SUV人気が息切れの中、マツダはどこまで車種を増やすのか

マツダが『CX-30』予約受注開始 『CX-20』が出ても不思議ではなくSUV車種拡充に注目

記事まとめ

  • マツダがCX-3とCX-5の中間サイズとなるコンパクトSUV『CX-30』の予約受注を開始した
  • SUV市場の車には若干、落ち込みも見え隠れするが、需要は大きく減ることはないという
  • 新型『MAZDA2』が出た後に『CX-20』が出る可能性もあり、マツダのSUV車種拡充に注目

SUV人気が息切れの中、マツダはどこまで車種を増やすのか

SUV人気が息切れの中、マツダはどこまで車種を増やすのか

予約受注が始まったマツダのコンパクトSUV「CX-30」(丸本明・マツダ社長)

 マツダが新型となるコンパクトSUV「CX-30」の予約受注を開始した。同車はマツダの主力SUVである「CX-3」と「CX-5」の中間サイズで、街乗りの快適性を重視した都市型クロスオーバーSUVの新世代カーとして、今後の売れ行きに期待を寄せている。だが、国内で人気のSUV市場は“息切れ感”も出始めている中で、どこまで注目を浴びることができるのか。経済ジャーナリストの河野圭祐氏がレポートする。

 * * *
「想定ライバル車は、国産車ならトヨタさんの『C-HR』やホンダさんの『ヴェゼル』、輸入車ならアウディの『Q2』あたりですね」

 マツダの新世代カー第2弾となった、コンパクトクロスオーバーSUV、「CX-30」の事前説明会で、同社商品本部主査の佐賀尚人氏はそう語った。

 仮想ライバルに挙げた「Q2」のほうは、来年1月に投入される、次世代エンジンの目玉、SKYACTIV-X搭載車がその対象になりそうだ。価格的にも通常のガソリンエンジンやディーゼルエンジン搭載車に比べて一気に跳ね上がり、レギュラーでなくハイオク仕様になるため、営業面でもどこまで輸入車と伍していけるか注目される。

 伸び悩む国内市場にあって、SUVカテゴリーのクルマは現在も主戦場だが、各メーカーから同ジャンルのクルマが相次いで投入されてきたこともあり、最近は他社でも、車種によっては販売台数に息切れ感が漂い始めた。

 マツダでは、この先もずっとSUVのトレンドが続くという見立てなのだろうか。前出の佐賀氏は「一過性のブームではない」としたうえで、こう語る。

「確かに個別にSUV市場のクルマを見ていくと若干、落ち込んでいるところも見え隠れしますが、クロスオーバーSUVそのものの需要は、今後も大きく減ることはないと考えます。

 過去のSUVと現在のSUVとでは、お客様の使われ方がずいぶん異なってきています。SUV、私は敢えてクロスオーバーという表現でよく言うのですが、従来の乗用車に代替する車形としてクロスオーバーが好まれ出している。つまり、乗用車そのもののスタイルが変わってきたと受け止めているのです。ですから、今後もある程度は定着していくジャンルになるはず。

 10年ほど前は、コンパクトクロスオーバーSUVというカテゴリー自体が、非常にチャレンジングな、いってみればまだ“提案市場”の域でした。代表例は、日産さんの『ジューク』(2010年に登場)あたりです。そのカテゴリーがいま、拡大成長期にあると見ていて、今回、当社が投入する『CX-30』もまさにその成長分野です。

 ですから、SUV市場トータルで見てもニーズはキープされているし、特にコンパクトサイズのクロスオーバーSUVはまだまだ成長過程で、勝算はあります」

 マツダでは、2012年に「CX-5」、2015年に「CX-3」、2017年には国内向けに3列シートの「CX-8」をそれぞれ投入、SUVのラインナップを拡充してきた。ほかにも、中国市場専用車で「アテンザワゴン」(現MAZDA6)がベースになっている「CX-4」や、北米向けの「CX-9」などもある。

「従来の『CX-3』と『CX-5』の中間サイズにあたる『CX-30』がラインナップに入ってきたことで、商品像の差別化がはっきりしてくる。『CX-5』では少し大きいし、『CX-3』だと1人乗りや2人乗りはいいが、後席足元や荷室の空間が狭いと言われるお客様に『CX-30』がフィットするのです。それぞれのニーズに合わせて、より先鋭化された、きめ細かいご提案ができるようになる」(佐賀氏)

 同社の代名詞になった、SKYACTIVエンジンや統一性を持たせた魂動デザインは、2012年に投入した「CX-5」を皮切りに一巡し、今年から第2ステージに入った。新世代商品群の第1弾が、今年5月に「アクセラ」改め「MAZDA3」として投入したセダンとファストバックのクルマで、その「MAZDA3」をベースとしているのが今回の「CX-30」だ。

 また、第2ステージに入ったことを内外に示すためか、フルモデルチェンジを待たずして今年、「デミオ」を「MAZDA2」に、「アテンザ」を「MAZDA6」に相次いで変更している。これらのクルマはペットネームを廃止した一方、CXシリーズのSUVジャンルのクルマについても今回以降、「CX-30」と2桁の数字にしていくことで、新世代カーへの移行を印象づける狙いなのだろう。

 マツダの丸本明社長が以前、「当社の目指す姿は、欧州プレミアムの賢い選択肢になること」と語っていたように、BMWやベンツ、フォルクスワーゲン、アウディといったメーカーのクルマと対比して、性能、機能、装備などは互角ながら価格は割安、というポジションを目指している。

 とりわけ、同氏が「アウディも、徐々に徐々にブランド価値を上げてきた」としていたように、ベンチマーク的存在のメーカーがアウディであることも窺える。アウディは、かつてロータリーエンジンの元祖、NSUを吸収合併しているし、ダウンサイジングターボより排気量最適化のライトサイジングに注力している点も、マツダと考え方が似ていると指摘する向きは多い。

 とはいえ、アウディに匹敵するようなブランド力を構築するのはもちろん簡単ではなく、コストも時間もかかる。少しずつブランド価値を上げ、連動してクルマの価格も少しずつ上げていく方式を、マツダの幹部は“尺取虫”にたとえている。

 尺取虫は前進する際、背中をいったん上へ伸ばすが、その部分が付加価値や価格だとすれば、そこから前進した分が販売力やブランド力ということになる。これを繰り返していくことで、より高い次元に移行しようというわけだ。「MAZDA3」や「CX-30」でスタートを切った第2ステージは、その高みに行けるかどうかの試金石にもなる。

 もちろん、この新世代の2車種だけで評価が決まるわけではない。1つは、来年のフルモデルチェンジが噂される「MAZDA2」だ。

「MAZDA3」をベースとしている「CX-30」を考えれば、新型の「MAZDA2」が出た後、スモールクロスオーバーSUVとして、たとえば「CX-20」が出たとしても不思議ではない。ひょっとすると、「MAZDA2」そのものが、従来のハッチバックスタイルからSUVに切り替わるのではといった観測もあるようだ。

 また、現在の「CX-3」は現行の「MAZDA2」をベースにしているので、向こう2年ぐらい継続販売した後は消滅していく可能性もある。

 前出の佐賀氏は、「これ以上、あまりシームレスにSUVのラインナップを広げてもという気もしますし、スモールSUVのジャンルとなると、軽自動車のSUVとの(競合の)兼ね合いも出てくるでしょう」と語るにとどめていたが、他社も含めてクルマのサイズが肥大化する一方の昨今、全長4000mm前後、全幅が1695mmに収まる5ナンバーサイズのスモールSUVニーズも、少なくはない。そう考えると、次期「MAZDA2」やその派生SUVの有無にも注目が集まる。

 一方、「MAZDA6」や「CX-5」の次期型(「CX-50」?)も、来年から再来年にかけての登場が予想される。こちらは直列6気筒エンジン搭載でFRレイアウトと目され、現行より若干、サイズアップするのではといった観測もあり、クルマ好きの間では話題だ。

 ともあれ、今年からスタートした新世代商品群は、マツダが名実ともに「欧州プレミアムの賢い選択肢」のメーカーに脱皮していけるかどうかを占うことになる。

関連記事(外部サイト)