スバル新レヴォーグ発表間近 東京モーターショーとの深い縁

スバル新レヴォーグ発表間近 東京モーターショーとの深い縁

東京モーターショーで世界初公開される新型「レヴォーグ」

 東京モーターショーの開催に合わせて新型車を大々的にお披露目する国内メーカーは多いが、10月25日から一般公開される今年の東京モーターショーで注目されている1台が、スバルの新型「レヴォーグ」だ。2014年のデビューも前年のモーターショーで華々しく発表した同車。モータージャーナリストの鈴木ケンイチ氏が、レヴォーグと過去の東京モーターショーとの関係を振り返る。

 * * *
 開幕直前の2019年の東京モーターショーで注目の1台となるのが、スバルの新型レヴォーグです。

 スバルは「2014年に誕生したレヴォーグの第2世代モデルを世界初公開します」とアナウンスしており、専用のウェブサイトまで用意しています。また、そもそもレヴォーグは、2013年の東京モーターショーでプロトタイプが世界初披露されたように、ある意味、非常に東京モーターショーと縁の深いモデルであると言えるでしょう。

◆予想外の驚きのデビュー

 レヴォーグのデビューは、2013年の東京モーターショーでした。コンセプトは「革新スポーツツアラー」。スポーティな走りと、長距離を走るツーリング性能を備えた4輪駆動のステーションワゴンです。

 強力なターボ・エンジンを搭載しており、デザインも精悍そのもの。しかも、サイズは2009年に発売された当時の最新「レガシィ」よりも小ぶりとなっていました。

 実のところ、当時のレガシィはアメリカ市場向けの側面が強くなっており、サイズアップされて安全性が強調されていました。そのため、かつての速くて格好い良い「レガシィ・ツーリングワゴン」のファンの一部からは、不満の声も漏れ聞こえるような状況だったのです。

 そこで登場したのがレヴォーグです。レガシィが大きくなってキャラクターが変わったのならば、ファンに応える新しいモデルを用意する。レガシィというビッグネームではなく、新しいレヴォーグという名前で勝負する。そうしたスバルの大胆な手法には、「そうか! そんな手があったのか」と、非常に驚かされました。

◆デビューの4年も前から予告があった

 ところが冷静になって振り返れば、「レヴォーグ」の登場には伏線がありました。それはデビューの4年も前となる2009年の東京モーターショーです。そこで、スバルは2リッター・ターボ・エンジンを搭載する「スバル・ハイブリッド・ツアラー・コンセプト」を発表します。

 ただし、流麗なステーションワゴン・スタイルでありましたが、ドアはガルウイング。現実感のないデザインでした。また、名称の通りにハイブリッドが前面に打ち出されており、後のレヴォーグに続く「日本にあったジャストサイズ」という部分があまり意識されませんでした。

 さらに、2009年5月には量産型の最新レガシィが登場したばかりということもあり、「スバル・ハイブリッド・ツアラー・コンセプト」を見ても、「次のレガシィは、もしかすると小さいのかもしれない」という程度のことしか予想できませんでした。

「次のレガシィは小さいかもしれない」という思い込みは、次の2011年の東京モーターショーまで続きます。

 この年、スバルは「スバル・アドバンスド・ツアラー・コンセプト」を発表します。コンセプトは「革新スポーツツアラー」です。1.6リッター・ターボ・エンジンとハイブリッドを搭載する、小ぶりなステーションワゴンで、ハイブリッドを除けば、まさにレヴォーグそのものと言っていい内容でした。

 しかし、このコンセプトがレガシィではない別のクルマになるとは、まったく予想できなかったのです。さらに、2011年はトヨタ「86」のスバル版である「BRZ」も発表されており、メディアの雰囲気としてはそちらに注目が集まっており、「スバル・アドバンスド・ツアラー・コンセプト」の意味するところを、それほど深く考えていなかったというのも正直なところです。

 過去の東京モーターショーを振り返ってみれば、スバルはレヴォーグのデビューする4年も前から、2リッター・クラスのステーションワゴンを模索していたことが分かります。そういう意味で、今年に発表される第2世代のレヴォーグの内容も、過去の東京モーターショーにヒントがあるかもしれません。過去のコンセプトカーを振り返りつつ、次世代のレヴォーグを楽しみに待ちましょう。

関連記事(外部サイト)