定期テストを廃止した公立中、生徒からは復活を求める声も

定期テストを廃止した公立中、生徒からは復活を求める声も

生徒総会で壇上に立つ世田谷区立桜丘中学校の西郷校長(10月17日)

 昨年の生徒総会で「定期テストの廃止」が決定、本年度から実施して全国から注目を浴びている東京都世田谷区立桜丘中学校。取材班は本年度の生徒総会に潜入した。そこで飛び出したのは、まさかの「“定期テストの廃止”の廃止」だった――。

 桜丘中学校は、校則もなく、服装も髪の色もメイクも自由、スマホの持ち込みもOK。おまけに成績は区内トップクラスといい、公立中学校ながらさまざまな改革に取り組み、「越境してでも行きたい」と注目を集める。実際、今年度の新入生の半数近くが他の学区域からの越境組や転校生というから驚きだ。

 先日放送された、教育評論家の尾木ママこと尾木直樹さんが司会を務める『ウワサの保護者会』(NHK・Eテレ/2019年9月28日放送)では、「校長先生 中学校を変える!」のタイトルで同校の西郷孝彦校長(65)が10年かけて取り組んできた、子ども中心の学校づくりを取り上げたばかり。校長室に生徒が集い、ギター片手に歌ったり笑ったりする様子や、職員室前の廊下で勉強をしたりパソコンをしたりして1日を過ごす生徒らを紹介。多様性を認める校風は大きな反響を呼んだ。

 桜丘中学校での名物のひとつは、全校生徒545人が出席して行われる生徒総会だ。「定期テストの廃止」も、昨年の生徒総会で満場一致で可決された。学校運営に関する要望があれば、だれでも自由にステージに上り、意見を述べられる。それを全校生徒で議論するというスタイルで、昨年はほかにも「体育館の冷房化」「校庭の芝生化」なども可決された。

 10月17日に行われた今年度の生徒総会では、冒頭に西郷校長が生徒にこう語りかけた。

「生徒総会で決まったことは、学校として尊重します。法律に触れることや命に関わること以外なら、先生たち全員でみんなの希望を実現できるように努力します」

 この日は学校公開日と重なったこともあり、外部からの見学者も多く訪れていたが、校長のこうした言葉に、小さなどよめきが上がった。そして、
西郷校長はこう続けた。

「ただし、なんでも人に頼めばいいというものではありません。“こうしてほしい”ではなく、“こういうことをやりたいのでやらせてください”という意見が出るといいな」

◆「受験勉強との両立が難しい。3年生は定期テストを」

 こうしてスタートした生徒総会。真っ先にステージに上がった生徒が発した議案が、まさかの「定期テストの復活」だった。

「積み重ねテストでは日常的に勉強を続けなくてはいけないので、受験勉強との両立が難しくなる。3年生は定期テスト制に戻してほしい。あらためてアンケートを取るのはどうでしょうか」(2年女子)

「高校に入って急に定期テストをするということが不安。だから、定期テストをやってほしい」(1年女子)
 
 積み重ねテストとは、100点満点の定期テストの代わりに、10点満点の小テストを10回、ないし20点×5回に分けて行うというもの。「ミルフィーユテスト」というかわいらしい愛称がつけられ、週3日程度(1日1単元)、始業前の20分間で実施している。

 芳しい点数がとれなくても、後日、敗者復活の「チャレンジ・テスト」も用意されており、通知表の成績には良いほうの点数が反映される仕組みだ。

 実は、生徒総会で定期テスト廃止が決まる前から、西郷校長は定期テストの弊害を感じていた。

「100点満点のテストで高得点をとるためには、中間考査なら5教科、期末考査なら9教科の準備を行わなければなりません。部活や塾を抱えている現代の子どもにとって、これは大きな負担です。

 しかも定期テストは成績に直結するため、高校進学といった将来にも関わってくる。保護者から過度な期待をかけられ、追い込まれて不安定になる生徒や、学校に来られなくなる生徒もいました。ある意味、昨年の生徒総会での定期テストの廃止議決は、渡りに船でもありました」(西郷校長)

 積み重ねテストは単元ごとに勉強できるので、「高得点を取りやすくなった」(3年男子)と、おおむね歓迎する声が多い。だが、「テストは簡単だけど、毎週3回あるから勉強量が多い」(別の3年男子)という声もある。実は、これこそが西郷校長の狙いでもある。

「まるで競馬の予想屋のように、定期テストの予想問題を作成する塾が学区内だけで3つもあります。そこで問題を入手すれば、7割はとれてしまう。これでは本当の学力はつきません。また、定期テストの直前だけ丸暗記して、終わったらすっかり忘れてしまうという悪循環のため、本当の学力が身につきにくいという問題もありました。

 一方の積み重ねテストは、実は日頃からコンスタントに勉強をし続ける必要があるため、学力だけでなく勉強する習慣も身につきます。また、学んだことをすぐにテストで確認できるので、学習定着率も上がります」(西郷校長)
 
 実際、積み重ねテストを導入した後、学校全体の学力は顕著に上がっている。「間違いなく世田谷区でトップクラス」と西郷校長は胸を張る。

◆生徒たちが「自分でものを考え、行動する習慣を」

 ところがである。定期テストの廃止から1年も経たないというのに、生徒から「定期テスト復活」の声。実は昨年総会後に、「私は定期テストのほうがいいのに…」と、西郷校長に不平を言いに来た生徒がいた。反対意見があるのなら、それをその場で主張すべきだったと生徒に西郷校長は説いた。声を上げないと同意したとみなされることは、社会に出ても同じ。それを学んでほしいからだ。

 ただし、昨年と違って今年の生徒総会では、発案者以外からは意見は上がらず、議論にならないまま持ち越しとなった。「今年はまるでしゃんしゃん総会」と西郷校長は残念そうだ。

 だが、全校生徒で決めたことに真っ向から反対する意見をステージ上で述べるだけでも、相当な勇気と行動力があるといえる。全校生徒を敵に回す可能性もあり、ほかの学校なら「生意気だ」と言われかねないだろう。

 ここ桜丘中学校の生徒総会の重みは、他校のそれと異なる。実際、総会で決まったことが、学校を大きく変えてきた歴史がある。
 
 2013年の総会では、「この日だけは私服で学校に登校する」という「カジュアル・デー」を生徒会が提案し、議決された。これがひとつのきっかけとなって、桜丘中学校では、普段でも私服での登校が許されるようになった。この試みは広がり、2019年春より世田谷区内の中学校すべてで「カジュアル・デー」を設けている。

 西郷校長が期待しているのは、生徒自身の手で、学校をよりよくしていくこと。おかしいと思ったら、意見を口に出す。反対意見が出たら、正々堂々と意見を闘わせる。西郷校長が校則のない学校を作ったのは、「自分でものを考え、行動する習慣」をここで身につけ、社会で実践できる人間になってほしいからだ。

「先日、卒業生が来てこんな話をしてくれました。彼はいま現役の高校生ですが、その高校におかしな校則が多数あって、それを変えたい思っているのだそうです。桜丘中学校では、生徒の提案に対し、“じゃあ具体的にどうするといいと思う?”と教員から返ってきた。でもその高校では、“気持ちはわかるよ。でも現実的には難しいの、わかるよね?”と、結局は教員が否定するそうです。でも彼は、“いつか中学校の先生になって、今度は自分が、生徒の希望を叶えるサポートをしたい”と話していました。うれしかったですね。彼は自分なりの“世界を変える方法”を見つけたわけですから」(西郷校長)
 
 定期テストか小テストか、桜丘中学校の試行錯誤は続く。が、それは生徒らが“自分たちでものを考えている”という証拠でもあるのだ。

◆西郷孝彦(さいごう・たかひこ):
1954年横浜生まれ。上智大学理工学部を卒業後、1979年より都立の養護学校(現:特別支援学校)をはじめ、大田区や品川区、世田谷区で数学と理科の教員、教頭を歴任。2010年、世田谷区立桜丘中学校長に就任し、生徒の発達特性に応じたインクルーシブ教育を取り入れ、校則や定期テスト等の廃止、個性を伸ばす教育を推進している。11月11日に著書『校則なくした中学校 たったひとつの校長ルール』が発売予定。

撮影/浅野剛

関連記事(外部サイト)