菅田将暉の両親や昭恵夫人が傾倒する「胎内記憶」メソッド

菅田将暉の両親や昭恵夫人が傾倒する「胎内記憶」メソッド

菅田将暉の両親も池川さんの講演に

「なぜ自分はこんな人生を歩んでいるのか」、「果たして自分が生まれてきた意味はあるのか」、こんな答えの出しにくい疑問に悩む人たちが、こぞって耳を傾ける医師がいる。彼が唱える「メソッド」とは──。

 10月14日、静岡県浜松市のホテルで行われた講演会。台風19号の爪痕が残る中、集まった大勢の聴衆は60代女性が中心で、若いママや妊婦の姿も確認できる。

 彼女たちの視線の先にいるのは池川クリニック院長で産婦人科医の池川明さん(65才)だ。

「子供は生まれる前に母親のお腹にいる時の記憶を持っています。今の科学的な社会は、赤ちゃんには意識も感覚も考える力もないとみなしますが、実は赤ちゃんには意思があり、“こうしたい”という望みがある。そのことに気づくと、それまでとまったく違う出産や育児ができるんです」

 場内には目に涙を浮かべながら聞き入る姿や、一言も聞き漏らすまいと熱心にメモを取る姿があふれる。講演が終了すると会場は温かい拍手で満たされた。

 今、池川さんの提唱する「胎内記憶」が注目を集めている。

 *
《スピリチュアルな事業に助成金を出すことに反対》、《本当に公金で呼ぶことに値するのか》。9月下旬、こんな意見がSNSに流布された。

 批判の対象になったのは、池川さんらが岡山県岡山市で開催した「『胎内記憶×人間関係の人生』〜親を幸せにするために生まれてきた子供たちからのメッセージ〜」という講演会だった。

「この講演会は岡山市の教育推進プロジェクトの支援対象となり、主催団体に4万2000円の助成金が交付されました。地元選出の自民党の逢沢一郎衆院議員がツイッターで『ぜひお出かけください。私も参加します』と呼びかけたこともあり、《“胎内記憶”という科学的な根拠のない講演に公金を支給するのはおかしい》との声がSNSを賑わせました」(地元紙記者)

◆胎児になる前の記憶を持つ子もいる

「胎内記憶」講演への賛否はあるが、池川さんが注目を集めた理由は助成金問題だけではない。安倍晋三首相(65才)夫人の昭恵さん(57才)が傾倒していることでも知られる。

「昭恵さんは2014年に公開されたドキュメンタリー映画『かみさまとのやくそく』の試写会に出席したことをきっかけに交流を持ち始めたそうです。“胎内記憶は子供の持つ素晴らしい能力の1つなんですね”と絶賛。イベントやトークショーで同席することが増えていき、池川さんの名も知れ渡っていきました」(全国紙社会部記者)

 昭恵さんだけではない。最近は著名人の親も講演会に訪れるという。

「菅田将暉さん(26才)の両親も池川さんの講演に来ていました。子育ての相談もしていたそうです。芸能人や企業の社長など子供が有名になったことで“どうして私たちのような普通の家にこんなにすごい子供が生まれてしまったのか”と悩むかたは少なからずいるそうです。木村拓哉さん(46才)のお母さんも池川さんの元を訪れたこともありました」(芸能関係者)

 池川さんが提唱する胎内記憶とは、「母親の胎内にいた時や出産時の記憶」のこと。 欧米では1980年代から胎児や新生児の能力に関する研究が進んだが、日本では一般に波及することはなかった。

 池川さんが胎内記憶に関する調査を本格的に始めたのは約10年前。当初は「胎児に記憶なんてあるわけがない」と失笑されたが、調査を進め、2002年から翌年にかけて長野県諏訪市と塩尻市のすべての公立保育園でアンケートを実施。すると回答した1620件のうち約3割の子供に胎内記憶があることがわかった。そのうち、言葉が話せるようになって間もない2〜4才の子が圧倒的に多かった。

 子供たちの胎内記憶は、「暗くてあたたかかった」「水のなかに浮かんでいた」というぼんやりしたイメージが多かったが、なかには明確な記憶を持つ子供もいた。

 例えば4才の女児は“胎児時代”を思い起こして、「ママが『痛い』って言ったから、かわいそうだと思って動くのをやめたの」と語った。実際に、この女児の母親は妊娠中に胎動が少なかったという。

 さらに調査を進めると、“胎児になる前”の記憶を持つ子が多数報告された。池川さんはこの記憶を「前世の終了時から受精までの『中間生記憶』」と名づけた。

 池川さんの著書『ママのおなかをえらんできたよ。』(二見書房)では、こんな中間生記憶の例が紹介される。

《生まれる前、雲みたいなところにいたのをおぼえている。光があたり、ピンク、緑、白色の混じったボールに乗っている感じだった》

《ぼくね、雲の上にいてね、あー、あそこの家がとってもいいな おにいちゃんたちがいていいな 行きたいな、と思ってたんだよ。だからぼく、ここへきたんだよ》

 池川さんはこれまでの研究を踏まえ、本誌・女性セブンの取材にこう答えた。

「医学的には妊娠10週で皮膚の感覚がいちばん最初に芽生え、その後16週以降、五感が備わってきます。発達が最も遅いのは視覚で、生後8週間経ってからようやく物の色や形の違いがわかるようになります。

 それでも胎児は自分の周りについてしっかり認識しています。私たちの感覚でいう『見る・聞く』ではなく、五感をフル稼働して物事を感じ、脳ではなく細胞一つひとつに記憶しているのでしょう」

 なぜ多くの人が「生まれる前の物語」に共感するのか。最大のポイントは、“子供たちが自ら選んで生まれてきた”ということだという。

「生まれる前の記憶はそれぞれですが、子供たちが語るのは『私はお母さんを選んで生まれてきた』ということです。しかも子供は母親の役に立つために生まれてきたと言うんです」(池川さん)

 池川さんがこの話をすると、多くの母親の態度が一変するという。

「講演に参加するかたの中には子育てに悩んだり、子供を虐待してしまう母親もいます。そんな母親に『子育ては思うようにいかないことも多いけど、みんなあなたを選んで、あなたのために命をかけて生まれてきたんですよ』と伝えると、誰もが表情をサッと変えて『早く家に帰って子供に会いたい』と言います。親子関係や夫婦関係まで好転するケースが多い。

 裏を返せばみなさんが生まれてきたのは母親が“この子を産みたい”と願って産んでくれたということ。つまり誰もが、生まれただけで母親の役に立っている。あなたが生きていることはすでに誰かの役に立っているんです。

 そう思いを凝らすと、いろいろな悩みがあったとしても、“私は生まれてよかったんだ”と自分の人生を肯定できるはずです」(池川さん)

「胎内記憶は非科学的」という批判も少なくないが、池川さんは「今は世界25か国で胎内記憶が報告されている」と説明する。胎内の思い出は生きていくのに役立つのかもしれない。

※女性セブン2019年10月31日号

関連記事(外部サイト)