五輪たばこ対策 リオの「屋内NG」「屋外OK」から学ぶこと

五輪たばこ対策 リオの「屋内NG」「屋外OK」から学ぶこと

観光名所にもなったリオの五輪モニュメント

 街の環境や治安、施設面の不備などが懸念されていたブラジル・リオデジャネイロ五輪も無事に閉幕し、いよいよ4年後の東京開催に向けて着々と準備が進められていくことになる。そんな中、早くも議論の対象になっているのが、東京の「たばこ対策」である。

 2004年のアテネ大会以降、オリンピックは原則、屋内をすべて禁煙とする条例や法律を持つ国での開催が潮流となってきた。

 日本では一部の自治体を除き、公共施設以外に禁煙の義務付けはないが、五輪を機に東京での「屋内全面禁煙」を罰則付きの条例で決めてしまい、たばこ規制自体を強めていこうとする声もあるのだ。

 しかし、受動喫煙防止の意識も高まり、すでに東京都内は公共施設のみならず、飲食店やホテルなどでも分煙化が進み、喫煙者と非喫煙者の共存は出来つつある。そのうえ、屋外での喫煙マナーも次第に良くなっている。

 2014年10月から計6回行われてきた「東京都受動喫煙防止対策検討会」でも、受動喫煙防止の取り組みは必要との共通認識は見られたものの、

「東京は喫煙マナーが優れており、たばこを吸わない人とも共存できている。オリンピックはこの独特の東京スタイルを世界に発信できるチャンスではないか」

 との意見も出て、条例制定の提言を見送った経緯がある。

 禁煙推進派は、〈IOC(国際オリンピック委員会)やWHO(世界保健機関)が“たばこのないオリンピック”を掲げており、東京だけその常識に沿わないのは世界的にみても恥ずかしい〉との主張を繰り返すが、2008年の北京、2014年のソチ(冬季)の開催時は、飲食店までは厳しい禁煙の対象になっていなかった。

 また、屋外の喫煙が規制されているのは日本のみだが、そういった不都合な事実には触れていない。

 では、先般行われたリオ大会はどうだったのか──。そもそもブラジルはオリンピックの有無にかかわらず、1996年にブラジル連邦法、2009年にサンパウロ州条例が制定され、レストランやバーを含めて屋内完全禁煙化が徹底されてきた。

 五輪期間中も街中の飲食店が灰皿を隠れて提供していないか抜き打ちの立ち入り検査が行われたが、「地元住民が誰も店内で吸わないので、スモーカーの外国人もわきまえていた」(五輪観戦の日本人)という。

 その代わり、一歩屋外に出れば喫煙は基本的に自由なため、路上喫煙や歩きたばこをする光景があちこちで見られたという。テニスや水泳、レスリングなどいくつもの競技場が集まるバッハ地区で取材していた日本人記者がいう。

「オリンピックパーク内は室内は禁煙、室外でも注意喚起をする張り紙が見られました。にもかかわらず、わざわざ敷地外まで出て吸うのが面倒なのか、張り紙の前で堂々と吸う“確信犯”の外国チーム関係者もいました。

 喫煙可能な敷地外の路上では、最寄り駅から会場に向かう人混みの中で歩きたばこをして、平然とポイ捨てする外国人も多数見受けられました。そんな状況ならば、わざわざパーク内と外を隔てず、屋外であれば指定の喫煙場所をいくつか設ければいいだけではと思いました」

 リオ市内にも、灰皿が設置された喫煙スペースはあるが、メイン通りに数多くある公共のゴミ箱には、入口にたばこの火種を消す鉄板がついており、そこにゴミも吸い殻も一緒に入れる人がほとんどだという。それは衛生面や安全面で決して参考にすべきものではないだろう。

 さて、こうした他国開催の状況(※表参照)を踏まえ、東京五輪は訪れる世界中の人たちに、どんなたばこルールやマナーを啓発していくべきなのか。

 新都知事の小池百合子氏は受動喫煙防止の観点から、〈何らかの制度を主催都市の責任でやるべき〉と発言しているが、オリンピックのためだけに屋内・屋外ともに分煙が進む「東京スタイル」を崩すような規制を急ごしらえで設けても、かえって混乱を招くだけだろう。

関連記事(外部サイト)