皇位継承問題で激論 「女系天皇」「ハーフの天皇」はありか

皇位継承問題で激論 「女系天皇」「ハーフの天皇」はありか

日米の論客、小林よしのりとケネス・ルオフが大激論!(撮影/太田真三)

 間もなく、諸外国の代表も招いて天皇陛下が内外に即位を宣言する「即位礼正殿の儀」(10月22日)が行われ、11月中旬には、「大嘗祭」が控えている。こうした儀式が終わった後、ようやく安倍政権では安定的な皇位継承に関する議論が始まるものと見られているが、与党内では男系維持を重視する声が大きく、建設的な議論がなされるのか懸念されている。

 そうした中、25万部突破のベストセラー『天皇論』の小林よしのり氏と、『国民の天皇』で大佛次郎論壇賞を受賞した米オレゴン州ポートランド州立大学のケネス・ルオフ教授が、共著『天皇論「日米激突」』(小学館新書)を上梓した。天皇を巡る2人の激論の行方やいかに──。

 * * *
◆問題を難しくしてしまった

ルオフ:女帝については、小泉政権のときに皇室典範を改正して認められれば良かったんですよね。なぜかというと、いまの時点でその議論をすると、「女帝は是か非か」という一般論ではなく、「次の天皇は愛子さまか悠仁さまか」という個人の話をしているように見えてしまうおそれがあるからです。これは問題の解決を難しくしてしまいますね。

小林:たしかにそうですね。小泉内閣でそれを議論していたときは、まだ悠仁さまが生まれていなかったから。あのときに決めなかったのは、本当に大失敗ですよ。そもそも天皇家も、愛子さまを皇太子にすることを望んでいますしね。

ルオフ:僕もそんな気がします。

小林:それはもう絶対にそうですよ。平成の時代に、当時の天皇と皇太子と秋篠宮で三者会談をしてたから間違いないんです。秋篠宮は、いまの天皇と年齢が近いから自分が次の天皇として即位するのは無理だと言ってますよね。だいたい自分は子どものころから天皇になるつもりなんかなくて、そのための教育も受けてない。だからけっこう自由に振る舞っていたわけで、悠仁さまに祭祀のことなんかを教育することもできないでしょう。それがわかってるから、秋篠宮も愛子さまを皇太子にすることを望んでるんですよ。

 わしのところには、宮中祭祀を担う掌典職の人から「支持してます。頑張ってください」という応援メールが来ましたよ。それによると、祭祀を行うところも女性、女系を認めているそうです。内閣法制局もじつは認めている。竹田恒泰が「本当の敵は内閣法制局だ」と言ってるぐらいだから、男系派もそれはわかってるんです。天皇を支える人たちはみんな女系を認める方向に持っていきたいのに、男系派の言いなりになってる安倍政権が立ちふさがってるんですよね。

◆男系派の心理

ルオフ:男系派のオピニオンリーダーである八木秀次さん(麗澤大学教授)は、『WiLL』2019年8月号で、僕の本を批判していました。そのおかげで僕の本はアマゾンのランキングがずいぶん上がったので少し感謝していますけど(笑)。彼の批判の根本にあるのは、僕が日本の天皇を相対化していることですね。ほかの国の王室と日本の天皇を比較して研究することがおかしいと考えているのでしょう。天皇は日本独自のものだから、世界の中に比べられるものなどない、と。

小林:日本の皇室は唯一無比の存在だから、グローバルな脈絡で相対化するのは間違ってると言いたいわけでしょ。日本の皇室がいちばんすごいんだ、と。でも、そんなこと言うのは赤ちゃんみたいなものですよ(笑)。それぞれの国にそれぞれの歴史があって、それぞれの王室があるんだから。どんな国にも、独自の歴史と独自の尊厳があるんです。

 ここで男系派の心理を説明すると、彼らは日本の保守派は一神教を発見しちゃったんですよ。もともと日本には一神教がないから、常に個が不安定になってしまう。神と自分が一対一の関係を結ぶ一神教のほうが、個は確立しやすいんですね。だから日本人は、どこかで一神教をつくりたいという気持ちがある。それはものすごく心地よいんですよ。何も迷いがなくなっちゃって、思考停止できるから。男系もそれなんですよ。神武天皇から男系だけでずっと続いてきたというのは、彼らが天皇の原理としてついに発見した一神教なんです。つまり、天皇への敬意みたいなものはないんですね。単に男系であることを生物学的に示すY染色体が大事で、それを崇める一神教の原理主義ができあがってしまった。

 しかし本来、原理主義は一神教の社会にしかできないんですよ。イスラム国もそうでしょ。日本には一神教はないから、原理主義は馴染まない。八百万の神がいる日本は、誰でも彼でも神になってしまえる相対主義の社会。それを天照大神という女性神がゆるやか〜にまとめているのが日本の国柄なんです。

ルオフ:最初から女性ですね(笑)。

小林:そうなんです。女性をいちばん上に置いて、ゆるやか〜にまとめてもらうのが日本はいちばんいいの。邪馬台国もいちばん上は卑弥呼でしょ。その卑弥呼が死んだ後に男性が王になったら、内乱が起きてしまったんですよ。だから次はまた壱与(いよ)という女性を王にしたら、国がまとまった。魏志倭人伝にそういう歴史が書かれています。日本はそういう国だから、一神教をつくっちゃダメ。明治の国家神道も失敗だったし、男系という一神教も日本の国柄には合わないんです。

ルオフ:八木さんが僕を批判した記事には、「ケネス・ルオフの本音はハーフの天皇誕生か」というタイトルがつけられていました。僕にはハーフの天皇の何がいけないのかわかりませんが、彼をはじめとする男系派の人たちは、何かを恐れて男系や人種にこだわっているようにも感じます。

◆日本人は純血種という幻想

小林:結局、自分たちの社会に原理がないことに対する焦燥感があるんですよ。時代が変わっていくのが怖いから、何か変わらない原理がほしいという潜在意識が日本人にはあるんです。だから「何でもあり」になるとイライラしてしまう。

ルオフ:なるほど、焦燥感ね。その気持ちは理解できます。賛成はしませんが。

小林:だけど、わしはハーフの天皇にまったく反対しませんよ。一般の日本人だって、ハーフに何の抵抗もないでしょう。そのあたりの意識は、本当に変わりましたよね。ところが男系派の連中は、ハーフの天皇なんて絶対あり得ないことだと思っている。

ルオフ:古い考え方だと思いますね。

*『天皇論「日米激突」』(小学館新書)より一部抜粋

【プロフィール】こばやし・よしのり/1953年福岡県生まれ。漫画家。『東大一直線』でデビュー。1992年スタートの「ゴーマニズム宣言」はまったく新しい社会派漫画、思想漫画として話題になり、『天皇論』(小学館)は25万部突破のベストセラーとなる。近著に頭山満と玄洋社を描いた『大東亜論最終章 朝鮮半島動乱す!』(小学館)がある。

ケネス・ルオフ Kenneth J. Ruoff/1966年米国生まれ。ハーバード大学卒。コロンビア大学で博士号取得。米国における近現代天皇制研究の第一人者。現在、米オレゴン州のポートランド州立大学教授、同日本研究センター所長。『国民の天皇』(岩波現代文庫)で大佛次郎論壇賞受賞。近著に、『天皇と日本人』(朝日新書)、 『Japan’s Imperial House in the Postwar Era, 1945-2019』(ハーバード大学出版局) がある。

関連記事(外部サイト)