「即位の礼」の祝賀パレード 両陛下に会えるベストポイント

「即位の礼」の祝賀パレード 両陛下に会えるベストポイント

祝賀パレードに出発される天皇、皇后両陛下=東京・皇居前広場(写真/時事通信フォト)

 令和元年が幕を開け、5か月が経った。10月22日午後1時、天皇陛下が即位を国内外に宣明する「即位礼正殿の儀」が、皇居・宮殿で最も格式の高い「松の間」で執り行なわれる。

 同日午後3時半に始まるのは、祝賀パレード「祝賀御列の儀」。両陛下は、皇居から国会議事堂正門前、青山通りを通り、お住いの赤坂御所までオープンカーで移動される。

 皇室ジャーナリスト・久能靖氏が解説する。

「平成の祝賀パレードから少しルートが変更されています。高速道路の高架に面した部分をなくし、より多くの人に見てもらえるようになりました。陛下は燕尾服に勲章を着用、皇后さまはローブ・デコルテにティアラという正装で、4.6kmのコースを約30分かけてパレードされます」

 当日は、秋篠宮ご夫妻や首相、官房長官らを乗せた車両も通る。両陛下が乗るのは製作・改造費含めた予算約8000万円のトヨタ「センチュリー」だ。

「座面や背もたれの角度が調整され、沿道から見やすくなっています。両陛下は皇居から二重橋を渡って出てこられ、皇居前広場の二重橋前交差点を曲がって、桜田門へと向かわれる。道幅の広い青山通りもいいですが、最も長くお姿を見られるのは、皇居前広場でしょう」(久能氏)

 前回平成の時は沿道から約12万人が祝福したが、令和でも多くの人出が予想される。

※週刊ポスト2019年10月18・25日号

関連記事(外部サイト)