即位礼の舞台「皇居・宮殿」の秘密 慣習を破り画期的建築に

即位礼の舞台「皇居・宮殿」の秘密 慣習を破り画期的建築に

平成の「即位礼正殿の儀」の時の、皇居・正殿前の中庭の様子。古装束姿の宮内庁職員らの奥に見えるのが白梅の木。(1990年11月12日、共同通信社)

 10月22日から31日まで、天皇陛下が即位を広く国内外に宣言される一連の儀式「即位の礼」が挙行される。その中でも、最も重要な儀式にあたるのが、22日13時から行われる「即位礼正殿(せいでん)の儀」だ。

 即位礼正殿の儀は、皇居・宮殿の正殿「松の間」にて行われる。松の間は宮殿で最も格式の高い部屋で、今年5月1日、第126代天皇に即位された天皇陛下が皇位とともに伝わる「三種の神器」を受け継がれた「剣璽等承継(けんじとうしょうけい)の儀」も、この松の間で執り行われた。即位礼正殿の儀では、松の間に置かれた天皇の玉座である「高御座(たかみくら)」に天皇陛下が昇られて、即位を宣明される。

 その松の間の前に広がるのが、広さ1450坪以上の「中庭(ちゅうてい)」である。中庭には、三重県の熊野古道に面する七里御浜産の白那智の美しい玉石が約860トンも敷き詰められ、儀式中は、古装束に身を包んだ宮内庁職員らが整然と並び、色とりどりの伝統的なのぼり旗が林立。まるで古代の日本にタイムスリップしたかのような、歴史を感じる荘厳な景観が広がる。

 そんな中庭に彩りを与えるのが、2本の木の存在だ。

「中庭の北東の隅には紅梅の古木、南西の隅には白梅の古木が植えられています。その2本の梅の移植には、“柔軟な発想で新しい宮殿を作りたい”という設計者の願いが込められているように思います」

 そう語るのは、文筆家で歴史探訪家の竹内正浩さんだ。竹内さんは、話題の新著『最後の秘境 皇居の歩き方』の中で、知られざる皇居の内部を詳しく紹介している。竹内さんが続ける。

「現在の宮殿は、昭和43年(1968年)に完成しました。当時、宮殿造営のプロデューサーとして活躍した人物が、宮内官僚で、臨時皇居造営部長を務めた高尾亮一氏です。高尾氏は、新しい時代の、親愛の持てる皇室の在り方に合わせた宮殿ができるよう、宮殿建築における“過去の慣習”を緩和していきました。

 例えば中国から伝わり、明治宮殿(空襲で昭和20年に焼失)にいたるまで固く守られてきた『天子南面』の原則です。天皇は北を背にし、南を向いて座を占めるというという原則ですが、高尾氏は“建物の配置計画を変更してまで固執することはない”と考え、昭和天皇をはじめとした関係者に了解を求めて、その原則を解除してもらい、東を向いた新しい宮殿を建てました。実は、現在の宮殿は、長く様式として守られてきた原則を初めて破った、画期的な宮殿と言えるのです。

 そうした創意工夫により、大人数を招いて開かれる歓迎行事や、戦後に始まった国民の一般参賀行事にも対応した、新時代の皇室に相応しい宮殿が完成しました」

 人の動線に配慮するなどの合理性を重んじ、古い習慣にはとらわれすぎない。そうした高尾氏の意識が、中庭に植えられた紅梅と白梅にも見受けられると竹内さんは続ける。

「2本の木が、一対になって植えられる構図は、京都御所の紫宸殿にある『左近の桜、右近の橘』になぞらえたものです。高尾氏は著書『宮殿をつくる』の中で、《左近の桜や右近の橘は典雅な宮廷伝統だが、一面長い歳月の経過によるマナリズム(注:マンネリズム)がまとわりついている。宮殿そのものが新しい発想によっているのだから、これもこの際考え直していいのではないか》と記しています。そうした考えで、あえて桜と橘ではなく、紅梅と白梅を植えたのです」

 儀式当日の中継では国内外の要人が見守るなか、松の間で宣明される天皇陛下とともに、白那智の玉石が敷き詰められた中庭の紅梅と白梅も映るだろう。それらが、国民とともに歩む、親しみのある皇室を象徴する意味合いが込められたものだったと知ることで、新天皇の即位の慶びも、さらに深く感じられるのではないだろうか。

関連記事(外部サイト)