オタクに仕事デキる人多い説 趣味と仕事を両立するテクとは

オタクに仕事デキる人多い説 趣味と仕事を両立するテクとは

オタクの仕事術に注目が集まっている(写真/ゲッティイメージズ)

 4月から働き方改革法が施行されるなど、働き方に注目が集まっている。ドラマ『わたし、定時で帰ります。』(TBS系)がヒットしたように、定時までに効率よく成果を上げ、休日は次の仕事に向けてうまくリフレッシュして…そう考える人も少なくない。そんな“今時のデキる社員”は、どこにいるのだろうか。

 今年7月に刊行された『本業はオタクです。シュミも楽しむあの人の仕事術』で仕事と趣味を両立する多くのオタク女子たちに取材した劇団雌猫のメンバーである著者・ユッケさんは、「オタクには、いまの時流に合った働き方を体現する“デキる人”が多い気がする」と語る。

「アニメや漫画はもちろん、舞台でも声優でもアイドルでも、何らかの“オタ活(オタク活動)”をしている人の中には、仕事へのモチベーションが高い人もたくさんいることが今回、取材してよくわかりました。というのも、オタク趣味は、舞台を観に行ったり、アニメをリアタイ(リアルタイム視聴)したりと、時間の制約が多いから、自分の時間を確保しないと趣味そのものができなくなってしまうからです。

 例えば、特定のアイドルや俳優など、自分が応援する“推しメン”の出ている公演を全部観たいと思ったら、平日も18時や19時といった開演時間に間に合うように早めに退社しないといけないし、時には平日の昼間に開催されるイベントもある。そうすると、必然的に“明日やるべきことも今日終わらせる”働き方が身に付いてくるんです」(ユッケさん・以下同)

 とはいえ、常に趣味を最優先するわけではなく、やるべきことには手を抜かないのが、デキるオタク社員。

「書籍で取材したあるかたは、『早く帰ってばかりいるとなんとなく申し訳ないから、退勤後に観劇の予定がない日は残業してでもたくさん仕事を片づけておく』のだそうです。予定のはいっている日は早く帰りたいから、朝は他の人よりも早い時間に出社して、通勤中も仕事をしたりと、スキマ時間を使って効率的に、早く帰るための努力をしていると言っていました。

 毎日激務で夜勤もある看護師の方からは、『オタ活で地方に遠征したり、徹夜でコスプレ衣装を作ったりするので、その体力で仕事もバリバリ片付けている』という声もあります。“体力がある若い人”というと、“学生時代運動部だった人”など、オタクとは遠いイメージがあるかもしれません。でも、実は今の働くオタクたちも意外とタフなんです」

◇同人誌制作の経験からトラブルにも冷静に対処?

 短いスパンで衣装や同人誌の制作をするうちに、「追い詰められても死ぬ気でやればなんとかなる」ことを知っているオタクたちは、本気を出せば超人的な体力と集中力を発揮できるし、トラブルが起きても冷静。仕事と趣味を完全に切り分けているから彼女たちは、仕事を翌日へ持ち越すことを嫌い、趣味が仕事の妨げになるような遊び方もしないという。

 一方で、趣味と仕事を関連づけることで、モチベーションを上げているオタクもいる。

「漫画やアニメが好きなのに、絵を描くのが苦手なオタクもたくさんいます。そういう人たちの中には、漫画家やアニメーターにはなれなくても、漫画編集者など、好きなことに関連した仕事に就いている人も多い。取材した中には、アイドルが好きで芸能マネジャーになった人や、ソーシャルゲームが好きでアニメの制作進行の仕事に就いている人もいます」

 陰ながらでも自分の応援する“推しメン”や好きなエンタメ作品を支えられるとあれば、彼女たちの仕事のモチベーションは常に最高潮だ。

「趣味を仕事に生かせるのもメリットだと思います。例えば、スマホにたくさん保存している好きなアイドルやキャラクターの写真を作家さんに見せて『今はこういうファッションや髪型の男の子が流行ってますよ』とアドバイスできるのは、漫画編集者として大きな強み。

 今時のイケメンについて細かくリサーチするのが苦にならないので、取材でアイドルや俳優に会ったときも、差し入れやメンタルケアの面で、オタクではない人にはできないような細かい気配りができたりもします。大好きな漫画やアイドルたちの“舞台裏”を知っていると、お客さんとして漫画や舞台を観た時の感動も一層強くなり、さらに仕事へのモチベーションが高まるようです」

◇仮説思考、ロジカルシンキングでオタク力を発揮

“オタクであること”自体が武器になれば、たとえ激務であっても心折れることなく働ける。さらに、一見オタクとはなんの関係もない業界でも、こうした“オタク力”を生かして活躍している人がいるという。

「取材した戦略コンサルの方いわく、コンサル業界で必要な“仮説思考”と“ロジカルシンキング”の技術は『漫画とアニメを繰り返し見て、伏線やキャラクターの関係性を考察して妄想を広げる』という、オタク特有の楽しみ方に近いそうです。

 特に腐女子(男性同士の恋愛を妄想して楽しむオタクの女性たち)の人たちは、男性キャラクター同士の“男の友情”や“ライバル心”などが描かれているシーンを深読みして、『この二人、もしかしてお互いのことが好きなんじゃ…』と妄想して、その見解をSNSなどで“論文”のように語る人が多い。少ない事実から仮説を立てて、それを裏付ける事実をさらに拾って、また仮説を立てて…というプロセスは、仕事にも応用できるようです」

 しかし、いくらうまくオタク力を生かすことができても、会社での仕事の多くは、本来チーム一丸となって行うものが多い。独りよがりの“個人プレー”や、自分勝手な有給申請で周囲に迷惑をかけてしまっては、せっかくのオタク力も台無しだ。彼女たちのコミュニケーション能力についてはどうだろうか。

「オタクといえば“部屋に引きこもって一人でアニメや漫画を見ていて、コミュニケーション能力に乏しい”というイメージを持つ人もいますが、それは昔の話。今のオタクはイベントや観劇といった“現場”が多いですから、高いコミュニケーション能力がないと活動していけないんです。

 例えば、日時が合わないなどの理由で舞台のチケットを交換したければ、SNSで見知らぬ人とメッセージをやり取りしないといけないし、同人誌の表紙を描いてほしい人がいれば、その人に自分が想定するイメージや色味を正確に言葉で伝えないといけません。SNSでは『自分の考えをわかりやすく、面白く伝える力』があった方が、オタク仲間を作りやすいこともあるでしょう」

 人気作品の名台詞をもじったり、思わず笑ってしまったりするような言い回しで愛するキャラクターやアイドルへの思いを熱く語る「言葉選びのセンス」も、オタク同士の円滑なコミュニケーションにおいて求められる“教養”のひとつだ。

「ほかにも、推しのグッズを交換したければ、“Aくんのグッズが欲しいけど、Aくんは今一番人気だから、Bくんのグッズ3つと交換してくれる人を探そう”など、市場の動向を読み取る力も必要です。アンソロジー(複数人が同じテーマで絵や漫画、小説を持ち寄って作る同人誌)を企画したら、参加者全員の執筆スケジュール管理や予算管理など、多くの職場で必要とされる進行管理能力がある人でなければ、なにかしらのトラブルが起こります」

◇オタ活時間を確保するため職場では“愛され社員”でいる

 金銭やスケジュールの管理ができない人や、約束を守れない人、言葉遣いが稚拙な人はその時点で相手にされないため、“オタ活”自体が円滑にできないのだ。言い換えれば、オタク仲間に恵まれ、しっかりとオタ活を満喫している人であれば、社会人として不足はないということ。

 その証拠に、同書に登場するオタク女子たちは、オタ活時間を確保するために、常に職場でも円滑なコミュニケーションを欠かさず、“愛され社員”でいる努力も惜しまない。その上で、持てるオタク力を総動員して「誰にも文句は言わせない」とばかりに成果を上げ、大手を振ってオタ活に出かけているのだ。

「子供の頃からオタク活動に勤しんでいると、イベント会場やSNSなどで大人のオタクの人たちから言葉遣いや態度について学ぶことも少なくありません。描いた絵を褒め合うなど、オタク同士のコミュニケーションは常に相手を立てる文化なので、そこになじむことができている人なら、若い頃からきちんとした言葉遣いに加えて、空気を読んでふるまう能力が身についていると思います」

 ほかにも、学生時代からホームページ作りやチャットに勤しんでいる人が多いので、新卒の時点で簡単なプログラミングやブラインドタッチを習得していたり、ネットを使ったリサーチ能力が高かったりと、今の社会人として求められるスキルが“デフォルト”で身についているオタクが少なくないと、ユッケさんは分析する。

 好きなことに全力投球で生きているからこそ、オタ活への高いモチベーションと圧倒的な「オタク力」で、職場でも活躍できるのだ。

もしあなたの職場に「仕事はできるけど、今日も定時で帰るのか…」という人がいたら、きっとこれから大切な“推しごと”に向かうオタクなのかもしれない。

「ただし、ストレートに『家でアニメ観るの?』などと聞いてしまうと、相手が繊細なタイプのオタクだった場合、少しだけ傷つけてしまう恐れもあります。仕事に支障が出ていなければ、詮索はほどほどにしてあげてください…(笑い)」

関連記事(外部サイト)