パパ活女子 貧困と貞操の間で揺れる乙女心

パパ活女子 貧困と貞操の間で揺れる乙女心

パパ活は経済的支援ばかりが目的とは限らない(写真:アフロ)

 NHK地方局の契約女子アナが愛人バンクに登録していたことでも話題を呼んだ“パパ活”──。ひと昔前の言葉を借りれば「若い女性のパトロン探し」ということになるが、近年、パパ活に励む女性たちの目的は曖昧なところもある。

 男女の恋愛問題に詳しく、近著に『人はなぜ不倫をするのか』(SB新書)があるライターの亀山早苗氏が、当世パパ活女子の生態に迫った。

 * * *
 パパ活という言葉をちらほら聞くようになった。デートしたり、ときには一晩を一緒に過ごしたりすればお金をくれる……そんな「パパ」を求めている女性が増えているという。

「それって愛人になるということじゃないの?」と思う人も多いだろう。だがパパ活というように、男性に求められてそうなるというより、あくまでも女性側の視点で語られているところが肝である。

●性的な関係はないけれど

 では実態はどうなのだろうか。

「うちはあまり裕福ではないから仕送りがほとんどないんです。だから少しでも生活費を稼ぎたい。でもアルバイトでは追いつかなくて」

 そう言うのは、大学生のミカさん(21歳)。ごく普通のまじめそうな学生だ。1年ほど前、アルバイト先の社長から、「取引先との食事とお酒につきあってくれたら、特別手当として2万円払う」と言われたのがきっかけだった。

 場を盛り上げ、カラオケでは歌って踊った。取引先がいたく喜んだということで、社長が3万円くれた。それ以降、社長は仕事でも、そしてプライベートでも彼女を呼び出すようになった。

「気づいたら、社長とふたりきりで食事ということが多くなっていた。帰り道などで求められれば手をつなぐことはあるけど、社長はそれ以上は要求しない。これって案外、いいバイトだと思ったんです。友だちに言わせれば『肉体関係をともなわない愛人みたいなもの』だと。ただ、それでお金がもらえるならむしろありがたいとさえ思っていました」

 社長の友人と3人で食事に行ったこともある。そんなときは手当が増える。割りのいいバイトだと彼女は割り切っている。もしも社長が性的な関係を要求してきたら、そのときに考えると笑顔を見せた。「恋愛」とは異なっていても、彼女の中にも何かしらの「情」がわいてきているのかもしれない。

 今の時代、女性は非正規で雇用されているケースが多い。契約や派遣でどんなにがんばって働いても、生活は潤わず、将来への不安は常につきまとう。

 そんな状態で、“パパ”を求める女性がいても不思議はない。その昔、友人が「愛人バンク」に登録していて、「週一で彼がやってきて月に20万もらえる」と聞いたとき、それはそれで羨ましいと別の友人たちと話したものだ。

 普通の「不倫」ときっちりお手当をもらっての「愛人」と何が違うのだろう。恋だの愛だのと精神論を振りかざすより、女性の生活のめんどうを見ようとするだけ男として潔いのではないか。もっといえば女性が生活をめんどうみてもらおうと考えた上での結婚だって似たようなものではないか。

●必要な存在

 ショートヘアが似合うアリサさん(27歳)は、4年にわたって同い年の彼と同棲している。ふたりとも非正規で働いており、忙しいわりには生活は厳しいと話す。半年ほど前、彼女は偶然、あるバーで50代半ばの男性と知り合った。

「父が早くに亡くなったこともあって、その彼に父の面影を見てしまって……。今度一緒に食事でもと言われて行ったら、帰りに『タクシーで帰りなさい』と2万円を握らせてくれた。それから週に1、2回は会うようになって、そのたびに『お小遣い』と2万くらいくれる。夏には洋服も買ってくれました。

『いつかふたりで旅行でもしたいなあ』と軽く言われたことはあります。私もずるいから、つかず離れずでつきあっている。もらったお金は貯金しています。お金がたまったらひとりで今のアパートを出ていくかもしれません」

 同棲している彼のことを、彼女は50代男性に話していない。あちらも聞かない。そしてアリサさんは50代男性のことを「今の私に必要な存在」だと分析している。そこからは恋愛感情や執着を、あえて排除している感じがする。お金だけではないが、お金をくれなければ食事に毎回つきあうわけでもないかもしれない。そんな曖昧な感情がともなう曖昧な関係だが、「必要」ではあるのだ。

●流されるように生きていく

 もう少しふわふわと流されているような女性もいる。マユミさん(28歳)だ。大学を出て正社員で働き出したものの、4年で疲弊して退職。以来、シェアハウスに住みながらアルバイトで暮らしている。彼女も決して外見は派手ではない。

「大学時代、絵を描いていたので、また描きたいなあとは思っているんですよね。でも日々の生活費を稼ぐのに精一杯。誰か生活費くらい出してくれないかなとは思っていました」

 あるとき画材屋をぶらりとして外に出ると、後ろから50歳前後の男性に声をかけられた。お茶でもと言われてカフェに入ると、彼も美術が好きだと言い、話がはずんだ。そのまま食事をしてお酒を飲み、ホテルにまで行ってしまう。

「ふだんだったらそんなことはしないんですけど、その日は私はお金がなくて画材も買えないと落ち込んでいたから、どこか人恋しさがあったのかもしれません。彼もしたくてホテルに誘ったというよりは、なんとなく別れがたかったんだと言っていました。なりゆきでしましたが」

 帰りに彼は「絵の道具でも買いなさい」と5万円をくれた。彼女はただひたすら驚いたという。それ以来、不定期に彼と会っている。性行為をするときもあればしないときもあるが、会うとき以外に連絡しあうことはない。

 マユミさんには、もうひとりそんな男性がいるという。こちらは60歳を過ぎた会社経営者で、性的な関係はない。

「実は友人のお父さんなんです。ときどきふたりで飲みに行く程度の関係だから、パパという意識はありません。でも帰りには必ずお小遣いをくれるから、厳密に言えばパパなんですかねえ」

 パパ活というと、お金を求めて男性を探すイメージがあるし、実際そういう女性もいるのだろう。

 ただ、ここに登場した女性たちに、「交際クラブ」などに登録して、男性から生活費を援助してもらおうという明らかな意志はない。あくまでも、「相手がお小遣いをくれるからもらっているだけ」なのだ。だが、お小遣いをくれなければ自然と離れていくのだろうから、結果的には援助が必須で、その意味ではやはり“パパ活”だともいえる。

 あっけらかんとしているというほど擦れているわけでもなく、かといって世間のことを何も知らないわけでもない。「どういうつもり」かが見えてこないのだが、少なくとも彼女たちがきちんと自立するだけの収入がないのは確かである。ここにも現代の貧困の根深さが見え隠れしているのかもしれない。

関連記事(外部サイト)