赤松良子氏「女性リーダーの足引っ張るやり方はつまらない」

赤松良子氏「女性リーダーの足引っ張るやり方はつまらない」

細川護煕政権では文部大臣に登用された赤松良子氏

 小池百合子氏や蓮舫氏ら女性リーダーの誕生が相次ぐ日本政界。官僚時代に男女雇用機会均等法制定の中核を担い、細川護煕政権では文部大臣に登用された先駆者、赤松良子氏(87)はそんな日本政界をどう見ているのか。

 * * *
 今は“女性の活躍の時代”だと言われていますね。ちょっと前までは掛け声倒れだなんて思いながら、掛け声はないよりはいいと思って声を掛け続けてきました。しかし今、蓮舫さんと小池百合子さんという二人の女性リーダーの誕生によって、ようやく掛け声倒れではなくなったなという実感があります。

 私は若い頃、男性と競争するのなら最低限同じ出発点に立ちたいと思ったし、“私は立てている”とも思っていました。東大法学部出身だし、国家公務員試験も上級職試験に合格していたし。

 けれど、当時女性を採用する省なんて労働省だけでした。婦人少年局(現在は雇用均等・児童家庭局)という部署があって、当時の課長は谷野せつさんという日本で初の工場監督官を務めた有名な方でした。

 女工哀史という言葉があるように、女性が繊維工場で過酷な労働に就いていた時代にそうした労働条件を改善するために尽力なされた。私が入省した当時、それはもうすごい貫禄でした。

 ただ、私はすぐに埼玉の労働基準局に飛ばされてしまったの。今でこそ埼玉は発展しているけれど、当時の埼玉はねぇ……荒川を越えて埼玉に向かうとき「ああ、これで都落ちだわ」と肩を落としたものでした。

 一緒に入省した男性はとっくに地方課長になっていて、さらに昇進する頃でした。「国家公務員は男女平等かと思いきや、こういう目に遭うのか」と思ったものです。あの頃は飲んだくれてストレスを晴らしていたわ。お酒は強かったの。自分の満足する仕事ができるようになったのは、40歳でようやく本省の課長になってからでした。

 そういう時代を経て、私はこれまで女性政治家をサポートしてきましたから、蓮舫さんにしても小池さんにしても、足を引っ張ることばかり言い立ててほしくない。

 私は細川内閣で文部大臣を務めましたが、細川バッシングがすごかった。細川さんのお金の使い方がおかしいのではないかという問題が浮上して(※注)、自民党が毎日お金の使い方の問題の質問ばかり、国会の予算委員会でするわけ。

【※注/細川氏が佐川急便からの借入金を未返済にしているという疑惑が浮上。細川氏は熊本の自宅の門や塀の修理のための借入金だったと説明したが、国会は空転した】

 予算委員会では来年度予算が決まるまで全閣僚が並んでいるのに全然関係ない話ばかりで、資料をもって準備していても全然質問が来ないで、借金の話ばかりでうんざりしていました。

 女性政治家がせっかく台頭してきたのに、同じようなやり方で潰すのはつまらない。政策をよく見て、ちゃんと実現していかれるよう見守りたいものです。

●あかまつ・りょうこ/1929年生まれ。労働省で婦人局長を務めた後、在ウルグアイ大使、文部大臣を歴任。

※週刊ポスト2016年10月14・21日号

関連記事(外部サイト)