北海道の台風被害は甚大 支援は「行く、食べる、納める」で

北海道の台風被害は甚大 支援は「行く、食べる、納める」で

客も並走する「ばんえい競馬」は道内でも十勝のみ

 北海道の台風被害は1680億円にのぼるという。そのわりには東京のメディアからの報道は少ないのではないか。食文化に詳しい編集・ライターの松浦達也氏の十勝レポート続編をお届けする。

 * * *
 8月に北海道と岩手を襲った4つの台風。激甚災害に指定されるほどの規模で被害をもたらし、現地ではいまだ復旧、復興への道半ばだ。北海道の試算では、道全体の被害総額は、1680億円に上るという。

 だが東京にいると、その後の被災状況はあまり見聞きしない。一部の番組でNHKは力を入れたが、台風が過ぎ去った後、特に民放ではその爪痕を見聞きすることはあまりなかった。なぜか。札幌に本社を置く地方局の社員はこう語る。

「在京キー局の情報番組は、他のキー局や新聞報道を横目で見ながらネタを選ぶことが多い。加えて地方局とはいえ、北海道は広大です。帯広にも支社、支局があるとはいえ人員にも限りはあるし、カバーエリアも広い。ひとつの映像を撮るのにかかる手間が、内地とはまったく違う」

 十勝エリアは北海道内でも最大の面積で、全国の都道府県と面積で比較すると全国7位の岐阜県よりも広い。被災現場の映像ひとつ撮りに行くのも苦労するというのだ。ニュースなどで十勝が台風被害を受けていたのは知ってはいた。だが実際、9月中旬に十勝を訪れて、いかに十勝の被災状況を知らなかったか思い知らされた。

 以下に、農家や周辺の関係者から拾った声を順不同で記す。

「そもそも今年は雨が多く、麦の収穫が8月下旬になった畑もあった」

「台風で、じゃがいもが根こそぎやられた」

「とうもろこしも、雨が多すぎて元気がなかった」

「雨に弱いブロッコリーの葉が伸びず、一部は腐ってしまった」

「芽室川が氾濫して、飼っていた牛が何頭か持っていかれた」

「敷地内を流れる小川にかかっていた橋も、川の氾濫で持っていかれた」

「増水した激流で、周辺の地形まで変わってしまった」

 前回も書いたように、「輪作」を畑作様式とする十勝では、前に植えた作物を収穫・回収しなければ次の作物が植えられない。台風でぬかるんだ畑に大型機械が入れないダメージが、次の作物にもダメージを与えてしまう。

 交通インフラも徐々に復旧しつつあるものの、43.5kmに渡り、計19か所で橋や道路が崩落した国道274号の日勝峠付近など、いまも復旧の見通しが立たないところもある。国内の農作物の一大産地、十勝にも支援は必要だ。

 以前、熊本地震が起きた当初、本稿で「呑む、行く、買う」を個人支援の柱にしようと書いたが、現在の十勝は「行く、食べる、納める」がいいと思う。9月中旬に十勝を訪れたとき、別チームは札幌から車でスムーズに入ることができたし、「美肌の湯」で知られるモール温泉つきのホテルも多い。

 そしてあらためて言うまでもなく、十勝は食の宝庫である。1泊2日で十勝エリア(帯広市内、音更町、芽室町、新得町、清水町、中札内村、更別村、大樹町など)の各所で口にしたものを備忘録的に挙げておくので、訪れたとき(や通販で)のガイドとしてご活用いただきたい。

 十勝産小麦100%の満寿屋商店(11月に都立大に東京1号店を出店予定)の旗艦業態「麦音」の石窯焼きの「マルゲリータ」、「あんぱん」、「とろ~りチーズ」。ホテルヌプカの「旅のはじまりのビール」、大樹町ホエー豚のローストポーク、さやあかねのディル入りポテトサラダ、天然酵母パン、黄ズッキーニと有機野菜のサラダ。帯広ビールの「クロウト」「フランボワーズ」「なまらクロウト」。

 十勝清水コスモスファームのブラウンスイス牛の無塩せきコンビーフ。ウエモンズハートでジェラート、ソフトクリーム、牛乳。インデアン(道東のローカルカレーチェーン)のハンバーグカレー。農家バルFOODBABYで更別村松橋牛のステーキなど7品のコース。北の屋台(屋台村)にある「琥羊(こひつじ)」の生ラムのたたき、「煙陣(えんじん)」のスモークオイスターなど数店で数皿。そこから流れた歓楽街の店でハイボール数杯。気づけばすっかり未明で、ここまでが1日め。

 2日めは、サッポロ黒ラベル(北海道限定版)と早朝から営業している「YUI」のカレーうどんからスタート。午前は十勝の畑のガイドツアー事業を行う、いただきますカンパニーの案内で、もぎたてトウモロコシと獲れたて枝豆をゆがいたやつ。それからジンギスカン白樺のラム、マトン、白飯、みそ汁、キムチ、生ビール。湖水地方牧場の水牛のモッツァレラチーズ、ブラウンスイスのリコッタ。というところで帰りの便でタイムアップ。

 こんなふうに行って食べるだけでも、きっと何かの役に立てるはずだ。
    
 行くのが難しければ、各市町村のふるさと納税を活用した支援もある。生産者も「台風の後、返礼品なしの支援も目立ちますが、返礼品で十勝の産品を知っていただくのもありがたいことなんです」(十勝清水コスモスファーム・安藤智孝さん)と言う。

 願いを込め、祈りを捧げるのもいい。だが、既存の制度を活用した、目に見える形での支援もまた求められているものだ。東日本、熊本、そして十勝──。都市部に住む者も、この地の恵みに生かされている。

<十勝地方の主なふるさと納税一覧>

帯広市

http://www.furusato-tax.jp/japan/prefecture/01207

音更町

http://www.furusato-tax.jp/japan/prefecture/01631

芽室町

http://www.furusato-tax.jp/japan/prefecture/01637

新得町

http://www.furusato-tax.jp/japan/prefecture/01635

清水町

http://www.furusato-tax.jp/japan/prefecture/01636

池田町

http://www.furusato-tax.jp/japan/prefecture/01644

幕別町

http://www.furusato-tax.jp/japan/prefecture/01643

中札内村

http://www.furusato-tax.jp/japan/prefecture/01638

更別村

http://www.furusato-tax.jp/japan/prefecture/01639

関連記事(外部サイト)