「城山ダム緊急放流」舞台裏 担当者が振り返る緊迫の1日

「城山ダム緊急放流」舞台裏 担当者が振り返る緊迫の1日

台風19号は東日本各地に甚大な被害をもたらした。写真は千曲川の氾濫により水没した北陸新幹線(時事通信フォト)

 日本の自然災害は新たな時代に突入したのかもしれない。10月6日にマリアナ諸島で発生した台風19号(アジア名:ハギビス)は、12日夕方に関東を直撃。暴風域となった東日本全域で甚大な被害が起きた。ここまで多くの河川の氾濫をもたらした例は過去にない。

 これまでに71河川の決壊が確認されており、90名以上の死者・行方不明者がいることが分かっている。被害の全容はまだはっきりせず、その後も続く降雨の影響もあり、災害はまだ継続中といえる。

 12日の上陸前、関東に刻一刻と近づいてくることを伝える台風情報が、より一層の緊迫感を持って伝えたのが、昼過ぎに報じられた「城山ダムの緊急放流」だった。城山ダムは、神奈川県北西部に位置するダムで、城山ダム湖はレジャーを楽しむ観光客からは津久井湖として知られている。

 相模川上流にある城山ダムは、周囲の山地に降った雨を受け止める「治水」と、工業用水や生活用水のための「利水」に加え、「発電」も行う多目的ダムである。このダムが建設された目的は、戦後の相模川流域の急激な人口増加にあった。現在、相模川流域には8市町128万人が暮らす。ニュースがより緊迫感を持って伝えたのも当然だった。

 神奈川県の河川の治水管理を担う県土整備局河川課では、膨大な量の降雨があることを見込んで、10日の時点で各市町に「緊急放流の可能性がある」と電話連絡を行っていた。さらに11日には予備放流を行い、ダム水位を「雨がそれほど降らなかった場合でも渇水しないレベル」にまで下げていた。

 明けて12日、台風は予報どおりの進路を取っていた。自宅待機していた河川課副課長の田所孝雄氏は、テレビのニュース速報で「午後5時から緊急放流」を知った。ほどなくして参集の指示が入り、すぐにタクシーで関内にある県庁舎に向かったが、途中、気分は陰鬱だったという。

「緊急放流を聞いたときは、『本当にやるのか』と。実施すれば、流域の広範囲で決壊をもたらす可能性が高い。去年の西日本豪雨での浸水被害の光景が脳裏にまざまざと再現されました」(田所氏)

 2018年7月の西日本豪雨では、愛媛県を流れる肱川(ひじかわ)の流域で2つのダムの緊急放流を行った結果、3000棟以上の浸水被害、死者8名を出す惨事となった。河川課内でも、11日からどんよりした空気が流れ、みな口数が少なくなっていったという。

 予備放流によって113m(標高。河床高は72m)まで下げていた水位はだんだん上昇していたが、雨量が予想したほどではなかったのか、15時頃から水位の上昇が見られなくなった。そのため、16時半頃には予告した17時からの放流開始を見合わせる発表を行った。

 緊急放流は22時に延期したが、このあと水位が急上昇する。サーチャージ水位(洪水時に一時的に貯めておける最高水位)125mに近づいていた。

 雨が降った後すぐにダム水位が上昇するわけではなく、タイムラグがある。山間に降った雨が流れてダムに集まるまでに時間がかかるからだ。ダム水位がどう上下するかを予測することは、自然現象がどう推移するか予測するのと同じで極めて難しい。

 21時を過ぎて、城山ダムの現場で作業に当たっていたダム管理事務所の職員から、「もうダムがもたない」という連絡が入り、21時半からダムに注ぎ込んだ水と同等の量を放出する緊急放流を実施することになる。NHKでも緊急放流開始は速報で伝えられた。

 緊急放流は翌1時15分まで続けられた。その頃には台風は過ぎ去り、雨も止んでいた。結果、相模川の氾濫、流域の浸水被害はかろうじて免れることができた。放流時刻が17時→22時→21時半と二転三転したのは、限界までダムの治水機能で持ちこたえようとした結果だった。

「緊急放流が早ければ、下流の水位が上昇して住民が危険に晒される。遅くなれば、サーチャージ水位の125mを超えてダムが決壊してしまう。どちらも避けたいから、ギリギリまで貯めようと22時まで粘ろうとしたのだが、予想よりも早く水位が上がって、早めに放出せざるを得なかった」(田所氏)

「あれ以上の降雨があったら、恐ろしいことになっていた。ダムもギリギリだったし、下流の河川もギリギリだった」と語るのは、一緒に業務にあたった防災グループ・リーダーの西島和隆氏だ。職員総出で眠れない夜を過ごした後でも気が抜けなかったという。

「緊急放流が終わっても下流に流れるのはそれから1〜2時間後。その間ずっと、各所の川の水位を監視していた。どこかで決壊していないかと気が気ではなかった。翌朝、明るくなってから市街をパトロールして、どうやら大きな被害はなさそうだと、そこでやっと、ほんの少しだけホッとしました」(西島氏)

 当日、38名が詰めていた城山ダム管理事務所では、水位計に間違いがあっては大変なことになるからと、ダムの水位を目視するため、大雨のなか現場に向かった職員もいた。流域自治体の職員の中には各家を回って避難を呼び掛けた人もいたという。

 神奈川の河川は当然、相模川だけではない。あの夜、河川課では方々からかかってくる河川の氾濫や被害の報告、問い合わせの電話が鳴り止まなかった。その後も、ここ数日の大雨のたびに職員たちは肝を冷やす日々が続いている。住民の命を守る彼らの戦いに終わりはない。

●取材・文/岸川貴文(フリーライター)

関連記事(外部サイト)