白タクという闇営業 安いが危険な「儲けのカラクリ」

白タクという闇営業 安いが危険な「儲けのカラクリ」

記事画像

 日本のタクシーは料金体系がはっきりしておりトラブルが少なく安全だと言われている。にもかかわらず、認可を受けずに営業している白タクがなくならない。白タクとは、一般乗用旅客自動車運送事業として届け出がある緑色のナンバープレートをつけたタクシーに対し、普通の乗用車と同じ白いナンバープレートで営業していることから呼ばれる通称だ。白タクという闇営業の実態について、ライターの森鷹久氏がレポートする。

 * * *
 警視庁交通捜査課は10月7日までに、主に訪日外国人観光客向けに「白タク」行為を行なったとして、都内在住の中国人の男らを逮捕した。中国のアプリを利用し、過去最大規模の違法営業行為を行なっていたと伝えられている。大規模犯罪だと報道されても、普通に生活をしている日本人にとっては、「白タク」と言われてもピンと来ない。しかし、実は身近なところで白タクは存在している。

 タクシー事業を行うには、道路運送法に基づき役所への届出、許可が必要である。法人タクシーの運転手であれば、その許可は会社が受けていなければならないし、個人タクシードライバーは、法人タクシー会社で長い間無事故無違反という実績を積まなければ独立は許されない。決して、運転免許証さえあれば「誰でもなれる」仕事、というわけではない。にもかかわらず、つい一年ほど前まで、東京・銀座で白タクのドライバーをしていたという男性に話を聞いた。

「儲かるかどうかって? そりゃ儲かるからやるんですよ」

 東京都内在住の自営業・吉田翔太さん(38才・仮名)が白タクを始めたのは、地元の先輩からの紹介がきっかけだった。部下二人だけの、小さな水道工事業者の代表を務めていた吉田さんだったが、副業で収入を増やしたいと考えていた。そこに、夜でもできる「送迎の仕事」で、一晩1万5千から2万円の報酬は"取っ払い"と言われ飛びついたのである。

「仕事がなく、給与の支払いも苦しかった。送迎と言われて最初、水商売の女の子の送迎かと思ったんですけど、白タクでした」

 毎週火曜から金曜まで、東京・銀座まで自家用車で出向くと、路上駐車できそうな場所に車を駐め"ボス"からの指示を待つ。ラインや、ショートメールによって行われる指示にしたがって、場所を移動し客を迎えにいく。

「ほとんどの場合は得意先の店のママ、マスターからボスに電話が行き、ボスから僕らに指示が来る。客のほとんどは店のお得意さんです。タクシーみたいに"流し"の客を捕まえることもないわけではないけど、危なっかしいでしょ。警察が一般人のふりをして乗ってくる場合もあるし」

 客の9割が、銀座のクラブや高級飲食店の利用客。深夜まで飲み食いをし、客がママやマスターに帰りを告げると、ママはボスと言われる人に連絡をして、白タクを手配する。吉田さんのようなドライバーが指示された場所に行くと、ママに見送られながら客が乗車。おおよその行き先は事前に伝えられているため、そこまで客を乗せていけば良い。終電後の利用客が一番多いが、終電前にも「駅まで行くのが面倒だから」という理由で利用してくれる得意客もあるという。

「普通のタクシーに乗れば1万円くらいかかる距離のお客さんが一番多い。銀座からなら多摩エリア、横浜の東京寄り、千葉の市川や船橋とか。人によって値段が変わるけど、大体正規料金の6〜7割程度ですかね」

 例えば、多摩エリアまで1万円の客を乗せた場合、吉田さんに入る金は、燃料費込みの5千円だったという。高速代は別途客に請求する。残額の5千円は、営業後にボスに手渡す。ボスを通じてしか客を取らないため、収益のごまかしはできない。

「ボスは5千円から、いくらかを店にバックする。要は、白タク業者と店、店と店の常連客、みんなが信頼でつながっていているからこそ成り立つのが白タク。客もわかって乗っているから、万が一事故が起きても"知り合いに送ってもらっただけ"と言い張れる。銀座だけじゃない、新宿や六本木、上野にも同じような白タクはたくさんいる」

 吉田さんの"ボス"の元には、常に20〜30人が所属しており、週末などには10数人が稼働していたというから、それなりの収益もあったはず。同じようなボスは、吉田さんが知るだけでも銀座に数人いたといい、いかに"白タク"が横行していたかがわかるが、この5年ほどで台頭してきたのが、冒頭の「中国人白タク」業者だ。

「銀座の中央通りの一番いいポジションに、堂々と車を駐めて、中国人客ばかりを乗せている。一応"シマ"が決められているから文句を言うんだけど、逆に怒鳴られる。お互い違法だから、大っぴらに揉めることはできないんですが…」

 今でも、銀座の大通り付近を歩けば"それらしい"風景をあちこちで見かける。筆者は9月後半、金曜夜の銀座で、大荷物の中国人観光客一家に話を聞いた。

「車を待っているんだ。タクシー? 違うよ。日本への旅行を申し込んだ時、あっち(中国)の代理店が、便利だからと紹介してくれたんだ。日本に詳しい中国人が、空港からホテルまで、その間の食事や買い物の移動もやってくれる。2日間で4万円から5万円。日本には年に3〜4回くるけど、電車にはほとんど乗らない。こんなに便利なんだから、あまりうるさく言われる必要もないでしょ」

 一家の待つ場所へ到着した車のドライバーに話を聞こうとしたが、インタビューは一切拒否された。

 違法業者も利用客も「お互いにわかっているから良いのだ」という認識だからこそ、白タク業者はなくならない。しかし当たり前だが、白タクは道路運送法に違反する犯罪だ。違反すると「三年以下の懲役若しくは三百万円以下の罰金に処し、又はこれを併科」という罰則が与えられる。これは乗客には適用されないので、少しでも安く利用出来るなら白タクは便利だと考える人もいるかもしれない。だが、まともに届け出しない事業を営むような業者が、安全性に目配りが効いたサービスを安定して提供するだろうか。

「誰にも迷惑がかかっていないからいいでしょう」

 こう言い放ったのは、吉田氏を通じ電話でインタビューした現役白タクドライバーだ。

 ドライバーとは、人の命を預かる商売である。安全運転はもちろんだが、万一事故に巻き込まれた時、客の命、健康の保証は誰ができるのか。届出を済ませた、正規の業者であれば、手厚い保護も見込まれるだろうが、白タク業者がそうした保証をしてくれる可能性はもちろんゼロだ。

 さらに白タクは闇営業なので、所得隠しの手段に使われている可能性が高い。アプリを活用して数千人規模でドライバーを抱えていることが逮捕時に発覚した白タク業者もいたが、彼らが白タク事業で得た収益は、申告も納税も当然、されていない。そういった不具合をごまかして、ニーズがあるからサービスを提供しているのだと、自己にだけ都合の良い解釈で違法行為に手を染め、かつ開き直る彼ら。

 こうした人々を見過ごしていれば、遠くない将来に大きな悲劇が起きることは目に見えている。

関連記事(外部サイト)