即位の礼 中国や韓国のメディアも好意的な報道が多かった

即位の礼 中国や韓国のメディアも好意的な報道が多かった

天皇の前で万歳する安倍首相(写真/dpa=時事)

 天皇の即位は日本国民だけの行事、という時代は終わった。今回の即位の礼には世界各国のメディアから取材が殺到し、インターネットで生中継されるなど、世界的な一大イベントへと様変わりしたのだ。

 普段は反日的な報道が目につく中国や韓国のメディアでも、天皇の即位については好意的な見方を示した報道が多い。

 中国のニュースサイト「環球網」では、「厳かで、伝統と神秘的要素も漂う式典は、世界に対してこの東アジアの発展した近代国家が、知られざる一面を持つことを示した。日本の天皇制という“現存する世界最古の王室制度”は、新たに世論の注目を集めた」(10月23日)と評価した。

 同じくネットメディア「観察者網」(10月22日)では、遼寧大学日本研究センター客員研究員の陳洋氏が、今回の中国政府の対応を分析している。

「中国からは前回(の即位の礼)以上に階級の高い代表者が出席し、日本からも大きな関心を集めた。明仁天皇の在位中のさまざまな貢献に対して敬意を示す意味もあるだろうが、中日関係が改善方向にあるゆえと考えられる。前回の中国代表は呉学謙副総理だったが、今回は国家副主席であり、習近平主席の特使である王岐山が出席した。階級は明らかに上がっている」

 陳氏は日中関係が改善しつつあるとの見方を示した上で、新天皇の最初の訪問先が「中国になる可能性が高い」とも予測した。

 史上最悪とまでいわれるほど関係が悪化している韓国で増えているのが、安倍首相と対比して天皇を評価する解説記事である。

「明仁天皇は、安倍内閣をはじめとする政界が『大国・日本』の旗の下に右に向かって走っている時、低い水準ではあるが周辺国に配慮する役割を果たしてきた。国内的には、障害者体育の後援、被災地慰問などを通じて、疎外され、力のない人々を励ましてきた」(『朝鮮日報』4月30日付)

「徳仁天皇は即位式で『世界平和』と『憲法遵守』を言明した。新天皇のこのような発言は、日本の安倍晋三首相が平和憲法を変えて日本を戦争できる国にすることに力を注いでいるなか、特に目を引く。徳仁天皇は過去にも何度も平和憲法を守り、戦争の惨禍を記憶しなければならないという立場を明らかにしたが、世界の代表が集まった席で再び『平和』と『憲法』を取り上げた意味は大きい」(『ハンギョレ新聞』10月22日付)

 在日韓国人ジャーナリストの河鐘基氏は、韓国での皇室報道についてこう分析する。

「上皇については、平和のために貢献した人、韓国との関係改善にも尽力した人といったポジティブな言及が少なくない。安倍政権との関係をめぐり、相反する立場にいると認識されているようです。新天皇も安倍政権と相反する立場にいる人という見解が多かった」

 世界中で評価された即位の礼だが、一方で各国のメディアは皇族の減少など皇室が抱える課題にも言及している。また、女性天皇が認められていないことや、即位の礼や大嘗祭という宗教儀式に国が関与するのは政教分離に反するのではないかという指摘も一部にはあった。

 それほど海外では、「世界最古の王朝」と言われる皇室の将来に高い関心がもたれている。

※週刊ポスト2019年11月8・15日号

関連記事(外部サイト)