ドイツの高速道路を走りながら「あおり運転」問題を考えた

ドイツの高速道路を走りながら「あおり運転」問題を考えた

ドイツの自動車高速道路、アウトバーン

 連日、テレビ報道などでドライブレコーダーの映像が流され、社会問題化している危険な「あおり運転」問題。この秋、ドイツで開催された国際自動車ショーを取材したモータージャーナリストの鈴木ケンイチ氏は、ドイツの道路事情や現地ドライバーの運転マナーを目の当たりにし、日本であおり運転が横行する要因を探った。

 * * *
 9月にドイツのフランクフルトで行われたモーターショーを取材した。例年通り、会場近くのホテルからトラムで取材に出かける日々を送ったのだが、今年はいつもよりも、少し日程を多くとってフランクフルト以外の街にも足を延ばしてみた。

 目的地は2つ。シュツットガルトとニュルブルクリンクだ。シュツットガルトにはメルセデス・ベンツとポルシェのミュージアムがある。そしてニュルブルクリンクには、自動車開発の聖地でもあるニュルブルクリンクサーキットがある。これらを見て回ったのだ。

 もちろん移動はクルマ。3日ほどかけて高速道路であるアウトバーンを500kmほど走り、フランクフルト、シュツットガルト、ニュルブルクリンクの3か所を巡った。

◆追い越し車線は時速200km以上、通常走行レーンも時速140km

 ドイツと日本では交通ルールが違うが、左側通行と右側通行の違いこそあれ、信号への対応は同じであるし、基本的な部分は日本とそれほど変わらない。同じようにアウトバーンも、それほど日本と違うわけではない。

 大きな違いは、ドイツには「最高速度無制限の区間がある」ことだろう。ただし、どこもかしこも高速道路が速度無制限なわけではない。ドイツでも最近では「時速120kmまで」「時速100kmまで」という速度制限区間が増えている。そうしたところでは日本とまったく同じだ。

 ちなみに、速度無制限の区間では、通常の走行レーンは時速130〜140kmで流れている。一番遅いレーンには、トラックやキャンピングカーを曳いたクルマが時速100kmほどで走っている。そして、一番中央に近い追い越しレーンは、時速160km以上で流れており、たまに猛烈な勢いで、おそらく時速200kmを超えるクルマが走り去ってゆく。

 では、そうした速度無制限区間を走るのは、怖かったり難しかったりするのか? 答えはNOだ。流れはスムーズで、速度に慣れてしまえば、怖いことも難しいこともない。なぜなら、走行しているクルマのほとんどがきっちりと基本のルールを守っているからだ。

 基本のルールは簡単で日本と同じだ。

「速いクルマは追い越し車線から抜く」
「遅いクルマは走行車線、もしくは一番端の遅いクルマ用の走行車線を走る」
「追い越し車線で、他のクルマに追いつかれたら、すぐに追い越し車線からどいて速いクルマを先に行かせる」

 というもの。この基本が守られているため、追い越し車線は常に空いている、もしくはいつでも追い越しに使える状態になっている。これが流れをスムーズにする。急いでいるクルマは、どんどん先に行くし、そうでない人はマイペースに走れる。

 そして、ここでカギになるのが、「追い越し車線にいるときに追いつかれたら、すぐにどく」という行為がドイツでは徹底されていた。これが日本とドイツの大きな違いだろう。

 また、制限速度の厳守も特徴的だ。道路工事などで時速80km制限の区間になると、しっかりと速度を落とす。しかし、逆に制限速度が上がれば、その瞬間から猛烈に加速する。制限速度区間から無制限区間へと切り替わり、周りのクルマが一気に加速する様は、なかなかの迫力であるが、メリハリある走りがドイツのアウトバーンの特徴なのだ。

◆日本人目線でいえば、“あおり運転”そのものの光景も

 ただし、日本人からすると眉をひそめるような行為もたびたび目の当たりにした。それは車間距離の短さだ。

 平均速度が高いのに、ドイツ人の車間距離の感覚は日本人よりも、相当に近い。特に、追い越し車線で前走車に追いつくクルマの様子は、日本人からすれば、ほとんど“あおり運転”と思うほど。

 恐るべきスピード差で迫ってくるだけでなく、相当に近くまで車間を詰める。しかも、それが少数派ではなく、過半数のドライバーが、そうした距離感で走っている。そういう意味では、ドイツでは、それが普通の行為なのだろう。

 ちなみに、以前、フランスを走ったときも似た感想を抱いた。追い越し車線を制限速度で走っていても、後ろからくる速いクルマは車間を詰め詰めにして、パッシングもバシバシする。ただし、走行車線をゆずれば、それで終わり。文句は言うけれど、根に持たないというのが欧州風なのだろう。

◆ドイツに比べると日本のドライバーは「ルール無視」

 そうしたドイツのアウトバーンと、日本の高速道路での走りを比較すると、日本は全体にルールが守られていないことを痛感する。

 まず、制限速度が守られていない。指定された速度よりも速い速度で流れているのが普通だったりする。また、工事や雨、きついコーナーの続く区間で、制限速度が低く抑えられているところも、速度を落とさないドライバーが過半数だ。

 もっとも時代やクルマの進化にあわせて、制限速度を変更するという柔軟な道路行政の姿勢がないため、ドライバー的には低すぎる速度に設定されているという背景はあるだろう。とはいえ、制限速度厳守が緩いのは間違いない。

 次に日本で守られていないのが、「追い越しは追い越しレーンを使い、普段は走行レーンを走る」というルールだ。いわゆる「キープレフト」である。

 追い越しレーンを走り続けるのは、道路交通法違反であることを知らない、もしくは無視しているドライバーが多すぎる。その結果、流れ全体の悪化を招いている。こうした部分に、自動車文化の歴史の深みの違うドイツと日本の差を感じるばかりである。道路行政やドライバーの認識という点では、まだまだ日本は欧州に追いついていないのだろう。

 ちなみに、高速道路上で相手のクルマを強制的に停めて殴りかかったり、相手にエアガンを撃つというのは、もはやマナーの次元ではなく、単純な犯罪行為。それらと、日本人ドライバー全体のマナーとあわせて語るのは、それこそ次元の違う話。犯罪者は、どしどし取り締まっていただきたいものだ。

関連記事(外部サイト)