六代目山口組No.2、高山清司若頭「10月18日出所」の情報

六代目山口組No.2、高山清司若頭「10月18日出所」の情報

高山若頭が収監されている府中刑務所(写真/AFP=時事)

 2015年に3つに分裂した「山口組抗争」の最大の“キーマン”が戻ってくる。建設業者への恐喝罪で懲役6年の実刑判決が確定し、2014年から府中刑務所に収監されていた六代目山口組のナンバー2である高山清司若頭が出所するのだ。

「10月18日に出所するという情報があります。2011年に懲役6年の刑期を終えた司忍組長の出所時は、幹部による盛大な出迎えがありましたが、今回はそこまで派手な出所にはならないと見られています」(全国紙記者)

 メンツと格式を重んじるヤクザだけに、トップの司組長との“差”を見せる意味もあるが、それだけではない。

 現在、六代目山口組から神戸山口組と任侠山口組が分裂し、「三つ巴」の状況が続いている。山口組の事情に精通するジャーナリスト・伊藤博敏氏が語る。

「高山若頭は何よりも規律を重んじる人物で、親(司組長)を裏切って出ていった連中を許さない。分裂側もそれは分かっており、『やられる前に』と襲撃部隊が結成されたという情報もある。警察も高山若頭が狙われることを警戒しており、“静かに済ませる”ため、他の刑務所や拘置所に移送の上で出所させる可能性もある。出所後は六代目山口組本部のある神戸ではなく、高山若頭の出身母体である名古屋の弘道会本部に向かうとみられています」

 司組長が2011年に府中刑務所を出所した際は、品川から山口組本部の神戸まで新幹線で向かった。この時、警護上の理由から、グリーン車を一両貸し切ったことも話題になった。

「移動手段がどうなるかは分かりませんが、いずれにせよ分裂前だった2011年とは緊張の度合いが違う。警察の警備は司組長と同等かそれ以上になるはずですし、六代目山口組のボディガードの神経は、これまで以上に張り詰めているでしょう」(同前)

 分裂から4年、山口組抗争は局面がガラリと変わるかもしれない。

※週刊ポスト2019年10月11日号

関連記事(外部サイト)