火葬場数の減少で深刻な不足を懸念 一時的に亡骸を預かる『遺体ホテル』が人気

記事まとめ

  • 火葬場の減少が懸念されており、2025年には深刻な火葬場不足になる可能性があるという
  • そこで、一時的に亡骸を預かる『遺体ホテル』という新ビジネスが登場している
  • 火葬場が、首都圏では1週間待ちの場合もあり、問合せも増えていると経営者は話す

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております