山崎拓著『YKK秘録』で消されたNHK大物幹部の名前

山崎拓著『YKK秘録』で消されたNHK大物幹部の名前

『YKK秘録』で消されたNHK大物幹部の名前

 大物政治家の回顧録といえば「政治本」の定番だが、ある回顧録が政界関係者の間で騒動を醸している。

 7月に発売された本のタイトルは『YKK秘録』、著者は自民党副総裁、幹事長など数々の要職を歴任した山崎拓氏。派閥を越えた盟友の加藤紘一・元幹事長、小泉純一郎・元首相との関係を中心に、1970年代から2000年代にかけての激動の政界を、当時のメモをもとに振り返った書だ。折しも去る9月9日に加藤氏が死去したタイミングと重なり、同書は版を重ね、版元の講談社によれば現在は5刷となっているという。

 政界の中心にいた山崎氏が明かす「記録」に政界関係者が注目するのは当然なのだが、実は永田町雀たちの目下の関心は別のところにあった。

 同書には数多くの政治家や財界人、メディア関係者が実名で登場するが、その中で初版には名前があるものの、2刷以降に「消えた」人物がいた。それがNHKの小池英夫・編集主幹であることが、様々な憶測を呼んでいるのだ。大手紙の政治部OBが首を傾げて言う。

「NHK政治部のエースだった小池氏は、山崎氏に近い記者として永田町では知られた存在だった。大物政治家の回顧録に名前が登場するのは、“取材対象に食い込んでいた”という証明でもあるから不名誉なことではないし、読んだ限りでは、消えた記述に問題があるようにも思えない。特定の政治家と親密な関係を築いていることを公にされたくないのか」

 確認したところ、初版で4か所に登場した小池氏の名前は、2か所で削除されていた。1つ目は、YKK結成から間もない1991年2月25日の場面。

〈加藤紘一が近くのバー「ロホネス」で政治記者たち(NHK諸星衛・小池英夫、読売新聞小田尚、フジテレビ渡辺奈都子各氏ら)と呑んでいたので合流〉

 2つ目は、2000年3月9日に明治記念館でNHK会長(当時)の海老沢勝二氏らと会食したというシーン。この場には小池氏のほか、当時新人記者だった岩田明子氏(現在、安倍首相に“最も近い”といわれるNHK政治部記者)の名前もあるが、2刷以降2人の名は消えている。

 どんな経緯があったのか。山崎氏の事務所はこう話す。

「小池さんは刊行前にゲラを読まれたようで、7月の刊行直前に“この場に私はいなかったので削除してください”と申し入れがありました。ただ、すでに印刷や製本が進んでいたので削除は間に合わないことをご理解いただき、重版以降で訂正しました」

 永田町関係者は「“政界随一のメモ魔”と言われた山崎氏の自筆メモをもとに構成された本書は、他の部分では初めて明かされるディテールに富んでおり、信憑性が高い政治史の一級史料だ」と話すのだが……。山崎事務所は、

「どちらの記録と記憶が正しいのかはずいぶん昔の話なので今となっては検証しようがありません。小池さんの“記者魂”を受け止めて、訂正を了承しました」

 と説明した。一方の小池氏の見解はどうか。NHK広報局は、「事実関係に誤りがあったことから訂正を求めました」との回答だった。大手紙のベテラン政治記者が語る。

「小池さんと同様に“事実と違う”と言っている関係者は他にもいるようですが、証明しようがないから水掛け論になる。そもそもたいした記述でもないのに、わざわざ事前に山崎事務所を訪れ訂正を求めるとは、余人がうかがい知れないよっぽどの不都合でもあったのか」

 四半世紀前の記憶を鮮明に覚えている小池氏が『小池秘録』を著わすようなことになれば、そこに山崎氏は登場するのだろうか。

※週刊ポスト2016年10月7日号

関連記事(外部サイト)