東京モーターショーで初対決 ヴィッツvsフィットの前評判

東京モーターショーで初対決 ヴィッツvsフィットの前評判

ヴィッツの新型は輸出車名のヤリスに(写真は現行ヴィッツ)

 10月24日に開幕する「東京モーターショー2019」(東京ビッグサイト)。大規模なクルマの祭典に合わせて、発売予定の新型車を展示するメーカーは多いが、今回、国産車で注目なのは、これまで激しい販売競争を繰り広げてきたコンパクトカーのトヨタ「ヴィッツ」とホンダ「フィット」が揃って新モデルを発表することだ。果たしてライバル対決の行方はどうなるのか──。自動車ジャーナリストの井元康一郎氏がレポートする。

 * * *
 今年の東京モーターショーは、華と言われる高級車ブランドをはじめ海外メーカーが軒並み参加を取りやめてしまうなど寂しい話題が目に付くが、最初からダメだと決め付けるには及ばない。ほぼドメスティック(国内)ショーと化したことで、国内メーカー同士が激しいバトルを演じる気配が濃厚なのだ。

 そもそも世界の中でも自国メーカーだけでモーターショーを成立させられる国は日本と中国くらいのもの。狭い国土に乗用車メーカー8社、大型車メーカー4社を擁する自動車大国日本ならではの光景を見せてくれることを期待したいところだ。

 ショー前から興味深いものの代表格は、トヨタとホンダによる“因縁の対決”だろう。トヨタ「ヴィッツ」あらため「ヤリス」とホンダ「フィット」という、市場で激烈な販売競争を繰り広げてきたベーシックカー2モデルが、そろって新型に切り替わるのだ。

 ヴィッツの第1世代モデルが登場したのは今から20年前の1999年。それ以前もトヨタは「スターレット」というベーシックカーを長年作っていたが、「旧型の一部を流用するモデルチェンジを繰り返しているうちにかえってコストが上がった」(当時のトヨタ関係者)という。

 そのため、社内で「NBC(ニューベーシックカーの略)」という呼称をつけてクルマづくりをゼロベースで見直すことを決意。フランスのヴァランシエンヌ工場の竣工に合わせ、欧州のシェア5%獲得にチャレンジする新世代商品のトップバッターとしての登場だった。

 欧州では「ヤリス」と命名されたその第1世代ヴィッツ、欧州でトヨタの販売台数を飛躍的に増やしただけでなく、日本でもバカ売れした。排気量1リットル3気筒エンジンの簡素なクルマだったが、欧州人デザイナーが欧州スタジオで欧州ユーザーをメインターゲットに作ったデザインは、コロッとした可愛らしさと引き締まりを両立した洗練されたもので、当時強力なライバルであった日産「マーチ」を沈めた。

 その順風満帆だったヴィッツに急ブレーキをかけたのが、2年後の2001年に突如登場したホンダの第1世代「フィット」だった。フィットはヴィッツと違い、開発時はホンダの中では期待されていなかった。ホンダがこのクラスで成功したのは初代「シティ」だけで、後は何をやっても売れないという状況。フィットの前型にあたる「ロゴ」というベーシックカーも販売は惨憺たるものだった。

 新型車の開発に周囲がとやかく口を出すのはホンダの伝統だが、期待値の低いモデルの場合それがなく、わりと好き勝手にできる。そのことと低開発予算が、思わぬプラスの効果を生んだ。

 デザインはホンダが1990年代に経営危機に陥ったことでお蔵入りになった、欧州市場攻略のための渾身の小型車向けのものを5ドアに修正して再利用。燃料タンクを車体後部ではなく中央に設置して室内を広くするなどさまざまなアイデアを盛り込んだが、それへの口出しもほとんどなかったという。

 そんな経緯で出てきた第1世代フィット。当初は月3000台くらいだろうと踏んでいたホンダの思惑を完全に裏切り、空前のスマッシュヒットとなった。好調だったヴィッツを吹き飛ばしたばかりか、登場翌年にはそれまで33年連続国内販売ナンバーワンであった小型車「カローラ」をその座から引きずり下ろし、年間販売台数トップに立ったのだった。

 以来、この2台は日本における宿命のライバルとなった。トヨタには小型ハイブリッド専用車「アクア(海外名/プリウスc)」があり、それとヴィッツを足せば販売台数ですでにフィットを圧倒しているが、車種数の大幅削減をめざすトヨタはその構図を変えたいと思っている。ハイブリッドカーは高くても許されるという時代が過ぎつつある今、日本以外では販売低調なアクアは、あっても次期型まででリストラ対象だ。

 アクアがなくなっても大丈夫という狙いの次期第4世代モデルはついにヴィッツという名が消え、欧州名と同じ「ヤリス」になる。本記事公開から1週間を経ずに全貌が明らかになる見通しだが、関係者への取材によれば、初代以来と言える欧州コンパクト路線に立ち戻るとのことだ。

 クラスは初代のAセグメントミニカーからBセグメントサブコンパクトに上がっているが、安定性を上げるためボディに対して左右輪の幅を可能な限り大きく取り、張り出したホイールを包むためフェンダーも張り出した形状になるという。

 パワートレインは一新された3気筒ガソリンとハイブリッド。ハイブリッドも長年使ってきた1.5リットル直4と異なる高効率エンジンとの組み合わせになるということで、力の入りぶりがうかがえるところである。

 トヨタとホンダの因縁の対決といえばハイブリッドカー「プリウス」vs「インサイト」があるが、ヴィッツvsフィットの場合、ホンダのほうが受けて立つ側だ。

 現行の第3世代フィットは新機軸のハイブリッドや高効率エンジンという看板を引っさげて鳴り物入りで登場したが、直後に連続5回ものリコールを出すという“オウンゴール”でブランド力を大きく失墜させてしまった。また、デザイナーの功名心的自己表現が散りばめられたデザインも少なからず批判を浴びた。同じ間違いを二度繰り返すわけにはいかない。

 この第4世代フィットの全貌が明らかになるのは、まさに東京モーターショー会場だ。このフィットについての詳細は取材を試みてもほとんど裏情報を聞くことができなかったが、ひとつ聞けたのは動力性能。ホンダは1モーター(フィットなど)、2モーター(インサイトなど)、3モーター(「レジェンド」「NSX」)の3種類のハイブリッドシステムを手がけているが、それを2モーターに一本化すると明言している。

 第4世代フィットに積まれるのも2モーターなのだが、試作車を走らせてみた関係者によれば、「加速力のすごさは異常。インサイトどころじゃない」とのこと。仕様のアウトラインは教えてもらえなかったが、走りの印象を聞いた限りでは、インサイトと同等のものを積んでいるものと推察される。

 インサイトでさえ加速力はかなりのものだったのに、それよりはるかに軽いフィットに同じものを積めば、激速になるのは当たり前だ。そんなものをベーシックカーに積んでコストは大丈夫なのかという疑問はさておき、商品力はかなりのものになるだろう。

 長年、巨人の星の星飛雄馬と花形満のような宿命のライバル関係にあったヴィッツあらためヤリスとフィットだが、同じ年に新型に切り替わるのは実は今回が初めてだ。東京モーターショーの会場では“オレのほうがすごいだろう”という演出対決が見られるだろう。

 そんな新しい楽しみ方も気になる今年の東京モーターショー2019。リーマンショック以降はコストダウンショーぶりだけが目立ち、存続すら危ぶまれている同ショーだが、モーターショー自体が衰退している世界の趨勢の中で新しい存在感を示すことができるかどうか。それを成し遂げるパワーとなり得るのは、タレントなんぞに頼らない本物のエンターテインメント性と、このトヨタvsホンダのようなメーカー間の熱いバトルが生むボルテージだけだろう。果たしてそういうショーになるかどうか、大いに注目である。

関連記事(外部サイト)