ベビーカーおろすんジャー他「リアルライフヒーロー」の奮闘

ベビーカーおろすんジャー他「リアルライフヒーロー」の奮闘

ベビーカーや荷物を運ぶため、東京メトロ・丸ノ内線方南町北口付近に週2〜3回現れる緑のヒーロー。山口県出身の33才

 午前10時。東京メトロ丸ノ内線方南町駅(東京都杉並区)の改札を出て、北口の階段を上がると、「こんにちは」「行ってらっしゃい」と言う明るい声が聞こえてきた。その声の先には緑色のヒーローが。

 彼こそが、巷で話題のベビーカーおろすんジャー(以下、おろすんジャー)、その人だ。

 必殺技はその名の通り、ベビーカーを改札階へ運ぶこと。

「ぼくはふだん、青果店で働いているのですが、以前、そこに来た子供連れのお客さんが『今から新宿に行くので、隣の中野富士見町駅まで歩きます』と言うので、理由を尋ねると、『方南町駅にはエレベーターもエスカレーターもないから』と言うんです。それなら、ぼくがお手伝いしようと駅に立ち始めたのがきっかけです」(おろすんジャー・以下同)

 以来、活動歴は8年目になるが、その時から緑のヒーロースーツを着用している。

「ぼくは町の人たちと触れ合いたくて2007年から町の清掃をしていたのですが、人見知りで、素顔だと声をかけづらく、声をかけて相手に驚かれるのも怖かった。そこで、顔を隠したら恥ずかしくなくなり、みんなに受け入れてもらえるんじゃないかと思って、ヒーロースーツを着てみたら、別人みたいに人と話せるようになったんです」

 最初は奇異な目で見られることもあったが、ベビーカーおろしを手伝ううちに、挨拶する人も増えていった。

「緑のスーツにしたのは、かつて放送されていた、戦隊もののテレビ番組『ゴレンジャー』などにより、赤はリーダー、青はイケメン、黄色は食いしん坊というイメージがあり、どれも違うなと思ったからです。ぼくがこのスーツを着て活動していたら、声をかけたくても『断られたらどうしよう』などと思って躊躇していた人たちも、声をかけ始めたんです。それはうれしいですね」

 大人も子供も関係なく「行ってらっしゃいませ」と声をかけ、利用者を見送る。特に子供には積極的に声をかけ、今や顔なじみも増えたという。

 重い荷物を持っている人を発見すると、すかさず「おろさせてくださいませんか?」と声をかけ、荷物を軽々と持ち上げ改札へ。最近は、荷物を運ぶことも多くなった。

 母親に「ベビーカーおろさせてくれませんか?」と声をかけ、その場で中腰に。ベビーカーを運ぶ前には、子供が怖がらないように、目線を低くしてまず話しかける。

 おろすんジャーの活動が注目を浴び始めたこともあってか、2017年12月には方南町駅にエレベーターが設置され、今ではスーツケースなどの重い荷物を運ぶことが増えたという。

 おろすんジャーのように身近な問題を解決してくれるヒーローは、「リアルライフヒーロー」と呼ばれている。

 町おこしイベントや清掃活動、被災地支援などをするばれん太さんもそんな一人だ。

「われわれが活動を始めたのは、2年前のハロウィンがきっかけです。年々、大きな話題を呼ぶようになったハロウィンですが、2017年にゴミ問題が取り沙汰され、『これではいけない』と有志でヒーローに扮して清掃活動を始めました。それが、ハロウィン以外にも広がって…」(ばれん太さん)

 上で紹介しているリアルライフヒーローたちは、その内の一部だが、今では全国に存在している。10〜30代の若者が中心で、ゴミ拾いや壁の落書きを消すなどの活動を行っている。あなたの町にもヒーローはいるかもしれませんよ。

※女性セブン2019年9月26日・10月3日号

関連記事(外部サイト)