中学受験 「英語を加えた5教科化」が現実的ではない理由

中学受験 「英語を加えた5教科化」が現実的ではない理由

2020年度から小学5・6年生で「英語」が教科化されるが…(時事通信フォト)

 2019年度の首都圏中学入試は、私立中学校数が約300校ある中で、じつに125校が何らかの形で入試に英語を導入した。小学校で英語が教科に“昇格”したことも大きいが、今後、中学入試は国語・算数・理科・社会に英語も加わり、5教科になる可能性はあるのだろうか。安田教育研究所代表の安田理氏がレポートする。

 * * *
 まず、中学入試で行われている「英語入試」の現状を探ってみたい。

 英語入試がなぜ生まれてきたのかといえば、「子どもをグローバル化社会で生きていけるように育てて欲しい」という保護者の要望に各学校が応えようとしていることがベースにある。実際に「グローバル教育」は「STEM教育」と並ぶ私立中高一貫校教育の“2大ベクトル”となっている。

 そうした姿勢を明確に打ち出すために、「グローバル」「インターナショナル」「国際教養」といったコース(クラス)を設置している学校は増えている。入試においても、「グローバル入試」「英語入試」と銘打つことで、「わが校はグローバル教育に力を入れています」と意思表示しているわけである。

 また英語入試は、隠れ帰国生(在外期間が足りない、帰国後年数が経ってしまっている等)のための入試という性格もある。ただ、英語入試はまだスタンダードなスタイルはなく、各校がそれぞれに工夫して行っているのが現状だ。

 大きくは、英語を選択できるスタイル(国語・算数・英語より2科選択、4科の理科・社会の代わりに英語を選択など)と、英語だけで受けられるスタイルに分かれるが、前者と後者ではまったく意味合いが違う。

 英語を選択できる学校は、これまでの中学受験の王道である進学塾に通って4教科ないし2教科を勉強していることが前提になる。しかし、大手進学塾に通っていると、プラスして英語を学ぶ時間的余裕はないから、実際は英語を選択する人はごく少数にとどまっている。

 国語・算数(あるいはどちらか)を必須で課すのは、私立中学校内で英語入試を検討したときに、「塾に通って国語・算数をしっかり学んできたものと塾に通っていなかったものが教室にいたのでは授業が成り立たない」という意見が出るからである。

 一方、英語だけでも受験できるスタイルが出てきた背景は、学校ごとに事情が異なるので一概には言えないのだが、これからのグローバル化社会を見据え、また英語の教科化を踏まえ、学校の方向性をしっかりと打ち出しておきたいという積極的な意味合いがあるだろう。

 また、進学塾に通っている受験生だけを相手にしていても募集人員は埋まらないので、近年急増している英語塾に通っている子にも中学受験をしてもらいたいというシビアな現実の両面がある。

 先に英語入試にはスタンダードなスタイルはないと記した。では具体的にどのように行われているのだろうか。ここでは2020年度入試で新たに実施する学校を例にとって見てみよう。

【佼成学園(男子校)】「Super English入試」を新設。英検準2級が目安
【日本大学豊山女子(女子校)】「英語インタビュー入試」を新設
【三輪田学園(女子校)】「英検利用入試」を新設
【湘南白百合(女子校)】4科or国算+英語資格を新設。英語資格は、英語検定のグレードを得点化し、国算の2科の得点と合算して判定する
【淑徳(共学校)】「英語入試」を新設。書類審査(英語資格)・算数・作文・面接で判定。英語資格は英検3級のほかGTEC、TOEIC、TOFELなどでも基準あり

 ペーパーテストあり、対話型あり、検定利用型ありの多種多様な英語受験が可能になったといっても、今のところ併願が利かない状況にあるため、どこも受験者数は限られている。

 また、前述したように英語入試を実施している私立中学こそ首都圏で125校もあるが、この入試で大勢の入学者を確保している学校はない。少数でいいから、高い英語力を持った子に来てもらえれば、「将来の大学入試で合格実績を上げてもらえる」「高い英語力で周囲に好影響を与えてもらえる」ことを期待して行っているのが実情だ。

 では、将来「英語入試」の受験者が増え、中学入試は英語を含む5教科に定着するのだろうか? 結論から先に言えば、私は当分の間は「5教科化」はないだろうと考えている。それを、塾側、学校側、それに受験生サイドそれぞれから考えてみよう。

●塾側

・中小塾・個人塾では理科・社会まで指導者を揃えられていないケースが多い。さらに英語までとなると、人員の確保が困難になる。たとえ確保できても人件費が上昇するので経営的には厳しい。かといって、通塾費用を上げることは塾生を減少させる可能性が高い。

・塾は、小学校の学習内容と中学入試問題との乖離を埋める働きをしているわけだが、4教科でも6年次には週4日ないし5日通塾するシステムを採っている。このほか日曜日には模擬試験などもある。ここに1教科増は物理的に難しい。

・大手塾のほとんどはグループの中に英会話スクール等を抱えているので人員の確保はできると考えられるが、現行のカリキュラムと受験用のカリキュラムの2本立てにしなければならず、現実には難しい(対話型、検定利用型などの入試であれば現行カリキュラムでも対応可能ではあるが…)。

●学校側

・上位校は英語入試を行っていない。これは、「英語1教科で学力の高い子を採れる」と判断するのは難しいと考えているものと思われる。算数1教科が英語1教科より比較的難易度が高い学校で採用されているのは、算数は入学後の学力と比例していると捉えているからと思われる。またそれ以上に、算数1教科受験者=通塾生であることが大きいだろう。

・現在、中学入試では少数の難関校以外は合格発表は当日発表になっているため、採点業務は綱渡りという学校が多い。ここに1教科増えれば当日発表は難しくなる。

・スタンダードがない状況での作問は非常に労力がかかる。

●受験生サイド

・4教科でも受験生に負担が重く、受験生活の途中で挫折するケースがある。5教科になればその可能性はさらに高まる。

・英語は、他教科以上に家庭環境が成績に影響する。多くの家庭にとっては英語が試験科目に入ることは歓迎しにくい。

・家庭によってわが子につけたい英語力のレベルが異なっている。それを試験科目ということで限定されたくない。

 以上、どの立場から考えても、5教科化は現実的ではない。だが、これからの社会を考えれば、普通の私学も外国人子弟、在日の子弟なども多数受け入れるようになるだろう。そうした時点まで考えると、将来的には英語だけで受けられる入試も必要になってくると思われる。

関連記事(外部サイト)