ダイエー中内功氏の経営哲学、豊かな時代は自滅に向かう宿命

ダイエー中内功氏の経営哲学、豊かな時代は自滅に向かう宿命

中内氏は一代でダイエーを日本最大の流通帝国にのし上げた(共同通信社)

 日本の高度経済成長を牽引した「昭和の名経営者」と言えば、松下幸之助、本田宗一郎、小倉昌男などが思い浮かぶ。一方、彼らと肩を並べるほどの成功を収めながら、毀誉褒貶相半ばする人たちがいる。中内功氏もその1人だ。ノンフィクション作家・佐野眞一氏が語る。

 * * *
 セブン&アイの大リストラが発表されたが、スーパーに限らずコンビニエンスストアにせよ、100円ショップにせよ、それはすべてダイエーの中内功が作った仕組みから生まれたものだ。我々はずっと中内が作った世界、それは豊かさを追求した戦後的な世界と言い換えてもいいが、その中で生きてきたことになる。

 一代でダイエーを日本最大の流通帝国にのし上げた中内が、晩年、「戦後最大の失敗経営者」の烙印を押されたまま彼岸に渡ってからもうすぐ2015年、その世界は早晩、限界を迎えるはずだったのである。

 中内は「戦後、神戸から出て大きくなったのは山口組とダイエーだけや」という名台詞を残した。まさに戦後という時空間が、この異様な経営者を生んだのだろう。中内ダイエーの原点は、フィリピン戦線での飢餓体験にある。人肉食すら噂された戦場で、中内は家族で食ったすき焼きの匂いを思い出し、「もう一度、神戸牛のうまいすき焼きを腹一杯食って死にたい」とそればかり考えていた。

 腹一杯になるように安くたくさん──品揃えと価格破壊への執着心はここから始まっている。そして「いくらで売ろうと勝手」という作り手と売り手の力関係を逆転してしまった発想が、流通革命を生んだ。

 私は中内がダイエーの店舗を店内巡回するのに同行したことがある。

 中内が最初に立ち止ったのは、当時まだ珍しかった手作りのパン売り場だった。中内は目測で約5メートル離れて目をつむり、あの大きな鼻でスーッと大きく息を吸い込んだ。そしてしばらくして大きくうなずいた。合格のしるしだ。匂いがしなければ即刻、店舗改装を命じられる。

 驚いたのは、野菜売り場だった。中内は店の一番前のザルに盛られたモヤシにつかつかと近づくと、売り場主任の頭からモヤシをザルごとぶっかけた。随行員に後から聞いたところによると、あのモヤシは表面こそ鮮度がよさそうだったが、中はかなり傷んでいたという。恐るべき執念を目の当たりにした。

 戦場での飢餓体験に始まった中内の経営哲学は、戦後の日本が豊かさに向かうなかで圧倒的成功を収めたが、豊かになった後の平成においては、自滅に向かう宿命だった。私はその過程で『カリスマ 中内功とダイエーの「戦後」』(1998年刊)という本を書き、中内から3億円の名誉毀損訴訟を起こされた。だが、中内はある側近にぼそっとこぼしていたという。

「ダイエーはなくなるかもしれない。でも佐野の『カリスマ』は残っちゃうな」

 その後、中内は2001年に引退、ダイエーはその3年後に産業再生機構入りした。明晰な中内は、ある時期からその宿命に気づいていたのではないか。

 今、中内が生きていたら、アマゾンを始めとするネット通販にどう対抗したか。人の顔を見ることが商売だと考えていた中内にとって、ネット通販は想像すらできなかったはずだ。戦後日本の限界が中内の限界だった。(談)

※週刊ポスト2019年11月8・15日号

関連記事(外部サイト)