進次郎氏の資産公開で判明 滝クリ2.9億円資産に官邸が冷や汗

進次郎氏の資産公開で判明 滝クリ2.9億円資産に官邸が冷や汗

公開された進次郎氏本人の資産は「ゼロ円」だったが…(時事通信フォト)

 10月25日、9月に発足した第4次安倍再改造内閣の新閣僚らの保有資産が公開された。資料は就任・退任した大臣・副大臣・政務官130人分、A4判700ページ以上にわたる膨大なものであり、就任した大臣らの全員のデータは26日の新聞各紙朝刊で集計されて報じられる見込みだが、中でも注目されたのが、男性閣僚としては戦後最年少の38歳で就任した小泉進次郎環境相(38)だ。

 手元の資料によると、公開された進次郎氏の資産情報は、非常にシンプルなものだった。

【小泉進次郎】
・土地 該当なし
・建物 該当なし
・預貯金 0万円
・有価証券 0万円
・貸付金 0万円
・借入金 0万円
・ゴルフ会員権 該当なし
・自動車等 該当なし
・書画骨とうその他の美術工芸品 該当なし

 もちろん「資産ゼロ」なのではない。この資産公開は普通預金や当座預金は対象外となっているから、普通預金口座にいくらあるかはわからないのだ。ちなみに進次郎氏は、2018年4月に発表された衆議院議員の資産公開でも同じく「資産ゼロ」として報告していた。

 今回、1年半前と違ったのは、8月に結婚して「配偶者」となった滝川クリステル氏(42)の資産も公開されたことだ。土地や建物、預貯金などは進次郎氏と同じく「該当なし」だったが、有価証券の欄には数字の記載があり、内訳として以下のように記されていた。

【小泉クリステル】
・有価証券
 国債 1億5000万円
 公社債 1399万円
 証券投資信託及び貸付信託等 802万円
 その他 1億1800万円

 合計2億9001万円。滝川氏は2000年にフジテレビ系列の共同テレビ入社後、2002年からフジ系『ニュースJAPAN』のキャスターを担当。2008年にプロダクションと専属契約を結んで以降は、報道番組だけでなく、ドキュメンタリーやバラエティ、CMなどに多数出演し、活躍の場を広げてきた。近年は2020年東京五輪の招致アンバサダーや国際NGO「世界の医療団」親善大使などを歴任、動物愛護活動にも力を入れるなど、マルチな活躍ぶりが知られている。

 テレビ・ラジオやCMなどの出演料を合わせた滝川氏の年間収入は推定1億5000万円と報じられたこともあり、長年、第一線で活躍してきたことを考えれば、3億円近い資産は滝川氏の築いた輝かしいキャリアの充実ぶり、そして堅実さを表していると言える。それ自体はまったく批判されるべきものではないだろう。

 ただ、この数字を公開前に知っていた官邸関係者は「その額を聞いた時には冷や汗をかいた」と明かす。

「進次郎氏はただでさえ四代続く政治家一族の御曹司として、世襲批判を受けやすい立場。滝川さんとの結婚以来、彼には逆風が吹き続けている。加えて、多くのファンを抱える美人な妻が“3億円を持つ資産家”でもあるとわかったら、国民からの妬みや嫉みで風当たりがますます強くなるんじゃないか」──情報が公開される数日前からそんな心配を口にしていたのだ。

 そもそも閣僚らの資産公開は、政治家の〈清廉さを保持し、政治と行政への国民の信頼を確保する〉ため定められた「国務大臣、副大臣及び大臣政務官規範」に基づいて行われている。1984年の第2次中曽根内閣から閣僚本人を対象に公開が始まり、その後、リクルート事件を契機に本人と家族が保有する資産に対象を広げ、就任時と退任時にそれぞれ公開されるようになった。

 進次郎氏への最近の逆風を考えると前出の官邸関係者の心配はわからなくはないが、資産公開の本来の目的から言えば、国民が注視すべきなのは現在の小泉進次郎・滝川クリステル夫妻が保有する資産額ではなく「大臣退任時に“不自然な増え方”をしていないか」であると言えよう。

関連記事(外部サイト)