災害時の避難所にホームレス どう対応するのが正解なのか

災害時の避難所にホームレス どう対応するのが正解なのか

台風19号により多くの人々が避難した(AFP=時事)

 先の台風は様々な爪痕を残した。避難所とホームレスの問題もそのひとつ。コラムニストのオバタカズユキ氏が考察した。

 * * *
 台風19号の暴風雨が吹き荒れる10月12日、東京の台東区で自主避難所に避難をしてきたホームレスが門前払いされるという問題が発生した。問題の経緯を、ホームレス支援団体の社団法人あじいるがブログで公開。それをネットメディアが報じると、SNSを中心に拡散され、新聞社など大手マスコミも後追い報道をし、ネット界で大きな話題となった。

 台東区は、自主避難所は区民を対象に開設したもので、同区に住所のないホームレスの人たちは受け入れることができなかったと説明した。だが、ネット上では「だったら、外国人旅行者の避難も受け入れないというのか」などと批判が殺到。新宿区に次いでホームレス人口の多い台東区なのになんたることかと、同区民である私もその無策ぶりに呆れた。

 そして、15日、参議院予算委員会の総括質疑で国民民主党の森ゆうこ議員がこの件について、「人道的に被災者の権利という基本的人権を尊重し、人間らしく避難生活を送ることができる基準がある。どう考えているのか」と問い質し、安倍総理大臣がこう答えた。

「避難所は、災害発生後に被災者の生命身体などを保護するために、被災者が一時的に生活を送るために、設置されたものであり、各避難所では避難したすべての被災者を適切に受け入れることが望ましい。関係自治体に事実関係を確認し、適切に対応していく」(NHK NEWS WEBより)。

 続いて、加藤勝信厚生労働相も閣議後記者会見で、「厚労省としては被害に遭われた方に関しては全ての方を取りこぼすことがないようにしっかり対応していく姿勢で取り組んでいきたい」と述べた(時事ドットコムより)。

 それらお偉いさん方の発言を受けてのことだろう。同日、さっそくというかようやく、台東区長が動いた。区のHPで「この度の台風19号の際に、避難所での路上生活者の方に対する対応が不十分であり、避難できなかった方がおられた事につきましては、大変申し訳ありませんでした」と謝罪した。また、「台東区では今回の事例を真摯に受け止め、庁内において検討組織を立ち上げました。関係機関等とも連携し、災害時に全ての方を援助する方策について検討し、対応を図ってまいります」とも付け加えた。

 さて、台東区はこれから「災害時に全ての方を援助する」とのことだが、そのためにどのような具体的方策をとるのだろうか。検討結果をぜひ公開してもらいたいが、もしも、同様の災害が発生した場合に全ての人を自主避難所で受け入れる、というだけだったとしたら、この問題の根本的な解決方策とはいえない。

 もちろん、相手がどんな人間であろうが、命が危ぶまれる状態から守るよう努めることは、行政の当然の仕事だ。ウーマンラッシュアワー・村本大輔の、〈ホームレスを区が受け入れないのは税金を払ってないからというツイートをみた。おれは高い税金を払ってる。それは税金を払えない人の分も負担させてもらってる。だから社会ってのは税金を払ってない人もいていい場所。税金は払える人が払えばいい。社会は誰であっても1人も見捨ててはいけない〉というツイートがハズっていたが、基本的な考え方はその通り。社会問題の解決役でもある行政は1人も見捨ててはいけない。

 ただし、である。それは必ずしも、誰もが一律にまったく同じ行政サービスを受けられるようにする、ことと同義ではない。基本的人権を尊重するにしても、すべて完全平等にとはいかない場合もあるのである。

 何が言いたいのか。避難所が小学校の体育館だとして、その館内の同じ空間で一般人とホームレスの人たちとを一緒にしてしまったら、高い確率で新たな問題が発生すると思うのだ。たとえば、「あの臭いはなんとかならないのか!」といった文句がきっと出る。下手をしたら「うちの子が熱を出したのは、あの連中の病原菌が感染したからだ!」という苦情だって出かねない。

 台東区の避難所問題について大勢がSNSで盛り上がっていた際も、人権的観点からホームレスも普通に受け入れて当然だとする声が数多くあった一方で、臭いと衛生面から受け入れることはできないとする声も同じくらいたくさん見られた。この件に関しての意見はそれら二方向に分かれていて、人権派と現実派の対立みたいなことになっていた。

 私も現実派の言いたい気持ちがよくわかる。ホームレスにも人権があることに何ら異論はなくても、避難所で彼らの放つ形容のしがたい異臭に耐え続けられる自信がない。たまに電車で隣の車両だけがガラガラだからそちらに移動してみると、他に誰もいない座席にぽつんと一人、ボロをまとった彼が座っていることがある。ちょっと近寄っただけでも臭いがぷんぷん。差別とか蔑視とかそういう次元じゃなく、生理的にたまらなくて自分も別の車両に行ってしまう。

 ホームレスの中には身なりのきちっとした人も少なからずいる。だが、異臭ぷんぷんの人もこれまた少なからずいるのであって、彼らが避難所にやってきた場合は、一般人と同じように受け入れるわけにはいかないだろう。かといって、追い返すのも違う。嵐の中、助けを求める家なき人々を行政が門前払いしてはならない。

 具体的な対応の仕方としては、その避難所にシャワー室があるのなら、石鹸とシャンプーとタオルを渡して全身をきれいに洗ってもらい、着替えも一揃い提供すれば問題はほぼ解決するはず。いや、緊急時にそこまで丁寧に対応する余裕がない、避難所にシャワー設備などないという場合は、「棲み分け」をしてもらうしかない。体育館なら、たとえば付設されている倉庫にホームレスの人たちを案内する。同じ館内で一緒にではなく、物理的に区切られた別部屋に隔離させてもらう。

 それを差別だと批判する人もいるかもしれない。だが、人権を重んじて人皆等しく受け入れた結果、異臭騒ぎでホームレスの人がみんなから問題人物とされるよりか、ずっと人道的だと思う。それよりも問題なのは、受付の段階で別部屋に行ってもらうかの線引きをどうするかであろう。住所のない人を全員そちらに案内する手もあるが、先述したように、ホームレスの中には身なりのきちっとした清潔好きもいる。その人たちを、異臭ぷんぷんの人たちと一緒に狭い別部屋に押し込めるのは、あまりに無神経すぎる。

 これは難しいことだが、完全なマニュアル化はできないので、受付担当者の判断に委ねるしかない。担当者が「この人の臭いはきつすぎる」と思えば別部屋に案内する。そうできるだけの裁量を現場に与える。担当者は役人だから、こういう「あいまいな」仕事には抵抗があるかもしれないけれども、現場っていうのはそういうものだ。

 以上は、災害時のホームレスの緊急避難について、素人が考えた一案にすぎない。担当行政は、ホームレス支援団体などの「専門家」にも相談し、より現場のリアルに即した実践的方策を編み出してほしい。

関連記事(外部サイト)