ベテラン女性落語家が語るステップファミリーにおける「躾」

ベテラン女性落語家が語るステップファミリーにおける「躾」

実の娘と継父である夫の3人暮らしをしている露の都(撮影/武美静香)

 学校の1クラスに1人はステップファミリー(夫婦どちらか、または両方が子連れで再婚した家庭)の子供がいるといわれる現代。「しつけ」をめぐって夫婦の意見が対立したり、子供と親が衝突することはどんな家庭にもあるが、それが連れ子のしつけとなると、全く違う環境で育った子供と向かい合うため、どこまで踏み込むべきか躊躇する継親は少なくない。

 女性落語家の第一人者である露の都(つゆのみやこ。63才)は、39才の時、NTTに勤めていた夫と再婚。2人の実子と夫の連れ子4人の母となるが、中学生になった義娘との関係は楽ではなかったと振り返る。

「食事中に寝っ転がったり、自分の部屋も散らかし放題で、とにかく常識的な行儀ができていなかった。主人は仕事が忙しく、帰宅するのも遅かったため、それまで誰も子供を叱ったり注意してこなかったのでしょうね」(露の都・以下同)

 18才の時から落語界の厳しい礼儀作法を叩き込まれてきた都は、「母親として、この子をこのまま世に出すわけにはいかない」と、粘り強くしつけていくことを決意する。しかし、夫は娘をかばうばかりだったという。

「私が義理の娘を叱ると、主人は“娘をいじめんといて”って、やはり、自分の子供を守ろうとするんです。そのたび夫とは話し合いましたが、一度、あきらめて家を出ようとしたこともあります」

 当時、都の実子である長男は都の両親の元で暮らしていた。都は、もう1人の実子である小4の末娘を連れて、実家へ帰ろうと考えたという。

「“もう帰ろう。お兄ちゃんと一緒に暮らそう”と娘に言うたんです。そしたら、娘が“私はここがいい”と言うんです。娘は主人のことを“お父さん”と呼んで慕っていて、寝る時も“お父さん、お母さんと一緒に寝る”と3人で川の字で寝ていました。主人もこの子をとてもかわいがっていたし、義理の娘も、小さいこの子には優しくしてくれていました」

 末娘の言葉に踏みとどまった都は「これは私が闘わなきゃ仕方ない」と、再び家族と向かい合う。幸いにも、相談できる友人や知人に恵まれたことに感謝する。

「悩みもしゃべったら楽になるもんです。友達と話をしながら、自分で解決策を出していました。夫も、部署を変わったり、早期退職して上方落語協会の事務局長になってくれたりと、なんだかんだと私の話し相手になってくれるようになりました」

 転機が訪れたのは、義娘が高3になった頃。激しい言い争いをして泣きじゃくる義娘の姿に、「この子は私が守らんとあかん」と強く感じたという。その胸の内が新聞のインタビューに掲載されると、それを目にした義娘は、都の“母”としての心情に気づく。

「長い反抗期が終わったんやなと思いました。その後、彼女は看護師になって、2〜3年した時に“私のお母さんになってくれてありがとう”とメールが来たんです。わだかまりが消えた今では、実の娘より話しやすいくらい。義娘も、主人ではなく私にばかり連絡してくれるんです」

 6人の母になった都は、現在は9人の孫のおばあちゃん。長い時間をかけて、「家族のカタチ」は変わっていく。

※女性セブン2019年11月7・14日号

関連記事(外部サイト)