追悼ぐっちーさん「厄介な時代を楽しむ生き方」示してくれた

追悼ぐっちーさん「厄介な時代を楽しむ生き方」示してくれた

ぐっちーさんが編集長を務めた金融・経済ブログ「グッチーポスト」より

 ぐっちーさんこと山口正洋氏が9月24日、食道がんで急逝した。享年59。ぐっちーさんは慶応大学卒業後に丸紅勤務を経て米ウォールストリートに転身し、モルガン・スタンレー(MS)やABNアムロなど欧米の金融機関で活躍した。2000年代半ばからは金融ブロガーとしても名を馳せ、2007年にはサブプライム問題の重要性をいち早く説いて注目を集めた。

 その後、“モノ言う投資銀行家”としてメディアでも頭角を現し、2012年の『なぜ日本経済は世界最強と言われるのか』(東邦出版)を皮切りにベストセラーを連発し、M&Aや民事再生など幅広いビジネスを手がけた。

 そんなぐっちーさんに筆者がインタビューしたのは2008年9月。リーマン・ブラザーズの経営破綻を一週間後に控えて市場の緊張が高まったこの時期、まだ露出の少なかったぐっちーさんは90分以上にわたって自らの考えを語った。追悼としてその一部を紹介したい。

 取材テーマは「外資系企業のリストラ」。当時、サブプライム問題で業績が悪化した金融機関のクビ切りが盛んだったからだが、ぐっちーさんは「“外資=リストラ”は間違いだ」と断言して、外資系企業と日本企業のマインドの違いを力説した。

〈日本の会社は雇用を保証する代わりに転勤などを強いるが、外資は『対価は与える、嫌ならやめて結構』というスタンス。中でも米系の会社には移動の自由があり、きちんと仕事をしている限りは次の機会がフェアに保証される。例えばMSからゴールドマンサックス(GS)に移る場合、MSの上司はGSに素晴らしいレコメンデーション(部下の長所などを伝える文章)を渡す。そもそも会社にとって人材は命だから社員教育に多額のコストをかけて優秀な人材を育て、なるべく去られないようにする。俺もMSでは年5000万円かけてスキルアップしたからね。実際にクビを切られるのは末端レベルで、アメリカ企業の中枢社員の在籍年数は結構長いんだ〉(2008年9月のインタビュー時のぐっちーさんの発言、以下〈〉内同)

 生き馬の目を抜くウォールストリートで莫大な金額のディールを扱い、当時ビジネスマンだったトランプ米大統領と直に仕事をした経験を持つ。世界の一流人と人脈を築いたぐっちーさんは、インタビューで「内向きの日本」に警鐘を鳴らした。

〈商社の駐在員は現地の日本人としか付き合わないし、メディアはアメリカ人を取材した日本人から取材している。若い世代にはハングリーさがない。このままじゃ日本は危ない。

 そもそも日本はプレイヤーこそ優秀だけど監督がダメだな。アメリカにはマネジメントのプロがいるけど日本の経営者はプロじゃない。アメリカのトップの自己研鑽はすさまじく、ハードワーク過ぎるから家庭が犠牲になって離婚する奴ばっかだよ。

 彼らは常に行動を株主にウォッチされていている。日本は何かといえば『会社は株主ではなく従業員のもの』と主張するけど、じゃあ末端の従業員が経営をチェックして社長のボーナス額を決めることがある? この点でも日本は遅れているよ〉

 現在にも通じる苦言だが、ぐっちーさんは日本を諦めなかった。リーマン・ショック以降にメディアでの発言が増えると、日本が持つ最大のブランドは「信頼」であると主張し、強い円ときめ細やかなサービスに支えられた日本経済は「世界最強」であると説いた。

 疲弊する地方の再生にも乗り出し、2011年の東日本大震災では「自分の力で稼ぐことが最も大切」との信念とともに被災地支援に乗り出し、岩手県紫波町では補助金を使わず自立できる街づくりをめざす「オガールプロジェクト」に参加して復興のモデルを築いた。

 一介の投資銀行家から、たったひとりで社会を相手に提言を続ける“啓蒙家”となったきっかけは、2005年8月から始めたブログだった。ぐっちーさんは、個人が不特定多数に自分の考えを表明するブログの世界についてこう肯定的に述べた。

〈テレビのコメントのように流れ去る言葉ではなく、文字で書き残すことはとても大切なことだよ。俺がブログを始めたのは、新聞が絶対に書かないことを書いてやろうと思ったから。いまは日経新聞すら情報源がなく書けなくなったから、その分自分がしっかり書く。最初は知人向けだったけど、読者が増えてくると俺が普通に生活をしていたら絶対に会えない人と出会えて、日常では絶対に聞けない話が聞けてすごく勉強になった〉

 フェイクニュースが溢れる世の中でメディアを鵜呑みにすることに警鐘を鳴らし続けたぐっちーさんは、米国発の膨大な経済統計を丹念に原語で読み、全世界に影響を及ぼすアメリカ経済の見通しを毎週欠かさずメルマガで配信した。反骨精神にあふれながらユーモアある語り口で、大好きな広島カープやワインなどのトピックスを交えてしばし脱線するメルマガを愛読し、投資活動だけでなく人生そのものの道標とした読者は多いはずだ。

 病床でも原稿を書き進めていたというぐっちーさんは、人々に何を伝えたかったのだろうか。11年前、ぐっちーさんは自らの将来についてこう語っていた。

〈いま48だけど、金融の世界で滑ったの転んだのするの、もうしんどいぜ。よく『ウォールストリートに戻ってこい』と言われるけど5億円もらってもイヤ(苦笑)。だからこの先はやりたいことをやろうと思っている。これは極めてプライベートな話だけど、下の子供が今年大学受験だから、それが終わったらリスクを取ることができる。

 長く金融の仕事をしていてよくわかったのは、最大の成功要因はタイミングということ。現場をよく見ていると運用や経営のうまい下手ではなく、タイミングで90%決まる。波が来ないのにサーフボードで沖に出ても意味がない。いつ波が来るのかを感知するのは長年の経験としか言えないけど、最悪の時期がチャンスだったりする。

 日本はこれまで放っておいても伸びたけど、これからは大変だな。自分の付加価値を高めていかないと、生きていくことが大変な時代が来るよ〉

 厄介な時代を楽しみながら生きていくためのメソッドを人々に示し続けたぐっちーさん。溢れる情報を鵜呑みにして人生を他人に委ねるのではなく、自分の頭でモノを考えて、自らの手で生きる道を切り開くことのかけがえのなさを彼は教えてくれた。

●取材・文/池田道大(フリーライター)

関連記事(外部サイト)