元刑事が嘆く「ビデオ刑事」の増加と捜査能力の低下とは?

元刑事が嘆く「ビデオ刑事」の増加 容疑者につながる情報より防犯カメラを優先とも

記事まとめ

  • 警視庁の元刑事によると、最近の若い刑事を「ビデオ刑事」と呼ぶことがあるという
  • 容疑者につながる情報より、容疑者が映っているかもしれない防犯カメラを探すからとか
  • 元刑事は「捜査能力はどんどん落ちる」と嘆くが、カメラなしに捜査は成り立たないとも

元刑事が嘆く「ビデオ刑事」の増加と捜査能力の低下とは?

元刑事が嘆く「ビデオ刑事」の増加と捜査能力の低下とは?

今や事件捜査の主役は防犯カメラ?

 警察や軍関係の内部事情に詳しい人物、通称・ブラックテリア氏が、関係者の証言から得た警官の日常や刑事の捜査活動などにおける驚くべき真実を明かすシリーズ。今回は、昨今の防犯カメラによる捜査の実情をレポートする。

 * * *
「最近の若い刑事を、なんて呼ぶか知ってるかい?」

 今年ももうすぐハロウィーン。昨年は渋谷で若者が軽トラックを横転させ、その上にのぼって裸で踊ったり、トラックを損壊させるという事件が起きていた。その時、使われた捜査手法である“リレー方式”について話を聞いていると、警視庁の元刑事がそう問いかけてきた。

 リレー方式とは、現場の映像から容疑者の外見を特定し、周辺の防犯カメラや監視カメラなどの映像をつなぎ合わせ、容疑者の移動方向をたどり、居場所を突き止める手法である。渋谷の事件ではこの手法で4人が逮捕された。今年4月、お茶の水女子大付属中の秋篠宮家悠仁さまの机に刃物が置かれていた事件でも、このリレー方式が用いられ犯人がスピード逮捕されている。今や捜査に欠かせないのが、このリレー方式だ。

 突然そう聞かれても、ピンとくるものがなかった。刑事のあだ名といえば、“マムシの○○”“すっぽんの××”“仏の△△”“落としの□□”などが相場だが、最近の若い刑事に当てはまりそうなものはない。刑事ドラマでは役柄に合わせてニックネームがつけられることもあるが、現場ではほとんど聞かない。

「わかりませんね」と首を傾げると、元刑事は鼻にシワを寄せ、皮肉たっぷりの声でこう言った。

「ビデオ刑事(デカ)って言うんだよ」

「俺たちの時代は事件が起きると、不信人物や車両などを見なかったか、変な音を聞かなかったなどを近所に聞いて回る地取り捜査が基本だった。今は目撃情報を聞いて回るより、まずは防犯カメラを探して回る」

 容疑者につながる情報よりも、容疑者が映っているかもしれない防犯カメラを探して回ることから、彼らをビデオ刑事と呼んでいるという。

「ビデオ刑事は現場周辺に防犯カメラが見つからないと、聞き込みもせずに戻ってくるんだ。『情報を集めてこい!』とハッパをかけても、『映像がなければ証拠にもならないから、聞いて回っても無駄ですよ』と、尻を動かそうともしない。刑事の捜査能力はどんどん落ちるばかりだ」

 映像と映像をつなげるために聞き込みを行っている感じすらあると元刑事は嘆くが、その一方で防犯カメラなしに現在の捜査は成り立たないのも事実だ。

 全国ではおそよ300万台以上の防犯カメラが稼働しているといわれているが、2018年3月時点で、警察が犯罪が多い地域を中心に設置し管理している街頭防犯カメラは29都道府県1820台。以外と少ないのだが、これでも10年前と比べると5倍に増えている。そのきっかけとなったのは2002年2月、新宿区歌舞伎町周辺に取り付けられた50台の防犯カメラだといわれている。

 当時、歌舞伎町では暴力団と中国人マフィアが勢力争いを繰り広げていた。そしてこの年の9月、住吉会系の組員2人が中国人マフィアに射殺されるという“パリジェン発砲事件”が起きる。場所は歌舞伎町の風林会館の1階にある「純喫茶パリジェンヌ」。店は今も同じ場所にあるが、ひとまわり小さくなり内装も様変わりしている。

「被害者2人はすぐに暴力団幹部らと判明。しかし問題は加害者が誰かだった。目撃情報を探すと、加害者はアジア系男性とわかったが、それが日本人なのか在日なのか、外国人なのかわからなかった」

 元刑事らは周辺の店や目撃者から情報を集めた。場所は歌舞伎町のど真ん中だ。

「事件当日の朝、新宿のスナックで彼らはカラオケをめぐってトラブルになった。だがその場では決着がつかず、夕方、パリジェンヌで話し合いの場を持つことになったが、それも決裂。まあ、当時の歌舞伎町の状況を考えれば、当事者同士だけで話し合うなんて無茶でね。勢いづいていた中国人マフィアが暴力団幹部らをハジいたっていうのがいきさつだった」

 事件の概要がわかれば、それを裏付け作業が始まる。すると入手していた情報を裏付ける映像があちこちの監視カメラや防犯カメラから、次々と上がってきたという。

「いさかいが起きたスナックを出た後、暴力団幹部らがどの道を通って移動したか。中国人マフィアらがどこの角を曲がって、どの店に入ったのか。誰と一緒に移動したのか。どのように移動して風林会館まで来たか。そして中国人マフィアがどこを通って、どの方面へと逃げたのか。設置された多くのカメラがその姿を捉えていた。カメラ映像は証拠につながる重要な捜査ツールだと認識を新たにしたよ」

 ところが、そうした科学的捜査手法が進んでいくにつれ、捜査員の捜査能力が落ちてきていると元刑事は嘆いた。

「昔は足で探した情報を裏付けするのにカメラ映像が使われたが、今はその逆。これで捜査の勘を磨いたりできるのかと思うんだがね」

 靴底を減らし、履きつぶすまで歩いて捜査するというのは、もはや刑事ドラマの中でしか見られないのかもしれない。

関連記事(外部サイト)