スズキの新型ハスラー なぜ角張った無骨スタイルにしたのか

スズキの新型ハスラー なぜ角張った無骨スタイルにしたのか

新型「ハスラーコンセプト」(スズキ)

 東京モーターショー2019に出品されたスズキの「ハスラーコンセプト」は、コンセプトの文字が消え、このデザインのまま発表・発売されることが確実視されている。ハスラーといえばお洒落で可愛いイメージが強く、街中では女性がハンドルを握る姿も多く見かけるが、新型は一転、角張ったデザインとなっている。そこにはスズキのどんな狙いが込められているのか。経済ジャーナリストの河野圭祐氏がレポートする。

 * * *
 現行「ハスラー」(軽クロスオーバーSUV)が発表されたのは2013年12月25日。「ハスラー」の兄貴分ともいうべき、小型SUVの「クロスビー」も2017年12月25日に発表だったことを考えると、今年もクリスマスの頃に発表し、年明けの初売り商戦時期に発売となる線が濃厚だ。

 現行ハスラーは、お洒落で可愛らしく、ルーフとボディの塗装色を分けたツートーンカラーのタイプを導入したことも相まって、“遊べる軽”のキャッチフレーズとともにかなりの人気車となった。

 ヒット作の後のフルモデルチェンジは難しいものだが、同社のチーフエンジニア、竹中秀昭氏もこう語っている。

「デザインの形を決めるまでの段階で、かなり生みの苦しみがありました。現行のハスラーがあって、クロスビーという兄貴分も送り出した中、次期ハスラーはどこへ向かうべきか、最後の最後まで議論になって決まらなかったのです。

 スポーティなほうに振るのか、よりSUVっぽくするのか、ほぼ現行そのままなのか。モデルチェンジにお金や人をかけている割に変わっていないと言われるクルマは作りたくない。といって、あまり変えすぎると今度はお客様が離れてしまいますから」

 最終的な答えが、ハスラーコンセプトを見た瞬間に誰もが感じるであろう、タフさや力強さを増すことだった。現行型より角張った分、車両全体が大きく見えるデザインだ。それでいて、一目でハスラーとわかるキープコンセプトさも色濃く残している。現行ハスラーの丸みを帯びたフォルムが醸し出す優しさ感は少し薄くなったものの、その分、クルマとしての道具感が強まった印象だ。再び竹中氏が語る。

「フロントもボリューム感を出し、現行型よりAピラーを立たせたのでルーフも長くなっています。重量はまだ言えませんが、角張らせて形を大きくしたので、鉄板の使用量は少し増えました。ただ、新しいプラットフォームを使って現行型より軽量にしている部分もありますので、差し引き同じぐらいだと思っていただければ」

 昨夏、20年ぶりのフルモデルチェンジを受け、長い納車待ち期間が話題になるなど、ヒット作となった「ジムニー」。こちらはFRレイアウトでラダーフレーム構造、無骨なスクエアフォルムなどが人気を博したが、ハスラーコンセプトもどことなくジムニーを彷彿とさせるものがある。実際、「ジムニーに近づくようなテイストで変えた要素は少なからずある」(同前)と言う。

 ジムニーは3ドアタイプのみだが、同車が出て以降、「使い勝手がより増す、5ドアバージョンも導入してほしい」という消費者の声がかなり聞かれた。逆に言えば、5ドア版がないためにジムニーの購入を諦めた人も少なからずいたと目される。メーカーであるスズキ側から見れば、それはユーザーの取りこぼし、あるいは機会ロスだった。

 そこで、角張ったフォルムになる新型のハスラーが、ジムニー5ドアを渇望していた人たちの、ある種の受け皿になるかもしれない。本格的なクロスカントリー4WD車までは必要ないものの、ジムニーのデザインが好きで、“ジムニーチック”なクルマが欲しいという人も一定数いるからだ。

「ハスラーには2駆だけでなく4駆もありますが、居住性重視の、いわば“生活4駆”。とはいえ、新型は現行型よりも一段、走破性も上がっており、十分にご満足いただけると思っています」(同前)

 では、一新されるハスラーの内装面はどうか。印象的だったのは、ベンチシートでなくセパレートシートだったことと、独特なデザインで好き嫌いが分かれそうな、3連デザインのインパネ部分である。

「このクルマには、サプライズやチャレンジングなデザイン要素も必要。3連のインパネデザインは、アウトドアグッズのアイテムを連想させ、落ち着き感よりも遊び感覚を重視しました。3連デザインの好みが分かれるのは承知のうえで、敢えて挑戦しています。

 また、ベンチシートですと、どうしてもシートの真ん中の盛り上がり部を少し低くして、お尻を横にスライドさせやすくしなければいけない。そうなると、シートのホールド性が少し犠牲になってしまいます。今回はベンチシートを廃して、空いた部分を収納スペースとして活用するほうがいいと判断しました」(同前)

 お洒落で可愛らしさが全面に出ている現行ハスラーだが、竹中氏によると、それでも購入者は女性より男性のほうが多いという。

 2014年初頭に発売後、しばらくは女性の購入比率がかなり高かったようだが、落ち着いてくると男性比率が盛り返してきたそうだ。だからか、ハスラーといえばツートーンが代名詞のようになっていたが、男性比率アップに比例して、ここ最近はモノトーンカラーも負けず劣らず人気らしい。

「新型となる今回も、モスグリーンカラー単色のシックなバージョンがある一方、アーバンアウトドアといったギア感覚満載のタイプ、さらに、色味も可愛らしい2トーン版ももちろん用意しますので、ご自分の趣味嗜好によってセレクトし、良き相棒にしてもらえたらいいですね」(同前)

 ジムニーの無骨さと、現行ハスラーのお洒落感を足して2で割ったような新型ハスラー。現行型からは少し価格が上がってしまいそうな印象だが、ともあれ、ファン待望の正式デビューは、もう間もなくだ。

関連記事(外部サイト)