前澤友作氏、今後の活動について「話せる範囲で」語る

前澤友作氏、今後の活動について「話せる範囲で」語る

今後は何を目指す?

 現代アートや高級車を買いまくり、月旅行をぶち上げ、人気女優と堂々交際──ZOZO社長を退任した前澤友作氏(43)にプロインタビュアー・吉田豪氏が迫った。前澤氏はネット上で叩かれることが多いが、一体どう考えているのだろうか。

──体感で自分への反応って、アンチが何%ですか?

前澤:そういう話をこの前身内でやったんですよ。そしたら、「7:3ぐらいじゃない?」ってみんな言ってて。7が応援だと思って言ってるのかなと思ったら、「いや7が嫌い、3が好きだと思う」って、それはひどくないですか?(笑)そんなに僕って嫌われているんですかね。

──批判の声とかあまり気にならないタイプ?

前澤:いや、結構気になるんですよ。これでも好かれたいので。なんでこんなに嫌われてるんだ? この人に嫌われてる要素って何なんだろうって。佇まいがムカつくとか、顔が嫌いって言われると、もうどうしようもないですけどね。まあ「お金持ちは嫌だ!」っていう人は一定数いると思いますから。そこも仕方ないですけどね。

──「人間失格」(※)は肯定してましたよね。

【※『週刊文春』9月26日号に掲載された「『2千億円株担保』借金で火の車だったZOZO前澤友作『人間失格』経営」という記事について、ツイッターで「僕の借金は約600億円です」と金額を訂正した上で、「『前澤、人間失格』はまさにその通りでございます」とつぶやいた】

前澤:それはそうですね。そのとおりですよ(笑)。

──それはどのポイントにおいて?

前澤:いやあ、いろんな意味で(笑)。

──過去の女性問題?

前澤:いやいや全部(笑)。でも、人間として何が正しいかなんて、誰もわからなくないですか? 人間だってそれぞれですし、失格と言われれば失格者なんでしょうけど。社会の常識に当てはめて考えれば、たしかに自分の人生は普通じゃないところも多いのも事実。おそらく失格と言われるところは、そりゃいっぱいあるよなとは思います。

──失格な部分をまとめて報じられたら、そうも見えるだろうし。

前澤:そうそうそう。叩けばホコリだらけですからね。でも、ホントにそんな潔白な人間なんているんですかね。まあ僕は、それを認めてそれと向き合って生きていくしかないです。まあでも、人間失格って言われた方が、これからは生きていくのが楽になるかな(笑)。

──最後に、今後のことを話せる範囲で。

前澤:今後は宇宙に行くことだけは決まっていますが、事業は……まだホントに何も決まってないんですよ。ただ人と違うことをやりたいとは思うので、またビックリしてもらえるようなことができたらなと、いろいろと勉強中です。21年間ずっとひとつの仕事をやってきたので、ちょっとだけゆっくりしてみようかなっていう思いもありますが。

 ヤフーの役員会で配られた大真面目な資料に、僕の社長辞任の理由が書かれてあったらしいんですが、「退任理由、月に行きたいから」って書いてあって、それがすごい笑いになったらしいですよ。過去そんな役員会資料はなかったって。で、孫(正義)さんがみなさんに、「彼はロックだから」って補足説明したっていう。

──ダハハハハ! そういう雑な説明(笑)。

前澤:もちろん退任理由がたくさんある中に月に行きたいっていうのがあったのは事実ですが、孫さんもさらに雑に、「彼はロックだからしょうがないんだ」ってフォローして頂き、うれしいです、ホントに(笑)。

【PROFILE】まえざわ・ゆうさく/1975年千葉県生まれ。早稲田実業高校卒業。在学中にバンド結成。活動の傍ら1998年にスタートトゥデイを設立。2004年に「ZOZOTOWN」を開設し、2007年マザーズ、2012年東証1部に上場。2018年にはZOZOに社名を変更。2019年9月に同社社長を退任した。

●聞き手/吉田豪(プロインタビュアー)

※週刊ポスト2019年10月18・25日号

関連記事(外部サイト)