著作権異議申し立てに逆ギレするネットの異常事態

『シン・ゴジラ』関連の記事をネットに全文掲載され講義するも、「共有資産」と逆ギレ

記事まとめ

  • アニメ評論家・藤津亮太氏が映画『シン・ゴジラ』に関するコラムを読売新聞に執筆した
  • これが2ちゃんねるに全文転載され、藤津氏は著作権違反だと抗議した
  • すると2ちゃんねるのコピペ担当者が、「共有資産」であると、独特過ぎる反論をした

著作権異議申し立てに逆ギレするネットの異常事態

著作権異議申し立てに逆ギレするネットの異常事態

ネットニュース編集者の中川淳一郎氏

 みずから独自の記事を作りださず、コピー&ペーストとまとめだけを貼りつけ、アフィリエイト収入をはかるブログは、時に「アフィカス」と呼ばれ蔑みの対象にもなる。一方で、ネット上で公開されているものはすべて無料だという著作権を無視した言動もはびこっている。ネットニュース編集者の中川淳一郎氏が、ある2ちゃんねるのコピペ担当人が巻き起こした著作権論争から、ネット著作権の異常事態について考察する。

 * * *
 ネット上の著作権に関する意識とお客様体質はここまで腐りきっていたか、と感じ入る騒動があった。それは、アニメ評論家・藤津亮太氏が映画『シン・ゴジラ』に関するコラムを読売新聞に執筆したことに端を発する。

 これがネット掲示板の2ちゃんねるに全文転載され、明らかに引用の範囲外であるため藤津氏は著作権違反だと抗議。すると2ちゃんねるのコピペ(転載)担当人・X氏が藤津氏の抗議について「ハエのように五月蝿(うるさ)いんですけど」と述べた上で、ネットに公開された情報はネットユーザーの「共有資産」であると、あまりに独特過ぎる反論ツイートをした。

 つまり「全文掲載するのはもはや慣習」「異議を呈するお前がおかしい」と言い放ったということだ。

 結果的にX氏は大勢のネット民からたしなめられ、2ちゃんねるの運営からも梯子をはずされ、この件は藤津氏の申し入れが通った形となった。

 今回はX氏の言い分があまりに珍妙過ぎたためこのように話題化し、ネットの著作権違反がまかり通る現状が改めてあぶりだされた。だが、奇妙なことにネットの世界では著作権を主張する人間は煩わしく狭量な人間という扱いをされがちな現状がある。

 正当な権利を主張することこそおかしな行為であると糾弾し、「お前がコピペできる場所に公開しているのだからコピペされても文句を言うな」というロジックで著作権違反を正当化するのである。

 検索をしていると、ニュース記事だらけの個人ブログにぶち当たることもあるだろう。これは、ニュースサイトからコピペをして貼り付けているのである。連日ありとあらゆる記事をコピペしブログに集積させることにより検索の順位を上げ、自らは広告費を他人のふんどしで稼ごうとしているのである。まぁ、インチキであることはGoogleに見透かされている昨今ではあるが、一時期はこんなショボい手であっても案外アクセスされたものである。

 これぞ前出「共有資産」の考えである。実際にコストをかけた人間の努力さえタダで使っていいと考える「邪教」がはびこってしまった。タダとパクリが当たり前の世界なだけに、ダウンロードした無料アプリが英語版しかないだけで「★1つ」の低評価をつけたりもする。お客様意識の肥大化だ。

 これまで人々が著作権を主張しなかったのは、匿名の有象無象の著作権違反者にクレームをつけてもまともにとりあわれないことが分かっていたため、渋々黙認していたというのが事実だ。藤津氏はそうではない。自分はあくまでも仕事をくれたメディア限定でコラムを書いたのだから、それ以外に全文掲載されるのはおかしい、とごく真っ当な主張をした。

 違反に対する異議申し立てがあれば、従わなくてはいけない。それなのに、逆ギレをするメンタリティを持つほどの異常事態に陥っているのである。

 この事態を招いたのは2000年代中盤~後半の呑気なWEBユートピア論(WEBは理想郷という考え方)も影響しているだろう。「ネットには集合知がある!」「フリーミアムという概念で皆幸せ!」というバカ言説を撒き散らかした知識人(笑)の連中はこの惨状をどう見ておるのだ。

●なかがわ・じゅんいちろう/1973年生まれ。ネットで発生する諍いや珍事件をウオッチしてレポートするのが仕事。著書に『ウェブはバカと暇人のもの』『バカざんまい』など

※週刊ポスト2016年10月7日号

関連記事(外部サイト)