SEALDsが社会と文化に良い影響を与えたと感じた理由

SEALDsが社会と文化に良い影響を与えたと感じた理由

評論家の呉智英氏

「特定秘密保護法に反対する学生有志の会」から発展して2015年5月に結成された「自由と民主主義のための学生緊急行動」、略称「SEALDs」(シールズ)が、解散した。「デモはかっこいい」を掲げて活動する彼らに対しては、常に賛否両論が激しく交わされていた。評論家の呉智英氏が、シールズの活動が社会と文化に与えた影響について考えた。

 * * *
 8月末、安全保障関連法に反対する学生団体SEALDs(シールズ)が1年3ヶ月の活動を終えて解散した。彼らの活動をどう評価するか。新聞・雑誌に掲載された記事の中で面白かったのは8月23日付の産経新聞の社説「主張」である。その論旨自体はよくある保守系のシールズ批判なのだが、皮肉が利いていて、その部分が面白かったのだ。

 まず、見出しが「『勝利』まで戦い続けては」。本文では「若者が声をあげることに一定の評価は惜しまない。解散などせず、『真の勝利』を目指して戦い続けてはいかがか」。

 ほめ殺しといったところだろう。類型的で固苦しい論調が多い新聞社説の中では珍しく楽しい。

 私自身はシールズに一貫して冷笑的だった。あんなものは、良くて徒労、悪くすれば安倍政権を利するだけだ、と思っていた。徒労は説明の要はないだろう。安倍政権を利するとは、異論を許す寛大な政権というイメージを作るからであり、また、機動隊のかっこうの警備訓練相手になったからである。安倍政権を支持する立場ならば、これで悪くなかろう。しかし、安倍政権を批判するつもりで敵を利していちゃ、話にならない。

 政治とは、願望や理念を唱えることではない。それを現実化することだ。そうでなければ、床屋政談、酒場談義と同じである。

 シールズに批判の声が出る一方、積極的に評価する声も当然ある。朝日新聞には、シールズ同伴知識人の高橋源一郎が談話を寄せている(8月27日付)。

 高橋は言う。政治は「勝ち負け」がわかる世界だから、目標が達成できなかった以上、限界はあった。しかし、社会と文化に深い影響を与えたのではないか。

 なるほど、高橋の言うのとは別の意味で、そうかもしれない。

 シールズのデモは、旧来のデモと違ってラップ調で主張を訴えている。これが誰でも楽しくデモに参加できることを可能にしたらしい。前述の高橋の談話にある「ふつうの人」の運動ということだろう。

 しかし、「ふつうの人」が参加したから、その運動が「正しい」とは言えないし、ラップ調で楽しければそれがいいということにもならない。ナチスのユダヤ人排斥だって「ふつうの人」の運動だったし、支那の文化大革命だって「ふつうの若者」が数億人も参加した運動だった。ともに、音楽や映画や街頭パフォーマンスを全面活用した「楽しい運動」だった。

 シールズが社会と文化にいくらかは良い影響を与えたかもしれないと、私が思うのは、次のようなことだ。シールズのデモのラップ調掛け声に、こんなのがあった。

 民主主義って何だ!? これだ!!

 言いえて妙である。私は30年前の著書で言っている。民主主義とはバカは正しいという思想である、と。最近やっとポピュリズム批判の中で、この基本認識が議論の俎上にのるようになった。シールズのおかげでもあると思う。

●くれ・ともふさ/1946年生まれ。日本マンガ学会前会長。著書に『バカにつける薬』『つぎはぎ仏教入門』など多数。

※週刊ポスト2016年9月30日号

関連記事(外部サイト)