石破茂氏 末期がんの父に託された田中角栄への「辞表」

石破茂氏が父親の死を語る 田中角栄元首相に父親の「辞表」を届けたことも

記事まとめ

  • 衆議院議員の石破茂氏が「父の死」に際して見たこと、学んだことを明かしている
  • 鈴木善幸内閣の時代に石破氏の父親の膵臓がんが発見されたが手遅れだったという
  • 石破氏の父親は辞表を親友だった田中角栄・元首相に届けるよう頼んだ

石破茂氏 末期がんの父に託された田中角栄への「辞表」

石破茂氏 末期がんの父に託された田中角栄への「辞表」

石破茂氏が「父の死」に際して見たものは

 自分の「最期」について考えるとき、最も身近な“お手本”となるのは、両親が亡くなった時のことではないだろうか。厳しかった父、優しかった母はどうやって人生を締めくくったのか──。衆議院議員の石破茂氏(59)が、「父の死」に際して見たこと、学んだことを明かす。

 * * *
 参議院議員だった父の膵臓がんが発見されたとき、もうすでに手遅れの状態でした。鈴木善幸内閣で、父が自治大臣に就任してすぐの1980年秋のことです。

 その年の12月に手術を受けましたが、私は手術の前日、父に呼ばれて、「わしが死んだら財産をこう分けろ」などと懇々と説明されました。

 その日、父は最後に封筒を取り出し、「これを明日、田中のところに持っていけ」といいました。田中とは、父の親友だった田中角栄・元首相のことです。「これは何ですか」と聞くと、父は「辞表だ。わしは明治の人間だから、死んだ時に辞表が出ていなかったというのでは、天皇様に申し訳ない」といったのです。

 翌日、目白にあった田中邸を訪ねて辞表を手渡すと、田中先生は一瞬絶句して、「立派だ」とだけ口にしました。

 手術後、医師から「もって2年、短くて半年」と宣告された父は故郷の鳥取に戻り、市内の病院に入院。当時、三井銀行に勤めていた私は毎週末、父の見舞いのために夜行特急で鳥取に戻っていました。

 8月の終わり頃、母から電話がありました。その日の朝、父が「田中が見舞いに来てくれてとても嬉しかった。あれは夢だったのか?」と嬉しそうに話していたというのです。「死ぬ前に田中先生に会わせてあげられないか」と母に懇願され、恐る恐る目白に電話すると、田中先生は「わかった。すぐ行く」と短くおっしゃいました。

 当時、田中先生はロッキード事件で刑事被告人の身で、東京を離れるには裁判所の許可が必要でした。それでも先生は数日後には父を見舞ってくれました。公判中に地元・新潟に戻る以外で東京を離れたのは、その時が初めてだったそうです。

 父が息を引き取ったのは9月中旬。73歳でした。東京に戻っていた私は臨終に間に合いませんでした。母と親戚、信頼する秘書たちに囲まれた父は、「後を頼むぞ」と言い残して亡くなった。私の何十倍も立派な父でした。

 鳥取での葬儀には田中先生が駆けつけてくれました。葬儀後、田中邸にお礼に行くと「おい、青山斎場を予約しろ。俺は葬儀委員長をやると約束したんだ」と秘書の早坂茂三さんにいいつけて、東京の葬儀で葬儀委員長を務めてくれたのです。最初で最後の“田中派葬”でした。

 そのお礼にまた目白まで伺うと、「再来年の衆議院選挙に出ろ。鳥取の葬儀に来てくれた人のところ、全員回ってこい。選挙の票はそこからだ!」と命じられました。私が躊躇すると、田中先生は「自分さえ良ければいいのか、このバカ者!」と一喝されました。父の死は、政治の道のスタートでもあったのです。

 最初の選挙のプレッシャーは本当にキツかった。選挙前に飛行機で東京に行く時はいつも、「この飛行機、墜ちないかな」と心の中で願っていたほどです。

 そんな思いをして政治家になったので、自分としてはこの先いつ死ぬか、どんな死に方をするかわかりません。ただ、本当に畳の上で終わることができるとすれば、「みなさん、お世話になりました。ありがとう」とお礼をいってお別れをしたいです。

●いしば・しげる/鳥取県生まれ。慶應義塾大学法学部卒業後、三井銀行(現・三井住友銀行)に入社。父・石破二朗氏の死を受けて1986年、衆議院議員選挙で初当選。その後、防衛大臣、地方創生担当相などを務める。

※週刊ポスト2016年10月14・21日号

関連記事(外部サイト)