外国人技能実習生 来日後に絶望する人が少なくないのが現実

外国人技能実習生 来日後に絶望する人が少なくないのが現実

茨城県八千代町は白菜の大産地として知られる(時事通信フォト)

 事実上の移民が解禁されたいま、来日外国人は今後も増える見込みだ。外国人による犯罪の増加を不安視する人もいるが、統計をみると、検挙人数そのものはこの数年、減少傾向にある。ただし、彼らの中から粗暴犯で検挙される人数は増えている。その原因のひとつと言われる外国人技能実習生は、技能実習とは名ばかりで、何も習得できず、低賃金労働だけを求められる現実に絶望している。ライターの森鷹久氏が、激増する来日ベトナム人を代表とする技能実習生をめぐる矛盾と過酷な現実についてレポートする。

 * * *
「彼はいい人でした。仕送りもきちんとしてた。でも不満はあったと思います。もっといい仕事ができると思ってた。私もそう思う。ファーマーのお手伝いをしに来た訳ではない」

 茨城県八千代町で高齢夫婦が死傷し、ベトナム人実習生が逮捕された事件から間も無く一ヶ月を迎える。未だ、動機についてはっきりとはしないものの、逮捕された男と同じ八千代町内在住のベトナム人研修生・Mさんが、苦しい胸の内を訴える。

「まずは被害者の方に申し訳ないです。同じベトナム人の研修生がやったこと。彼ら(被害者)に罪はない。でも、彼(容疑者)の気持ちもわかります。私たちはベトナムの田舎の出身。ホーチミン、ハノイなどの都会に出て、学校で日本語を勉強しました。その後、日本で研修生として働く。お金もたくさんかかるから、一家で借金をして、日本で技術を学んで帰るつもりだった。日本人はみんな優しかった。でも、これ(農業の手伝い)をするとは思ってなかった」(Mさん)

 Mさんは、ベトナムでは高等学校にあたる教育課程を経て、その後の数ヶ月間「送り出し機関」と呼ばれる現地施設に入所した。日本で研修生として働くために入る機関で、ここで寮に入り日本語や、日本で生活していく為の知識を学んだという。単なる留学と違い、日本で働きながら様々な技術を学び、さらに金も稼ぐ。だからこそ、Mさんに向けられた家族の期待は大きかったに違いない。地方の農村で暮らすMさん一家は、Mさんのために日本円で200万円もの借金を背負ったのだから、ベトナムの経済事情を鑑みれば、それは一大決心だったはずだ。

「学校(送り出し機関)は綺麗で、食事も美味しい。かっこいい制服もあって、日本に行ってエリートになって帰ってくるんだと頑張りました。私は日本に行きたくて一生懸命に勉強しました。本当は車の整備士になりたかったけど、私はなれなかった。農業しかダメと言われた」(Mさん)

 外国人実習生と一口で言っても、様々な業種に振り分けられる。農業や介護、漁業に建設、食品製造など多岐にわたる分野が設定されているが、実習生に一番不人気なのが「農業」だ。同じくベトナム出身だが、国費留学生として日本の国立大学に通うベトナム人女性・Aさんがいう。

「今、ベトナムで問題になっているのが、日本に行って実習生になれると言って若者を集めている、よくない送り出し機関の存在です。若い人たちはお金を払って日本語を勉強すれば、日本の高い技術を学んで帰国し、儲かる仕事ができると思っています。」(Aさん)

 こうして希望を持って、借金まで背負って“学校”へいく。しかし、そこで待っているのはMさんが体験したような厳しい現実だ。

「学校(送り出し機関)も色々あります。しっかりしたところは、技能のあるベトナム人に日本語を教え、ちゃんとした日本(の受け入れ機関)に紹介する。そこから、一流の技能を学ばせてくれる会社に行ける。でも今はそうじゃなくなっています。お金欲しさに、農業や漁業など不人気な研修ばかりさせる学校が多い。そういう学校に入ると、賄賂を渡せば好きな仕事に就けるが、払わなければ頑張っても意味がないのです」(Aさん) Mさんも、日本語や日本の慣習をよく学んでものの、結局希望は受け入れられず、日本で農業実習生として従事することになった。彼らは、日本人の最低時給ほどで働くことを余儀なくされ、残業代の出ない残業を強いられることも珍しくはない。借金して高い金を支払い、やっとくることができた日本である。家族のためにも逃げられず、泣きながらでも仕事をするしかない。そんな中でも、Mさんには新たな希望が持てた。それは、日本の農家で働きながら、日本語や日本の慣習をさらに学んで、帰国した後に現地の日系企業で働く、という夢だ。

「ここ(茨城)にいても、毎日ベトナムの友達と過ごすしかない、休みの日もそう。みんなで家に集まって、お酒を買ってきてパーティーをするくらい。これだと日本に来た意味がない、日本語も勉強できない。だから、日本人の友達作って遊んだり、日本語を教えてもらっている。でも、私のようにポジティブになれない人もいる。せっかく高いお金払ったのにって怒って、携帯電話の嘘の契約をしてお金儲けしたり、泥棒したり。女の子はバー(キャバクラなど)で秘密で働きます。逃げる人もいる。みんなネットやってるから、怪しい学校(送り出し機関)の情報は知ってますけど、それでも騙される人がいる」(Mさん)

 かねてより、外国人実習生による「奴隷労働」を問題視する指摘がなされてきた。その中で日本政府は、特定とか高度だとか様々な用語を駆使し、低賃金で働く途上国の外国人労働者をなんとか受け入れようと、今も躍起になっている。そのゆがんだ労働実態に巻き込まれた当事者たちが、道を踏み外しやすくなるのは当然では無いのか。

 全国津々浦々、都会のコンビニから僻地農家の庭先にまで、外国人実習生の姿が見られる。彼らは本当に日本で「高度な技術」を学び、帰国して母国の発展に寄与するような仕事につけているのか。その答えこそが、今日本国内で目に見えて増えているように感じられる、これらの“事件”ではないのかと強く思う。それとともに、彼ら外国人と我々日本人の間に壁が作られつつある現実にも不安を覚えるのである。

関連記事(外部サイト)