駅のホームドア 最新型は秒速20センチメートルで移動可能

駅のホームドア 最新型は秒速20センチメートルで移動可能

乗降位置可変型ホーム柵「どこでも柵」

 鉄道のホームから転落する事故が増加し続けている。2014年度のホームからの転落件数は3673件で、そのうち人身障害事故に至ったものは227件にのぼる(国土交通省調べ)。この事態は、ホームドアを設置すれば防げるものなのか。最新のホームドア事情と、ホームの安全性向上のためのユニークな取り組みについて、フリーライターの小川裕夫氏がリポートする。

*    * *
 アメリカで一大旋風を巻き起こした「ポケモンGO」は、7月22日に日本にも上陸した。配信開始と同時に大ブームとなった一方で、周囲を忘れて熱中する人が多数出たことから、改めて”歩きスマホ”が問題視されるようになっている。”歩きスマホ”に対して、もっとも神経質になっているのが鉄道会社だろう。

 混雑したホームで、乗客が何らかの理由で線路に転落してしまうことは決して珍しいことではない。”歩きスマホ”は、そうした乗客が線路に転落する危険性を増加させる。鉄道各社は「ポケモンGO」に対し神経質になり、ホームでは注意喚起するアナウンスが繰り返されるようになった。

 しかし、いくら繰り返し注意を促しても、「ポケモンGO」ブームを止めることは難しい。注意喚起に効果がないとしたら、鉄道会社は実効性のある対策を講じるしかない。

 転落事故防止の特効薬といえば、加速的に普及が進んでいるホームドアだ。皮肉なことに、「ポケモンGO」が引き金になってホームからの転落を防止するホームドアの設置は鉄道事業者にも鉄道利用者にも意識されるようになった。

 日本の鉄道において、ホームドアは1974(昭和49)年に熱海駅の東海道新幹線ホームに設置されたものが嚆矢とされている。

 熱海駅は地形的な問題もあり、新幹線が通過する際にホームで待っている乗客が風に煽られるという危険があった。そうした危険性を少しでも排除するため、熱海駅の新幹線ホームにホームドアが設置された。

 鉄道関係者の間では、ホームドアは線路への転落防止・事故防止に絶大な効果を発揮するということが40年以上も前から認識されていた。それにも関わらず、なかなか設置は進まなかった。

 その理由について、制御工学の専門家でホームドア研究の第一人者でもある須田義大東京大学教授はこう話す。

「ホームドアの普及が進まなかった理由は、いくつかあります。なによりもホームドアの導入で鉄道会社を悩ませたのが、ドアの数や位置が異なることです。各駅停車や特急など、列車によってドアの数が異なり、位置も違います。さらに悩ましいのが相互直通運転です。東京圏では当たり前のように複数の事業者による直通運転が実施されています。会社が異なれば、車両構造が異なるのでドアの位置は変わります。そうした事情が、これまでホームドアの設置を困難にしていたのです」

 そうした課題を克服するため、須田教授はホームに入線してくる列車を事前に判別し、乗降位置を自由自在に変えられるホームドア「どこでも柵」を開発。「どこでも柵」は、秒速120~200ミリメートルで移動することができ、移動完了までの所要時間は15秒。「どこでも柵」なら、どんな列車にも対応できる。

 須田教授が開発したホームドアの革命児「どこでも柵」は、2013(平成25)年に西武鉄道新宿線の新所沢駅で半年間にわたって実証実験がおこなわれた。現在は実用段階に向けての試行錯誤が進められている。

 ホームドアの研究・開発を進めているのは須田教授だけではない。研究機関や企業でも研究開発は進められている。ホームドアの進化スピードは、一昔前とは比べ物にならなくなった。

 しかし、ホームドアが普及するようになったのは、技術的な部分よりも「利用者や鉄道事業者などの心境が変化したこと」だと須田教授は指摘する。

「最近は、ホームドアの有益性が広く認知されるようになりました。利用者も、これまでは”あればいいね”という雰囲気でしたが、今は”あって当たり前”という意識に変わってきています。これまで費用の面からホームドアの導入に消極的だった鉄道会社も、そうした社会的状況の変化から導入に積極的な姿勢に変わってきています」(同)

 ホームドアの設置に関して、課題はまだある。現在、国土交通省は1日10万人以上が利用する駅にホームドアを設置するように鉄道各社に通達を出している。10万人というのは、利用者が多い駅はホームが混雑して乗客が線路に転落する可能性が高いことから目安にししたと推測される。

 しかし、そうした基準を設けることで事故が起きてしまう可能性もある。同じ路線なのにA駅にはホームドアがあって、B駅にはない。そんな状況では、視覚障害者は混乱してしまう。ちぐはぐな設置状況が原因で、転落事故を誘発する可能性もある。

 もうひとつの課題は、ホームドアには多額の設置費用やランニングコストがかかることだ。ホームドアの設置費用を捻出できるほど、財源に余裕がある鉄道会社ばかりではない。

 そうしたコスト的な難題を創意工夫で解決しようとしたのが、JR西日本だ。

 JR西日本はホームから転落する人たちを分析し、そこでホームに設置されているベンチの配置を変えた。

 従来、ホームのベンチは線路と水平に並んでいる。JR西日本は、その向きを垂直に変えた。ベンチの向きを変えるだけで、JR西日本はホームからの転落者数を減少させることに成功した。

 私たちは気づいていないが、このほかにも鉄道事業者が考えた利用者を守るための安全対策はたくさんある。私たちは鉄道を当たり前のように鉄道を日々使っているが、その裏には鉄道事業者や技術者・研究者の「さらなる安全な鉄道を追求する」という、たゆまぬ努力が隠されている。

関連記事(外部サイト)