山口組関係者 全員が「分裂後は取り締まりが厳しい」と回答

山口組関係者 全員が「分裂後は取り締まりが厳しい」と回答

山口組分裂で警察の動きにどう変化?

 山口組分裂から早1年、当事者たちはこの事態をどうとらえているのか。暴力団取材のエキスパートであるライター・鈴木智彦氏が、現役ヤクザ100人にアンケートを実施した。対象の約半数にあたる47人が山口組関係者。内訳は六代目山口組が31人、神戸山口組が16人となったが、同氏の人脈を反映したもので特別理由はない。アンケートは100人すべてに直接電話して回答をもらった。アンケート結果を紹介しよう。

Q:山口組の分裂抗争以後、警察の取り締まりは厳しくなりましたか?
 はい…67人
 いいえ…9人
 どちらともいえない…22人
 ノーコメント…2人

 分裂抗争以降、警察の取り締まりが厳しくなったとすれば、それも影響のひとつである。

 山口組関係者は全員「はい」だった。山口組にとっての見せ場は、警察の力を世間にアピールする絶好の機会なのだ。

「どちらともいえない」と返答したヤクザにも警察に対する不信感は根強い。

「山口組が分裂しなくても取り締まりは年々厳しくなっている。法律はそのままでも解釈を変えて起訴し、有罪になってしまうので打つ手がない」(西日本独立団体幹部)

 ノーコメントの2人は、当方から見ても業界の変わり者で、1人は「ヤクザは悪いことはしないのでノーコメント」、もう1人は「そう思えばそうだし、思わなければいいだけ」と禅問答チックな回答だ。

※週刊ポスト2016年9月16・23日号

関連記事(外部サイト)