39年の歴史に幕、ストリップ劇場「DX歌舞伎町」最後の1日

39年の歴史に幕、ストリップ劇場「DX歌舞伎町」最後の1日

「デラカブ」が幕を下ろした(撮影/新里勝也)

 東京・新宿歌舞伎町の路地裏にひっそりと佇むストリップ劇場「DX歌舞伎町ミュージック劇場(通称:デラカブ)」が今年6月30日、39年の歴史に幕を下ろした。

 歴史ある劇場の最終日を見届けた風俗情報誌『俺の旅』の生駒明・元編集長は当日をこう振り返る。

「最終日は48席の客席を優に超える100人以上が行列をなして待っていました。劇場専属の踊り子も舞台に上がり、とても感動しましたね」

 その会場に普段は固く禁じられている「カメラ」が初めて入った。消えゆくストリップ劇場の姿を記録に残したいと立ち上がった京都のピンク映画館『本町館』で働く太田耕耘キ氏が、ドキュメンタリー映画『デラカブ活動写真』を企画し、自主制作したのだ。太田氏がその経緯を語る。

「デラカブの閉館を知ったその瞬間から、なんとか記録映画を残したいと企画を練り、劇場や踊り子と交渉を重ねてきた。撮影は絶対に16mmフィルムだと決めていました。消えゆく劇場を形あるフィルムで残したい。そう思ったのです」

 多くの男性に愛された「デラカブ」の魅力はどこだったのか。

「専属の踊り子である美咲遥の魂がこもった踊りが魅力でした。また、1990年代のAVブームでストリップ劇場の危機が訪れた際、素人女性を舞台に上げて脱がせる“素人旋風”を巻き起こしたのもデラカブでした。ある意味、見せ物小屋のような企画色の強い興行もいち早く手がけ、ブームを生み出した劇場なのです」

 最後のステージに上がった美咲遥はこう締めくくった。

「19歳の時、デラカブでストリップと同時に社会人デビューした私にとって、ここは仕事の責任感ややりがい、仲間のありがたさを全て学んだ場所。そんな人生の一部をフィルムに残していただき誇らしいです」

 映画は来年以降の映画祭に出品予定だという。太田氏はいう。

「ストリップ劇場をフィルム撮影した貴重な映画で、より多くの人にデラカブの功績を伝えたい」

※週刊ポスト2019年11月8・15日号

関連記事(外部サイト)