在宅よりも病院で死んだほうがいいケースとそのメリット

在宅よりも病院で死んだほうがいいケースとそのメリット

病院で死を迎えるという選択肢のメリットとは

「死ぬということは、生きているよりいやなことです。けれども、喜んで死ぬことができれば、くだらなく生きているよりは幸福なことです」

 作家の谷崎潤一郎はそう語ったが、晩年は狭心症に悩まされ、カテーテルの出し入れに苦しんだ。文壇の天才も安らかな最期は迎えられなかった。しかし現代は、知識と工夫次第で「喜んで死ぬ」ことができるというほど、安らかな死を選べる時代になった。自宅で死を選ぶ人が増え、実際にそれを実現させているのだ。

 その一方で、病院で死ぬ選択をした方がいい場合もある。早期緩和ケア大津秀一クリニック院長の大津秀一さんはこう言う。

「痛みなどのつらい症状が特に強い人は病院の方がきめ細かい症状緩和を受けられるメリットがあります。また、在宅では医療・介護体制に不安のある人も、常時プロがいる病院の方が安心感が得られるでしょう」

 また、ある程度までは自宅で過ごし、最期はケアの行き届いた病院で迎えるのがいいケースもあるようだ。

「例えば、床ずれ防止のために数時間ごとに体の向きを変える体位変換といったケアに関しても、病院の方が人手もスキルもある。また、家族仲によっては、世話されることそのものがストレスになる人もいらっしゃいます」(大津さん)

 もちろん在宅と同じように病院も「選び方次第」ということに変わりはない。大津さんは、こんな質問をしておくことをすすめる。

「穏やかに最期を迎えるためには、痛みなどを和らげる緩和ケアをきちんと施してくれる医療機関を選ぶ必要があります。そういったところを見つけるためには、事前によく相談して具体的に質問をすることです。『痛みが出た場合はどうしますか』『医療用麻薬の使用についてはどう行っていますか』『(亡くなる前の数日間、耐えがたい苦痛を感じた患者を眠らせる)鎮静についてはどうですか』などと尋ねてみましょう。その答えが曖昧だったり、回答に不安を覚えるようなら、可能ならばほかにもあたって比較して決めることも考えたほうがいい」

 また、日本人の“美徳”が安らかな死を遠ざけることもある。昭和大学病院緩和医療科の診療科長を務める医師の岡本健一郎さんはこう語る。

「日本人は痛みをがまんする傾向があります。痛みをがまんすることで自律神経に変化を与えたり、不眠や食欲不振になったり、気持ちが張り詰めたりして、却って全身に悪影響を与えます。

 今は痛みをがまんしなくても、安全な薬でコントロールが可能になっています。昔のドラマのように、激痛に耐えて苦悶して死ぬということは、ほとんどないのです」

 自分や家族が最期を迎える場面を思い浮かべることには抵抗があるかもしれないが、それをタブー視せず具体的に描いていくことで、後悔しない安らかな死が迎えられるかもしれない。

※女性セブン2019年10月10日号

関連記事(外部サイト)