福島の廃炉作業、ヤクザがいないと進まない現実

福島の廃炉作業、ヤクザがいないと進まない現実

神戸市の山口組総本部(写真/共同通信社)

 大規模災害の被災地に、誰よりもはやく駆けつけるヤクザ。東日本大震災のときに起きた、福島の原子力発電所事故の関連作業にも、欠かせない存在となっていたのだという。ヤクザ事情に詳しいジャーナリストの溝口敦氏と、フリーライターの鈴木智彦氏が、廃炉作業とヤクザについて語りあった。

溝口:鈴木さんは著書『ヤクザと原発』で、福島第一原発の廃炉作業を実際に体験して、廃炉事業にヤクザが関わっている実態をレポートしましたよね。本が出た後だったと思いますが、稲川会の人間が来て、「ワシらも除染作業に人材を出してます」と写真を持ってきて、必要なら使ってくださいと。売名のためじゃなくて、親切で持ってきてくれた。鈴木さんに遠慮して、記事にはしなかったけど(笑い)。

鈴木:ありがとうございます。福島の事故が起きる前に福井の原発関連で取材をしていて、暴力団が原発の作業員を出しているという話は聞いていたんです。その頃はまさか原発があれほどの事故を起こすなんて想像もしていなかったから、そのネタがあんまり刺さってこなくて、「ヤクザはいろんな工場に人を出しているから原発にも出すんだなあ」という程度の印象しかなかった。

 ところが、震災であの大事故が起きた。知り合いの東京の組事務所に福島から逃げてきた組員がいて、「廃炉作業に関係者がたくさん入っていますよ。俺たちも若いときは原発で働いていましたし」と言うので、調べていって、原発に作業員として入るルートを作りました。

溝口:もともと原発にはヤクザが作業員としてたくさん入っていましたからね。

鈴木:そうです。ヤクザが人材派遣をするし、復旧に当たった「福島50(フィフティ)」のなかに暴力団関係者がいると言われていました。

溝口:私もそう聞いています。

鈴木:ただし結局、裏取りができなかった。

溝口:原発の作業員としては五次下請けくらいまであって、いくらでも紛れ込ませることができます。

鈴木:10年くらい前までは、ヤクザ自身も原発の作業員として入っていましたが、暴排条例でうるさくなったから、人材を送り込むだけになっていった。私も福島原発の廃炉作業に潜入したときは、ヤクザに送り込まれたわけです(笑い)。

溝口:ヤクザがいないと、廃炉作業も進まないということでしょう。

鈴木:原発事故は特殊ですが、災害が一段落すると、やはり復興利権にはヤクザが絡んできます。

溝口:建設業界への人材派遣は、伝統的なヤクザのシノギです。とくに震災復興となれば莫大な人手が必要なので、ヤクザが入り込む余地が大きくなる。

鈴木:今回の台風15号での千葉の被災地では、火災保険を利用した被災詐欺の誘いがヤクザからLINEで回っているそうです。保険が下りたら30〜50%渡すから一軒家を持っている知人を紹介してほしいと言うんですが、7割取っていくってボリすぎじゃないか(笑い)。

溝口:同じようなケースは、東日本大震災でもありました。ヤクザの周りには、弁護士や行政書士、司法書士といった、専門的知識と資格を持った人間がいるから、法の網の目をくぐってカネを引き出すノウハウに長けている。

鈴木:警察用語でいうところの、暴力団の「共生者」ってやつですね。

溝口:そう、それ。九州のある暴力団は、一時期まで自前で持っているビルの中に法律事務所を抱えていたくらいです。

●みぞぐち・あつし/ジャーナリスト。1942年、東京生まれ。早稲田大学政経学部卒業。ノンフィクション作家。『食肉の帝王』で2004年に講談社ノンフィクション賞を受賞。主な著書に『暴力団』『山口組三国志 織田絆誠という男』『さらば! サラリーマン』など。

●すずき・ともひこ/フリーライター。1966年、北海道生まれ。日本大学芸術学部写真学科除籍。ヤクザ専門誌『実話時代』編集部に入社。『実話時代BULL』編集長を務めた後、フリーに。主な著書に『潜入ルポ ヤクザの修羅場』『ヤクザと原発』『サカナとヤクザ』など。

※週刊ポスト2019年10月11日号

関連記事(外部サイト)