皇居の秘密 「宮中三殿の御神体」のための地下防空壕が存在

皇居の秘密 「宮中三殿の御神体」のための地下防空壕が存在

「即位礼当日賢所大前の儀」に臨まれた天皇陛下(宮内庁提供)

 10月22日午前、即位礼正殿の儀に先立ち、天皇皇后両陛下は、皇居の中心部から南西の森深い場所にある「宮中三殿」にて、「賢所大前(かしこどころおおまえ)の儀」と「皇霊殿神殿(こうれいでんしんでん)に奉告の儀」に臨まれた。宮中三殿に祀られている歴代天皇や皇族方の皇霊や、八百万の神々へ、即位の奉告をする儀式だ。

 宮中三殿は、皇室方が国家と国民の安寧を祈る宮中祭祀の中心地だ。独自資料や古地図などをもとに、皇居の秘密に迫った新著『最後の秘境 皇居の歩き方』の著者で、歴史探訪家の竹内正浩さんが、竣工当時から現在における宮中三殿の様子について語る。

「宮中三殿は、皇居の中の建造物の中でも、その歴史は古い。宮城(現在の皇居)の造営を控えた明治17年(1884年)5月に基礎工事が始まり、明治19年11月に竣工。明治天皇の宮城移転翌日である明治22年1月12日に遷座しました。

 銅瓦葺入母屋檜素木造(どうがわらぶきいりもやひのきしらきづくり)といわれる宮中三殿の建坪は合計97坪余り。賢所、皇霊殿、神殿の三殿のほかにも、西側には新嘗祭のみに使用する神嘉殿(しんかでん)があり、その前庭では元旦の四方拝と年末の大祓の祭祀が行われます。その他にも、御召替えの支度を調える綾綺殿(りょうきでん)などの施設が建ち並びます」

 まさに皇室祭祀の聖地ともいえる宮中三殿。明治宮殿が焼失した太平洋戦争末期の空襲の中でも、「この場所だけは何としても護らねばならない」と決死の防空対策がなされていたため、現在でも明治の姿をとどめているというから驚きである。

 太平洋戦争時の米軍による容赦ない空襲により、皇居にも数多の焼夷弾が落とされ、威容を誇った明治宮殿が焼失し、消火活動にあたった職員などから多くの殉職者が出た。ただ、宮中三殿に祀られている御神体は絶対に護らねばならない。そこで、太平洋戦争勃発翌年の昭和17年には、宮中三殿の御神体を護る防空施設が完成していたという。

「昭和17年6月には、賢所、皇霊殿、神殿のための地下防空施設である御斎庫(おさいこ)が竣工しています。およそ24平米の地下室で、その上には盛土が施されました。

 サイパン島陥落後の昭和19年11月から昭和20年8月30日まで宮中三殿の御神体が御動座されていました。宮中三殿から御神体が“疎開”していたのです」

 入念なる対策により、からくも戦火を逃れた宮中三殿の御神体と本殿は終戦後、深く傷ついた国民の平和と安寧を祈る役割に戻ることができた。平成から令和の御代となり5か月が経つが、その間にも、さまざまな天災、人災が国民に試練を与え続けている。静寂に包まれた“祈りの場”としての宮中三殿は、皇族方にとって、重要な場所だ。

遠い雲の上の存在である皇室だが、22日に行われた儀式は、その意味を知り、その一挙手一投足を見守ることで、天皇皇后両陛下が日々、国民の心の奥深くに寄り添っているのだと強く感じることができる好機なのかもしれない。

関連記事(外部サイト)