小室圭さん母、皇室関連場所で目撃情報 将来の儀式参加は?

眞子さまが28才の誕生日迎える 婚約内定者・小室圭氏の母は皇室関連場所で目撃情報

記事まとめ

  • 即位礼正殿の儀の翌日、秋篠宮家の長女・眞子さまが28才の誕生日を迎えられた
  • 婚約内定者・小室圭さんの母は皇室と縁の深い場所での目撃情報が寄せられているそう
  • 佳代さんは最近でも、身辺の警護のために地元警察署と連絡を取り合っているとも

小室圭さん母、皇室関連場所で目撃情報 将来の儀式参加は?

小室圭さん母、皇室関連場所で目撃情報 将来の儀式参加は?

現在も小室家のマンションの一室では24時間、防犯カメラが作動している

 即位礼正殿の儀など、即位の儀式が行われた日の翌日10月23日、秋篠宮家の長女、眞子さまが28才の誕生日を迎えられた。

「記者会の一部からは、誕生日のコメントをいただきたいという要望も出たようです。もちろん、婚約内定者の小室圭さん(28才)との結婚の見通しについて触れるものでした。

 しかし、さすがに両陛下にとって一世一度の晴れ舞台の最中です。内親王のお立場の皇族方が誕生日文書を発表した前例がないということもあり、コメントは見送られたそうです」(宮内庁関係者)

 笑顔で目と目を合わせられた婚約内定会見から、2年以上が経つ。結婚を約束した普通の恋人同士ならば、誕生日は一緒に過ごすのかもしれないが、眞子さまと小室さんはどうだったのか。

「眞子さまは、即位礼に参列した海外の王族をもてなすために赤坂御所で開かれた茶会に出席されるなど、忙しく過ごされたようです。一方の小室さんについては、一部のメディアは緊急帰国するのではないかと熱心に取材に動いたようです」(皇室記者)

 というのも、結婚関連行事の延期を発表して以来、公の場や勤め先でも姿を見せていない小室さんの母・佳代さんの動向が、まことしやかに囁かれているからだ。

「国民の関心の高さがうかがえますが、大手報道機関には“佳代さんの姿を見た”という情報が複数寄せられているそうです。

 たとえば、今年の夏、サングラス姿で、知人らしき男性と一緒に京都御所を訪れていたところを目撃したというもの。また、神奈川・三浦半島のある駅前での目撃証言もありました。その近くには、天皇家の別荘である葉山御用邸があります。

 真偽は不明ですが、いずれにせよ、皇室と縁の深い場所であることから、小室家は皇室の重要儀式である即位礼にも興味があるのではないかといわれたのです」(前出・皇室記者)

 ある全国紙も実際、「佳代さんが、勤め先の近くに本部を持つ、皇室とゆかりのある団体の施設に通っている。皇室の伝統や儀礼を学んで、人脈的にも接点を持つためだろう」という情報をもとに、その団体の周辺で取材を展開したこともあった。

「最近でも頻繁に、佳代さんは身辺の警護のために地元警察署と連絡を取り合っているそうです。将来、息子が“天皇陛下の義理の甥”になることを、意識しているのではないでしょうか」(前出・皇室記者)

 即位礼正殿の儀が行われた22日、皇居には多くの皇族関係者が参集した。その中には昨年10月に結婚した高円宮家の三女の守谷絢子さん(29才)と、夫で日本郵船社員の守谷慧さん(33才)の姿もあったという。

「まもなく第1子をご出産される予定の絢子さんは、両陛下や皇族方と即位礼のお祝いの挨拶をしたのでしょう。実際に、儀式にも出席していました。

 そう考えると、本来、絢子さんよりも先に結婚するはずだった眞子さまと小室さんも、即位礼の儀式に出席したはずでした。眞子さまは天皇陛下の姪にあたる内親王なので、血縁的には絢子さんよりも陛下に近い。眞子さまが結婚されて皇籍を離れられても、親戚として小室さんがタキシードを着て儀式に駆けつけ、より近い席でお祝いをした可能性も充分あったでしょう」(皇室ジャーナリスト)

 代理人を通じ、繰り返し「眞子さまと結婚する意思は揺るがない」と世間に発信してきた小室さん。眞子さまの誕生日であっても、“義理の伯父”の即位礼があっても、“結婚の条件”をクリアするために、帰国せずにアメリカで弁護士を目指し、猛勉強を続けていたという。

「秋篠宮ご夫妻は小室家に強い不信感をお持ち」(前出・宮内庁関係者)だというが、将来、親族の一員として、小室さんや佳代さんが皇室の儀式に参列する日が来るだろうか。

※女性セブン2019年11月7・14日号

関連記事(外部サイト)