ラグビーW杯“実力の勝利”導いた「ポジティブセルフトーク」

ラグビーW杯“実力の勝利”導いた「ポジティブセルフトーク」

アイルランド戦から一夜明け、記者会見するリーチ・マイケル(時事通信社)

 臨床心理士・経営心理コンサルタントの岡村美奈さんが、気になったニュースや著名人をピックアップ。心理士の視点から、今起きている出来事の背景や人々を心理的に分析する。今回は、世界2位のアイルランドを破ったラグビー日本代表を分析。

 * * *
 空前のラグビーブームがやってきた。それもこれも、9月20日から日本で開幕したラグビー・ワールドカップ(W杯)に、ラグビー日本代表が見事に勝ち続けているにからに他ならないからだろう。

 W杯の開催から1週間で観客動員数は42万人、会場は北は札幌から南は熊本まで全国各地に散らばっている。各会場の観客収容率はほぼ8割を超えているらしく、ラグビー熱の高さがうかがわれる。身体を張ってぶつかり合い、ボールを奪い合う格闘技的なかっこよさとスピード、仲間のため戦うという連帯感の強さなどが魅力となり、根強いラグビーファンだけでなく、私のようなにわかファンが急増している。

 何せ、きちんと試合を見たのは4年ぶり。15年に開催されたW杯イングランド大会で、ラグビー日本代表が優勝候補の南アフリカに歴史的勝利を収め、世界中を驚かせた時以来だ。大泉洋主演のドラマ『ノーサイド・ゲーム』(TBS系)を見ていたので、ラグビーがどういうものか、ルールや用語もある程度はわかるようになった。すると興味も湧いて、面白さは倍増する。

 28日に行われたW杯1次リーグ第2戦、日本は世界ランキング2位の優勝候補アイルランドに19-12で逆転勝ち。実況していたNHKのアナウンサーが「もうこれは、奇跡とは言わせない!」と絶叫し、勝利決定直後の瞬間視聴率は28.9%まで上昇、試合を見ていた私も、「ラグビーってこんなに面白かったんだ!」と思ったほどだ。
 
 4年前、南アフリカに勝利した時は“ブライトンの奇跡”と報じられた日本代表。今回の勝利も、メディアは「世紀の番狂わせ」「奇跡越え」「世界が驚いた静岡の衝撃」と報じた。多くの人が勝利を予想していなかったんだなという印象で、ラグビーに詳しい人ほど、勝てると思わなかったという声が多かったようだ。

 だが、後半18分に逆転トライを決めた福岡堅樹選手は、試合後に自身のツイッターで「奇跡なんかじゃない!」と必然の勝利を強調。
一夜明けた29日、記者会見した日本代表のリーチ・マイケル主将は、勝利の要因を「勝ちたいというメンタリティーと、勝てるという自信が一番の勝因だと思います」と、淡々とした表情でコメントした。

 最初から負けると思って試合に臨む選手はいないが、彼らには試合前から勝てるという自信があり、勝てるだけの実力があると思っていたのだ。厳しくきつい練習を重ねてきただけでなく、メンタルスキルも磨いてきたのだろう。

「勝てる」と自分で表現をする事は、勝利を掴むための重要なメンタルスキル「ポジティブセルフトーク」だ。自分にポジティブな言葉で語りかけることによって、自身の肯定的なイメージを広げ、感情や思考をマネジメントし、自信を強化するためのスキルにつながる。テニスの大坂なおみ選手が、試合中にミスをした後、自分に何かをつぶやくのもこれだ。「自分たちは勝てる」「やれる」と口にすることが、勝つためには必要なのだ。

 リーチ・マイケル主将は、会見で次の試合に向けこうも言っていた。「勝てると信じて下さい」

 人は他人から期待されるとそれに応え、期待通りに成果を出すという傾向がある。この心理的効果は「ピグマリオン効果」といわれる。ラグビーファンもメディアも、「日本代表は勝てる」と期待し、勝つと信じることが、彼らの勝利を後押しすることにつながる。

 あと2つの試合を必然の勝利で飾り、是非とも8強入りを決めて欲しい。

関連記事(外部サイト)