『DTテレビ』生みの親は藤田晋サイバーエージェント社長だった

『DTテレビ』生みの親は藤田晋サイバーエージェント社長だった

記事画像

 ユニークな番組が並ぶAbemaTV、そのなかでも異彩を放っているのが『DTテレビ』(※DTとは童貞の略)だ。番組のコンセプトは「童貞の、童貞による、童貞のための番組」、裏テーマは道半ばの者だけが体感できる「青春」だ。司会はチュートリアルの徳井義実、アシスタントは元アイドリング!!!・朝日奈央が務める。そんなバラエティ界の猛者二人のお膝元で自身の道程を語るのがひな壇に座る童貞達。2017年10月の配信開始以降、童貞の会員制クラブは沸き立ち、止むことのない不毛な議論は月日を経るごとにヒートアップしている。少しビターな童貞青春バラエティ番組『DTテレビ』はいかに誕生したのか。株式会社AbemaTV 番組プロデューサー・濱崎賢一氏に、実家が振り込め詐欺に遭ったとき『DTテレビ』を視聴し、気持ちを立て直したイラストレーターでコラムニストのヨシムラヒロム氏が聞いた。

 * * *
──2017 年 10 月にスタートした『DTテレビ』ですが、番組はどのように誕生したのですか?

濱崎:2017年1月に始まったブスの女性達が語り合う『おぎやはぎの「ブス」テレビ』の反響が大きかったことがキッカケでした。配信をはじめてから3ヶ月ほど経った頃、企画会議で社長の藤田晋から「『ブステレビ』の男性版を作ったら良いんじゃない。『DTテレビ』とか」と提案されたんです。

──『DTテレビ』の生みの親は藤田社長なんですか!驚きました。

濱崎:そうなんですよ。ただ最初『DTテレビ』のアイデアを聞いたときは、ちょっと難しいかなぁと思いましたね。藤田が『DTテレビ』を忘れてくれることを願って、自分の中で1回、企画を保留にしてたんですよ。しかし、次の会議で藤田から「『DTテレビ』の企画どうなってる?」と聞かれ「ヤバい、覚えてる」と急いで企画書を書きました(笑)。

 藤田は『DTテレビ』に関していえば、かなりテンションが高かったですね。

──藤田さんって童貞への思い入れが強い方なんですね、意外でした。話は少し戻りますが、濱崎さんは『DTテレビ』の企画を聞いた際、テレビマンとして具体的にどこが難しいと思ったのですか?

濱崎:童貞がテーマの番組を作ることに興味はありましたが、何回も放送できるほどネタがないように思えました。例えば『ブステレビ』の場合は、ブスが実は男にモテていたり、すごく悲しい振られかたをしたり、と女子トークができるわけですよ。また、「ブス」というテーマは意外と広い部分をカバーできるんです。「ブス」という形容は他人に抱きやすい感情だけど、自分でも「うわぁ、今の自分ってブスだなぁ……」と自己嫌悪することってありますよね。どんな美女にもブスな瞬間は訪れます。ブスとはある意味、永遠に話ができるテーマなんです。

 ただ、童貞となると違います。結局は“できなかった”話にまとまってしまいますからね。トークの手札がブスと比べた際、圧倒的に少ないように思えました。──僕は『DTテレビ』をキッカケに司会の徳井さん、朝日さんのファンになりました。2人はどのように選ばれたのですか?

濱崎:『DTテレビ』の司会者は、童貞の先生みたいなポジションとなります。当たり前ですが、モテない人には出来ない役割です。かといって、ただのチャラ男や女好きは嫌でした。すごくモテるけど、心に童貞を飼っていて、なおかつ男からも憧れられるセクシーさを持つ人が良かったんですね。結果「チュートリアルの徳井さんにお任せしたい」となりました。徳井さんって、明るい変態キャラなんですけど少し影があるんですよね。

『DTテレビ』は必然と男所帯となります、出演者が男ばかりだと油断するじゃないですか。女子の学級委員長的なキャラが欲しいと思ったんです。そこで浮かんだのが朝日さんでした。足を露出したショートパンツを履きこなす美人さんなんですが、良い意味でエロさがない。アイドリング!!!の元メンバーだけあって、ガンガンツッコミもできるし適任者でしたね。朝日さんは現在25歳なんですが、以前やった特番で一緒に仕事をしてみて「こんな仕事できる若い人がいるんだ……」と感心したこともあってお願いしました。

──番組がスタートする頃には、ネタ不足は解消されていたのでしょうか?

濱崎:いいえ(笑)。みうらじゅんさんと伊集院光さんの共著『D.T』(2002年初版)も読みました。“DT”の語源となった名著から、“童貞=青春”という「番組の骨」に行きつきました。そして、DTとして笑っていられるのはエネルギーがみなぎっている20代が限界だと気づかされましたね。しかし、ネタ不足の不安は拭えなかった。

 実は徳井さんに出演オファーしたとき徳井さんからも「企画は面白いけど、10回くらいが限界かもね」と言われました。

──最も気になる点なのですが、ひな壇に座る童貞のみなさんはどのように集めていったのですか?

濱崎:タレント事務所、エキストラ事務所、そしてサイバーエージェントの社員にも声をかけていきました。童貞を集めていく過程は文化祭で模擬店を一緒にやる仲間が増えていく感覚に似ていて楽しかったですよ。

 現在も番組では童貞を募集しているのですが、かなりの人数がオーディションに来るんですよ。参加者の中には、経験済みなのに童貞を詐称する不届き者もいますが、我々もだんだんと本物と偽物を見抜けるようになってきました、不思議と(笑)。

──実際に『DTテレビ』がスタートした際、濱崎さんはどのような感想を抱きましたか?

濱崎:正直、童貞の話はつまらないと感じていました。素朴な人柄の子が多いので、基本的に話し下手なんですよ。例えば、朝日さんだったら30秒で話せることを童貞は3分かけて語る。しかも、要点があまりまとまってない。話が長いので必然と収録時間も長くなります。『ブステレビ』の場合、50分の放送時間を60分ほどで撮影していますが、『DTテレビ』の場合は50分の放送時間を90分かけて撮っています。

──プロの芸人がひしめき合う民放のバラエティ番組とは違いますよね。海の物とも山の物ともつかない『DTテレビ』の騒めき、僕は好きですけどね。

濱崎:すでに民放のバラエティ番組などに出演されている芸人さんたちは、勝ち抜いた人達です。ツッコミとボケで番組を組み立てられます。スポーツに例えると、プロの試合ができる人達なんです。アベレージが高く、ミスすることがない。

 一方の『DTテレビ』は、草野球なんですね。三振も多いけど、時々プロでもできないプレーが飛び出すこともある。そんなスーパープレーが出ることを期待しているんですよ。──濱崎さんが「ナイスプレー!」と心の中でガッツポーズをした放送回を教えてください。

濱崎:先日、7月12日に配信した『恋の決着をつけるDT』は会心の出来でした。番組内で童貞の若手芸人と準レギュラーのアイドルの間に恋が生まれたんです。プライベートでも会っていた2人でしたが、1年間付かず離れずの曖昧な関係だった。『DTテレビ』では二人の関係に決着をつけるためのデートに密着しました。

 そして、鎌倉デートの最終目的地・海辺で芸人はアイドルに告白したんです。だけど「好きだった気持ちに整理がついちゃったんだよね……」と振られてしまう……。VTRを観ていて、こういったことって確かにあるな、と。童貞って、ある意味、チャンスを死ぬほど逃してきた人達なんですよ。

──その回は僕も心に刺さるものがありました。普段、おちゃらけてる『DTテレビ』だからこそ沁みましたね。

濱崎:チャンスを逃す、ということでは『DTテレビ』の初回も思い出されます。童貞が「女子のOKサインがわかりません」と言ったんですよ。徳井さんは「自分から女性にアタックして、成功と失敗を繰り返した末にサインに気づくんだよ。ただ人によってサインは違う。だから、失敗してもいいから冷めないうちに気持ちを伝えるしかないんだよね」とアドバイスしていましたね。

──惜しくもカップル成立とはいかなかった2人ですが、タイミングさえ合えば付き合えたのでしょうか?

濱崎:アイドルが言った「気持ちが整理されてしまった」は本音でしょう。おそらく、恋が生まれた直後にちゃんと告白していたら、付き合えたと思いますよ。本当の恋愛を映したからこそ『恋の決着をつけるDT』は芯食った回、童貞の本質に迫る放送となりました。

──『DTテレビ』に出演するメンバーは、本来はDT卒業を目指しているはずです。しかし、ひな壇に座る若手芸人にとって『DTテレビ』は数少ないレギュラーじゃないですか。童貞を卒業すれば、自動的に番組も卒業となります。そこに視聴者としてはジレンマを感じますね。仮に僕が芸人だったら絶対に卒業しないですもん(笑)。

濱崎:過去『DTテレビ』を卒業していった人もいますが、芸人は1人しかいないですからね。対策として、DTテレビでは30歳定年制を採用しています。あくまで『DTテレビ』は童貞を卒業したい人が出演する番組。童貞がデートについて「あーだ、こーだ」と話すから面白いんです。プロの童貞はいらないんですよ。

──僕も童貞時代は深夜のファミレスでそういった“不毛な議論”をしていました。濱崎さんがプロデュースする番組には部室で話す不毛なトークに似た魅力があります。

濱崎:部室トークって変わり映えしない日常がネタじゃないですか。現状維持している“その時”が楽しいんです。そして、停滞した状態が変わっていく瞬間にもグッとくる。

 僕の曽祖父も、祖父も、父親も教師でした。ゆえに、幼い頃は自分も将来は教師になるものだと漠然と考えていました。だからなのか、つい先生的な目線で出演者を見てしまう。まだ何者でもない人を応援したい気持ちが強いんです。番組を通して出演者が「なりたい自分」へと成長していくのが制作者として一番の喜びなんですよね。

 * * *
 インタビューを終えて、最初に持った感想は「濱崎さんって優しい……」だった。番組と出演者に対して暖かな視線を持ち、自分の制作物への愛情が深い。そして、なによりも出演者の成長に喜びを見出す人であった。

 また『ブステレビ』『DTテレビ』共に、濱崎さんの思考が想像以上に反映されていたことにも驚く。たとえば「濱崎さんの心の中の童貞が拒否した」なんてことを理由に番組企画が少し変わったこともあるという。そんなエピソードを聞き、濱崎さん自身の人生観が番組内で密かに綴られていたことを知る。今後も優しく私的な番組を僕は愛でていこうと思った。

●はまさき けんいち/株式会社AbemaTVプロデューサー。2003年、テレビ朝日入社。『いきなり!黄金伝説。』『そうだったのか!池上彰の学べるニュース』など様々な人気バラエティ番組を担当。2016年よりAbemaTVの制作部門へ異動、『恋する週末ホームステイ』『Popteenカバーガール戦争』『さよならプロポーズ』『おぎやはぎの「ブス」テレビ』、『指原莉乃&ブラマヨの恋するサイテー男総選挙』『DTテレビ』など数々のオリジナル番組を企画し、プロデューサーを務める。

●ヨシムラヒロム/1986年生まれ、東京出身。武蔵野美術大学基礎デザイン学科卒業。イラストレーター、コラムニスト、中野区観光大使。五反田のコワーキングスペースpaoで週一回開かれるイベント「微学校」の校長としても活動中。テレビっ子として育ち、ネットテレビっ子に成長に成長した。著書に『美大生図鑑』(飛鳥新社)。

関連記事(外部サイト)