博多7億円金塊強奪犯「私は警察から情報をもらった」証言

博多7億円金塊強奪犯「私は警察から情報をもらった」証言

新証言が飛び出した(写真はイメージ)

“平成の3億円”事件とも称された、博多7億円金塊強奪事件。この事件には様々な謎が残されていた。事件は、2016年7月8日、福岡県・JR博多駅近くのビルの1階で会社役員が警官に声をかけられたことから始まった。会社役員が目を離したすきに、持っていたアタッシュケースが強奪された。じつは警官は偽者で、持ち去られた鞄の中には約7億円相当の金塊が入っていた。

 主犯格として逮捕された野口和樹被告(今年1月に福岡地裁で懲役9年の実刑判決、控訴中)は兄・直樹被告(同)とともに名古屋の半グレとして有名な人物だった。高級車を乗り回し、シャンパン三昧の“パリピ”ぶりと、そのド派手な私生活にも多くの注目が集まった。

 今年7月19日発売の雑誌『FRIDAY』では、闇営業騒動の渦中にいた雨上がり決死隊・宮迫博之と野口被告の酒席写真が流出。吉本興業を揺るがす大騒動に発展したことは記憶に新しい。

「私がワルなら、警察にはもっとワルがいる」──こう主張するのは、その野口被告本人である。

 同事件の謎の一つとして残されたのが、「愛知県警情報漏洩事件」だった。金塊強奪事件の報道に熱心だった西日本新聞(後に一連の報道で新聞協会賞を受賞)は、2017年6月2日に〈博多金塊 捜査情報漏えいか〉との見出しで、次のようなスクープを報じた。

〈福岡市のJR博多駅近くで昨年7月、警察官を装った複数の男に約7億6千万円相当の金塊が盗まれ、福岡、愛知両県警が窃盗容疑などで10人を逮捕した事件で、愛知県警の複数の警察官が逮捕前の容疑者側に捜査情報を漏らしていた疑いがあることが1日、捜査関係者への取材で分かった。福岡県警は今回の捜査で容疑者らの携帯電話を通信傍受しており、その中で警察官との通話を確認した。福岡県警はこのことを愛知県警側に伝えた〉(『西日本新聞』2017年6月2日付)

 同記事で浮上した捜査情報漏洩事件において、疑惑を持たれていたのが愛知県警のH刑事だった。野口被告とその刑事の間に、果たして何があったのか。野口被告は、取材に対してこう語った。

「2016年ごろのことです。金塊事件について福岡県警の捜査が進められているという噂が流れるなか、私たちは金塊事件グループのメンバーからの紹介でHという愛知県警の刑事と会うことになったのです。私はHには、一通りの事件にいたるまでの経緯を説明しました。するとHは金塊事件にはさしたる興味を見せる素振りもなく、こんな情報を提供してきたのです。

『福岡(県警)が3〜4人、名古屋に入ってきているぞ。うちのキャップが福岡県警の本件捜査班員と昔からの知り合いで、そこから情報が入ってくる』

 そのときのHは親身に相談に乗ってくれ『もし、お前らが福岡(県警)に逮捕されても、俺が責任をもって後押しをする』とも言ってくれていた」

 福岡県警の捜査について、H刑事は様々な情報を口にするなかで、新たな捜査手法についてもこう明かすことがあったという。

「あるときH刑事から、こう言われたのです。『12月から通信傍受法の対象拡大が施行され、どこの警察も申請を出すはずだ。傍受の許可が下りるまでにおそらく1か月から2か月はかかる。だから2〜3月からは電話の会話には気をつけたほうがいい』

 私たちはそのときはじめて通信傍受法の存在を知った。2016年5月に改正された通信傍受法では、詐欺や窃盗容疑でも通信を傍受できるように適用範囲が拡大されていた。この改正法は同年 12 月から施行されており、申請が通れば私たちの電話の内容を警察が合法的に傍受できるようになるという。現に福岡県警からは、私たちが(2017年)3月ごろを境にいままで使用していたケータイでの通話が減ったのを通話記録を見て分かったと後に言われました」

 西日本新聞の報道を皮切りに、捜査情報漏洩疑惑への追及が続いたが、愛知県警は「(疑惑の警官は)金塊事件の捜査には携わっておらず、情報を得る立場にはなかった」と漏洩を否定。捜査情報漏洩事件は、末端捜査員であったN巡査部長が別の事件の捜査情報を漏らしたとして地方公務員法(守秘義務)違反容疑で書類送検され(不起訴)、かつ停職6か月の懲戒処分をするという形で幕引きされた。N巡査部長は今年1月に記者会見を開き、懲戒処分の取り消しを求めて愛知県人事委員会に審査請求を申し立てたことを明らかにした。野口被告はこうも語っている。

「私はNから情報を取るように周囲に頼んだこともなければ、Nのこともまったく知りません」

 金塊強奪犯として逮捕され、福岡拘置所にいる野口被告は、獄中から金塊強奪事件の経緯についての手記『半グレと金塊』(宝島社)を発表した。

 野口被告の証言を受け、愛知県警に対して「H刑事は逮捕された野口被告らと接点を持ったことがあるのか」、「H氏は野口氏らに対して『福岡県警の捜査員が来ている』『通信傍受に気をつけろ』などと話したのか」などと質したが、「捜査に関する個別の内容につきましては、コメントを差し控えさせていただきます」(愛知県警察本部総務部広報課長)との回答だった。

 果たして警察の動きは正しいものだったのか。事件の検証だけではなく、捜査の検証もまた必要ではないか──。

◆取材・文/officeヒツリョク

半グレと金塊 博多7億円金塊強奪事件「主犯」の告白

関連記事(外部サイト)