らした。

 だが、業績浮上のテコとなったのは、不採算店の大量閉鎖などリストラだけではない。他業態への大胆な転換である。

「いきなり!ステーキ」のペッパーフードサービス(東証1部)が元気いっぱいの時期にフランチャイズ(FC)契約を結び、2017年12月21日に福島市でステーキ店を開業。2018年3月までに福島、宮城両県の4店を含め6店にウイングを広げ、2019年3月期には10店が新たに加わり、トータルで16店になった。

 その後、「いきなり!ステーキ」は失速気味だが、機を見るに敏だったことは確かである。1号店(福島太平寺店)は幸楽苑が運営する“裏業態”のとんかつ店「とんかつ厨房伝八」を改装した。とんかつよりステーキのほうが客単価が高いから、客が来れば利益率は確実にアップする。

 傳社長は同日の開店セレモニーで、業績低迷にふれながら「事業の立て直しに一番早いのは、いま日本で一番元気がいいところと組むことだ」と語り、「(ステーキ店に)ヒントをもらいながら、ラーメンで必ず良い結果を出したい」と強調した。

 不採算店の業態転換も奏功し、2019年3月期は黒字転換の見通しとなり、実際に10億円の最終黒字を達成した。そして、最悪期を脱したと肌で感じた傳氏は2018年11月1日付で会長になり、長男の昇副社長にバトンを渡した。

 昇氏は三菱商事を経て幸楽苑(現幸楽苑ホールディングス)に入社。その後、楽天に出向するなど社内外で経験を積み、早くから後継候補と目されていた人物だ。

 昇氏は新規顧客の開拓を担当。テレビCMやSNSを利用して集客を進め、コンビニとの提携商品などでも新機軸を打ち出してきた。ローソンで「冷やし味噌野菜たんめん」を売り出し、さっぱり&コクの味噌スープで定着を図ったのも昇氏だ。

 2018年12月31日の全国紙の朝刊にデカデカと「2億円事件」と銘打った全面広告を打ったのも、昇氏の発案だという。

〈31日15時から1月1日(元旦)いっぱい、フードコートの一部を除く「全店」を休業する〉という内容だ。〈1月1日の売り上げは「およそ2億円」だが、「働き方改革を、お正月にも」との思いから、創業64年で初めて休業を決めた〉。「2億円」の売り上げをパーにしても、従業員を休ませることにしたというわけだ。年中無休のラーメンチェーン店が大きく変わります、というイメージ広告にもなっている。

 ネット上では「元旦に休業するだけで大騒ぎ、恥ずかしくないの?」といったネガティブな反応もあったが、幸楽苑は公式サイトに「今夜はおそば屋さん(日本そば店)で年越しソバを食べて下さい」とする広告を載せるなど、気配りをみせた。

 その昇氏はいま、猛烈な勢いで他業態とタッグを組んでいる。まず、2018年12月、「焼肉ライク」を展開するダイニングイノベーションと提携。郊外店10店舗を焼肉ライクに転換した。

 焼肉ライクは「牛角」を創業した西山知義氏が同年8月に始めた焼肉チェーン店で、ひとりでも気軽に食べられるスタイルが人気だ。一人焼肉は現在ブームで“焼肉女子”のご用達の店はどこも盛況である。幸楽苑もその波に乗るつもりなのだろう。

 また、2019年1月、楽天と共通ポイント「楽天ポイント」の利用で提携した。全国にある幸楽苑の店舗で楽天ポイントを貯めたり使ったりすることができる。両社はAI(人工知能)を使った新たなサービスを店舗に導入する考えだ。これで人手不足を乗り切れるような店が誕生すればビッグヒットとなろう。

 8月には、ユーグレナと共同で藻の一種「ミドリムシ」を練り込んだ緑色のつけ麺「ユーグレナつけめん」の販売を開始した。共同プロジェクトの第1弾である。「ユーグレナつけめん」はテレビで話題になるなど、健康志向のトレンドをつかまえつつある。

 ラーメン大好き人間にとって、「健康より豚コツラーメンを、まず一杯」という人も多いが、ユーグレナはミドリムシを活用した機能性食品や化粧品を販売。バイオジェット燃料の商業化に挑む“好感度企業”である。

 さらに9月に入って、とんかつ店「かつや」など揚げ物料理店を手掛けるアークランドサービスホールディングスと業務提携。アークランドの唐揚げ店「からやま」のFC契約を結んだ。FC 1号店は愛知県岡崎市の「からやま岡崎伊賀店」で、9月3日に新規開店した。同店の周辺には幸楽苑のラーメン店が複数あり、競合を解消するのが狙いである。

 こうして業績を回復しつつある幸楽苑の目下のライバルは、「熱烈中華食堂 日高屋」のハイディ日高である。日高屋は駅に近いところに立地している店が多く、売上高営業利益率も11%台(2019年2月期)を誇る。中華そばは390円だが、昼の時間帯にシニア層の「ちょい飲み」需要があり、酒類の販売が伸び、客単価が上がったという。

 対する幸楽苑は、2019年3月期に営業黒字に転換したとはいえ、売上高営業利益率は3.9%と、日高屋の3分の1しかない。主力の中華そばは1杯440円、新メニューとして4月にギョーザ、ライス、スープを500円でセットしたギョーザ定食も始めたが、今のところ400〜500円の客単価を、コツコツと積み上げて業績を伸ばしていくしかない、

 ラーメンの一本足打法を脱却し、他業態への転換中といっても先は長い。いわば「他人のふんどし」を借りて相撲を取る商法で業績の回復を果たしてきたが、所詮は他人のふんどし。本業のラーメン店で利益を上げられるヒット商品が欲しいところだ。

関連記事(外部サイト)