大口病院でおきた点滴への界面活性剤混入事件 仮に病院関係者の犯行なら立証困難か

記事まとめ

  • 横浜市の大口病院で点滴に界面活性剤が混入され、患者が死亡する事件が発生した
  • 大口病院では院内人事に絡み、看護師間でトラブルがあったとの話もある
  • 仮に病院関係者の犯行であった場合、医療施設の事件は公判難航との見方もある

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております