新天皇8000万円「パレード車」巡る宮内庁と内閣府の綱引き

新天皇8000万円「パレード車」巡る宮内庁と内閣府の綱引き

秋田空港で沿道の人たちに手を振られる天皇、皇后両陛下(写真/時事通信フォト)

 10月22日に迫った天皇陛下の「即位礼正殿の儀」。当日は皇居から赤坂御所まで祝賀パレード(祝賀御礼の儀)が催される。その際に使用されるのが、トヨタの最高級車「センチュリー」を改造したオープンカーだ。

「沿道から天皇・皇后両陛下のお姿がよく見えるように、後部座席が前席よりも4センチ高く、背もたれの角度は25度に調節されている。衝突回避、自動ブレーキシステム、後部座席のサイドエアバッグなども備えています。ちなみに、ナンバープレートは菊の御紋のみ。車の調達予算は8000万円とされており、9月中には納車される予定です」(宮内庁担当記者)

 実はこの車の“所有権”を巡って、宮内庁内がざわついているという。

 平成2年(1990年)の天皇即位パレードで使われたロールスロイスのオープンカーは、その後、宮内庁が管理した。しかし、今回のセンチュリーは宮内庁ではなく内閣府が管理することになったという。宮内庁関係者が言う。

「平成時代のロールスロイスは、その後1993年の皇太子さま・雅子さまのご成婚パレードでしか使用されなかった。たった2回しか使わないのではもったいない、もっと活用するべきだということで、内閣府の管理下になるというのです。11月頃から迎賓館で展示され、来年の東京五輪などの様々な行事でも使用されると聞いています」

 しかし、この方針は宮内庁内部では快く思われていないようだ。

「有効活用といえば聞こえはいいですが、現実的には天皇陛下のために作られた車が政府の都合のいいように使われかねません。中には“まさか安倍首相と昭恵夫人が乗るのではないか”と心配顔で話す職員もいる」(同前)

 内閣府に今後の用途を訊ねると、

「東京・赤坂の迎賓館に展示する予定ですが、それ以外については検討段階で決まっていません。政府全体で有効活用していきたい」

 との回答だった。両陛下の次に座るのは誰だろうか。

※週刊ポスト2019年10月11日号

関連記事(外部サイト)