民進党の若手から、1月に衆議院解散があったら壊滅的な敗北になるとの悲観論

記事まとめ

  • 民進党は、二重国籍問題などもあり蓮舫代表になっても支持率が全く伸びていないという
  • そんな中、1月の衆議院解散説が浮上し、麻生氏も「1月解散はありうる」と言っている
  • 民進党の若手から、1月解散があったら壊滅的な敗北になるとの悲観論も出ている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております