共産党員「野党統一候補でこんなに手応えある選挙は初めて」

共産党員「野党統一候補でこんなに手応えある選挙は初めて」

日本共産党のHP

「共産党改選倍増」──しんぶん赤旗には、そんな見出しが躍った。他の野党との選挙協力により、参院選で勢いづいた共産党。「野党統一候補」戦略を続けようとする同党の狙いとは……。ジャーナリストの武冨薫氏がレポートする。

 * * *
〈軒を借りて母屋を乗っ取る〉。

 日本共産党は7月の参院選でそんな選挙戦略に踏み出した。参院選の投開票日、東京・代々木の共産党本部ではそう思わせる光景が見られた。

 この日、同党の獲得議席は選挙区1、比例代表5の合計6議席(改選3議席)だったが、開票本部のボードには32人の野党統一候補の名前が張り出され、当確が出るたびに幹部たちが民進党公認や無所属の候補たち11人の名前にバラをつけて拍手が沸いたからだ。当選のバラの数は共産党本来の当選者の3倍近い17人にのぼった。

「最初のチャレンジとしては大きな成功と言っていいのではないか。第二、第三の段階に発展させていきたい」

 志位和夫・委員長は次の総選挙でも野党協力路線を続ける姿勢を強くにじませたのである。

 結党以来、他の野党とは手を組まない独自路線を取ってきた共産党が大きな戦略転換に舵を切ったのは昨年9月。志位委員長が党中央委員会で安保法制を廃止するために他の野党と連携する「国民連合政府」構想を打ち出したことだ。

 野党第一党の民進党(当時は民主党)は「共産党と連立は組めない」と呼び掛けを拒否したものの、共産党は積極的に野党取り込みをはかった。

 まず今年4月の衆院北海道5区補選で独自候補擁立を見送って野党統一候補を支援。落選したものの、「楽勝」とみられていた自民党候補をギリギリまで追い上げた。原動力になったのは共産党の組織力だった。

 そうやって「票の力」を見せておいて、7月の参院選では本格的な野党協力を呼び掛けた。

 共産党はこれまで、国政選挙ではほとんどの選挙区に独自の公認候補を立て、選挙区で落選しても比例票を上積みさせる戦略を貫いてきた。

 その方針を大転換し、32の1人区のうち香川選挙区以外の独自候補を下ろして統一候補に票を回したのだ(香川は共産党候補が野党統一候補となった)。民進党など野党は呼び掛けに応じ、その結果、11人が当選した。

 だが、他の野党の候補に“タダ”で票を回したわけではない。共産党は選挙協力を、自民党に批判的な無党派層への食い込みに巧みに活用したのである。

 民進党候補と自民党候補の事実上の一騎打ちとなった東北の1人区の共産党員はその効果を興奮気味に語った。

「独自候補を立てた以前の選挙の時は、有権者にビラを渡そうとしてもほとんど受け取ってもらえなかった。

 それが今回は野党統一候補という看板だったからどんどん受け取ってくれた。こんなに手応えがある選挙は初めてでした」

※SAPIO2016年10月号

関連記事(外部サイト)