小泉環境相への「ステーキ批判」はちっともセクシーじゃない

小泉環境相への「ステーキ批判」はちっともセクシーじゃない

米ニューヨークの国連本部で開かれた都市の脱炭素化に関するイベントで演説する小泉進次郎環境相

 メディアだからといって闇雲に批判すればいいというわけではない。食文化に詳しい編集・ライターの松浦達也氏が指摘する。

 * * *
 改造安倍内閣で環境大臣に就任した小泉進次郎氏が、ずいぶんとやり玉に上げられている。その理由が「環境分野で国を背負っている」はずなのに、「環境負荷の高い牛肉のステーキを食べるとは問題だ」という論評だ。

 確かに牛は環境への負荷が大きい動物とされている。アメリカのバード大学、エール大学などが2014年に牛肉や乳製品、卵、鶏肉、豚肉の生産に伴う環境負荷を算出した。牛と他の動物などを比較したところ、同量のタンパク質を得るのに必要な土地は約28倍、用水量11倍、飼育過程で排出される温室効果ガス5倍などなど……。牛という畜産動物は環境負荷が高いという研究結果は確かに出ている。

 だが冒頭の小泉大臣についての報道を額面通りに受け取るわけにもいかない。そこに行き着くまで、煽り記事のバイアスがそこかしこに入っているからだ。最初に強めにバッシング記事を配信したのは9月23日午前の『リテラ』だった。同Webはいわゆるリベラルというか「左寄り」のネットメディアで、記事の切り口に偏りがあることで定評がある。偏食ならぬ、偏向と言ってもいいスタイルだ。

 さて、肝心の見出しは〈小泉進次郎「ステーキ食べたい」が環境相失格な理由 温暖化対策で「ミートレス運動」の最中に無知を露呈 海外メディアもツッコミ〉というもの。パッと見、海外では温暖化対策由来のミートレス運動が盛り上がっていて、ステーキを食べたことに対して海外メディアからもツッコミが入っていると読めそうな見出しだ。しかし実情は違う。

 記事の冒頭で〈地球温暖化対策を議論する「国連気候行動サミット」に出席する環境大臣がステーキを食すというのは、はっきり言って正気の沙汰ではない〉と強いボールを投げているのはまだいい。記事中にある〈2013年には国連食糧農業機関が温室効果ガスの14.5%が畜産業に由来していると公表〉したのも事実である。

 だが、〈温暖化対策で「ミートレス運動」の最中〉あたりからどうにも怪しい。今年からニューヨーク市では小学校の給食で週に一度「ミートレスマンデー」を実施しているが、最大の理由は市民の健康問題だ。今年3月にこのニュースを扱ったAFPの記事は以下のように結んでいる。

〈ニューヨーク市スタテンアイランド(Staten Island)地区のジェイムズ・オッド(James Oddo)区長は、「この考えをあざ笑う人々にシンプルな助言をしたい。科学を見よ。データを見よ。子どもの肥満や前糖尿病の診断結果を見よ。米国の12歳から14歳の子どもたちのうち65%が若年性のコレステロールの病気の兆候を示している事実を見よ」と指摘した〉(2019年3月12日付AFPBB)

 海外で展開されている「ミートレス運動」は健康問題由来のものが多い。温室効果ガス問題はその運動を後押しする要素のひとつに過ぎず、前出の記事でも温室効果ガス問題への言及は一箇所しかされていない。〈デブラシオ市長は、「肉の消費を少しでも減らすことはニューヨークに住む人々の健康改善につながり、温室効果ガスの排出量削減にもなる」と訴えた〉という部分だけである。

 だからといって、牛の温室効果ガス問題を無視していいとか、そういう話をしたいのではない。あまりに強引なミスリードが土台となり、記事の中身も見ない人々が世論を形成していく。反射神経だけで生きようとすると、この世界はどんどん世知辛くなってしまう。

 余談だが、米国農務省(USDA)によれば、アメリカ人の肉の年間消費量は2018年に過去最多となる1人あたり222.2ポンド(約100.788kg)見込みだったという。ちなみに日本は31.6kg(2016年度)。日本人程度の消費量でも、健康リスクが騒がれるのだから、その3倍量の肉を食べているアメリカ人にとって肉食にまつわる健康問題はとても深刻なものなのだ。

 話を戻そう。『リテラ』の最後の見出し、〈海外メディアもツッコミ〉に至っては、かなりのアクロバティックな見出しである。実は記事を読み込んでみると、海外メディアがツッコミを入れたのは、ステーキとは何の関係もない「セクシー」発言や「中身のない発言」についてのみ。ステーキとはまったくの無関係だし、そもそもメディア上でも一言二言しか言及されていない。

 当たり前だ。たかが異国の新人環境大臣が何を言ったところで、欧米メディアが大々的に取り上げるわけがない。

 なのに、一部の識者がこうした煽りメディアの“報道”を〈気候変動対策を議論する会議に出席する環境大臣が「ステーキを食べる」ことが非難を浴びた〉という導入から〈牛肉の大量生産が、気候変動を促進し、食糧危機をもたらし……〉という持論や、〈NYやイギリスなんかではもう牛肉食べないとかって動き〉という極論へと展開した。堂々と論を語ればいいのに、余計な枕をつけるから偽ブランド品で格好をつけているように見えて、なんとも格好悪い。

 欧米礼賛手法を使わせていただくなら、欧米の菜食主義者には多様な価値観がある。自分たちが食べない牛肉食ひとつとっても、「牛肉禁止はあまりに安易で反射的」「より温室効果ガス輩出の少ない放牧牛を選ぶなど妥協点を見つけるべき」など多様な論がある。

 国内の反応は「国際的な笑いもの」「最悪」など散々だったが、新環境相は「これがニュースになるんだったら、それだけでも日本のなかで環境問題を考えるいいきっかけになる」と言った。負け惜しみ感も強いが、少なくとも煽りメディアの論に乗っかったり、遠くで起きている小さな事実を極大解釈して、弱り目をここぞとばかりに叩くよりは、遥かにセクシーである。

「Sexy」で辞書を引くと「魅力的で刺激的、興味をそそる(口語)」(Oxford English Dictionaryより)という意味もある。使い方はいい。後は中身である。

関連記事(外部サイト)